隧道レポート 釣師海岸の謎の穴 後編

所在地 千葉県いすみ市
探索日 2014.12.09
公開日 2014.12.16
 ※【スマホ・タブレット対応】 このレポートの赤枠画像は、マウスカーソルのオンオフだけでなく、タップ操作の度にも変化します。今後公開されるレポートは全てそうなります。

謎の穴。  未だかつて見たことのない、特別の穴。


2014/12/9 14:06 

お待たせしました?!

帰り間際の最後に、浜の出入口である階段の南側へも足を伸ばしてみたところ、遠目には何もないただの崖と思っていた所に、一つの横穴がぽっかりと口を開けているのを見付けてしまった。

これまでも崖の窪みを何か所か見ていたので、今回もそうだろうと思ったが、近寄ってみると奥行きのある穴だった。

その穴は、なんの目印もない崖の一画に突然口を開けており、いまもって正体は不明。
だから、本稿のタイトルは、“謎の穴”となった。



正面に回り込んでみると、なにやら不思議な形をした坑口だった。

ひとことで言えば歪としか表現できないが、もう少し詳細に観察すると(画像にカーソルオン)、赤い部分青い部分の組合せであるように見えた。
そして、赤い部分は地中から海岸へと下ってくる坑道で、青い部分はそれから分岐し、地表に沿って下る素振りを見せるも、そこで唐突に終わっていた。
青い部分は、本当にただ削られただけでどこへも通じていないが、何かの意味があったのだろうとは思う。

地表付近での方向転換は、ここへ来るのに通行した“1号隧道(仮称)”の姿と重なるものがあったが、果たしてこの穴の正体は…。
地中へ突き進む赤い部分を極めれば、正体がわかるだろうか?

入洞する。



まっすぐ地中へ向かっている坑道。

正確に言えば、まっすぐ登っている坑道だった。

今となっては、坑道の内部が傾斜していることにいちいち驚きはしないが、この狭さには驚いた。

どんな理由か甚だ見当が付かないが、坑口からほんの僅か入った所で、坑道は極端にその横幅を失った。

その先は、まさに人一人が通行するだけの幅しかなかった。
本当は高さも足りていない(立って歩けないくらい)のだが、横幅の狭さが強烈すぎるのと、坑道自体が傾斜していて自然と前屈みの体勢で通行する事になるために、こちらはそんなに気にならなかった。




ここで、私の体によって洞内に入る外光の大半が遮られることになり、

すぐさまヘッドライトを点灯する必要に迫られた。


そして、

ヘッドライトに照らし出された洞内を見た私は、思わず叫びそうになった!!!



何じゃこりゃぁああ!


シャレにならんぞ。

この岩船の地が、ことさらに傾斜した隧道へ傾倒しているのは分かっていたが、

さすがにこの傾斜のきつさは、想定していた度合いを大幅に越えている。




これまで数え切れないほどの隧道を潜ってきたし、それよりは遙かに少数ではあるが、鉱山の坑道のような隧道以外の地下通路にも潜ってきた。
だが、未だかつてこのような姿をした“隧道”は、初めて見る。

例えば、水路隧道。
まずはそれを考えた。
人が快適に通行するための要素を度外視した極めて小断面の隧道といえば、鉱山か水路であろう。

ただ、その場合であっても、概ね掘るのは人間だ。
特に古い隧道であれば間違いなく人間が立ち入って掘っている。
そして、その事を物語るかのように、洞床には微妙な凹凸がほぼ等間隔に刻まれていた。階段のステップのようにだ。

洞床に水はほとんど流れていないが、地下水で湿っていて、このステップ無しでは滑ってしまい進めなかっただろうし、そもそも入ろうとも思わなかったと思う。
正体がわからないから、入って確かめざるを得なかったのだ。



私が釣師海岸で、これまでにない異常な体験をした事実を皆さんに分かって欲しい。

登りながら、この状況をまだ十分にはかみ砕けていない私が居た。
ただ穴があるから、ちょっと確かめるくらいのつもりで侵入したのに、この洞内の有り様は何だ。
そもそも、この傾斜を安全に引き返せるのか?
うっかり滑り出したら、すぐに止まれるのか?
未経験すぎて、この穴で起きうる事態の想定が困難だ。

そして重大なニュースだ。
この洞内は入って間もなくから、蒸し暑かった。
すなわち、少しも風が流れていなかった。きっと閉塞しているのだろう。
日中の温められた空気が、上り放しの洞内に溜まっている。あっという間に汗が垂れた。ここはまるでサウナだ。



カメラのレンズが速攻で曇った。

だが、レンズ(正確にはレンズ保護フィルター)を拭くためのタオルは、リュックの中だ。
そしてリュックは“ニャンコ”の邪魔になったので、1号隧道前に置き去りにして来ていた。

同時に、フラッシュ撮影を多用したせいで、カメラのバッテリー残量が黄色点灯。
だが、カメラの予備バッテリー群は、ウエストポーチの中だ。
そしてウエストポーチも“ニョロリ”の邪魔になったので、1号隧道前に置き去りにしてきていた。

今の私には、土と汗に汚れた服でレンズを擦って撮影を続けるしか術が無かった。
しかし、拭いても拭いても、1秒ごとに曇ってしまった。苛ついて、ますます汗を噴いた。



自分の背中越しに腕を回して撮影した、背後の写真。

レンズを覗いていないので向きが滅茶苦茶だが、とりあえず今はこのくらい進んで来た。

ぶっちゃけ大した距離ではないのだが、もうここは別次元だった。

そして別次元は、更なる深みへと続いていた。



…なんということだろうか。


この先は、もっと急坂だ…。

写真で見ても微妙な違いは分からないかも知れないが、歩いている人間にとっては一目瞭然で、

奥に行けばいくほど、次第に傾斜が増しているのが体に分かった。



この洞内の僅かな距離における勾配の増大は、遠からず隧道が竪坑へと変わってしまうのではないかと思われるほどだった。

そして私の中では、これまでの隧道探索中には想定したことがなかった事態への不安が、どんどんと大きくなっていった。

…この場所でスリップが始まったら、私はどうなるのか?

皆さまは大袈裟と思うかも知れない。
確かに今この場所でスリップして、そのまま洞口まで滑り落ちたとしても、擦り傷を体中に付けるくらいだろう。爪は割るかも知れないが。
しかし、これから先登っていって、そこでスリップが始まったら、狭い洞内で七転八倒して、骨折まで至るかもしれない…。

何より怖いのは、そんなスリップの発生時に、緊急回避的に手で体を支えてやることが、狭すぎる洞内では非常に困難だという事実だ。
一度滑って速度が出たら、ボブスレーのように洞口近くまで一気に墜落する可能性は、十分にあった。



上の写真の矢印の地点まで登ると、天井に小さなコウモリが3匹とまって冬眠していた。
洞内で見た生き物は、彼らだけである。
ゲジゲジもカマドウマも、ここには居なかった。


……それにしても、本当に暑い…。

…いったい、何度あるんだ………。

温度も、角度も、何度あるんだ………。

 こ こ、 無 理 じ  ゃ ねぇ…か・・・。




こ…のくらいは、 なんとか、進んで来た。

な んな んだ、この穴は。

わざわざ海岸に向かって? 或いは海岸から地上を目指して?

穴の正体が本気で ワ カラ ナイ……。そして ただただ暑い…。



14:12 【現在地】

入洞から6分。50mほど前進しましたが、
これ以上の侵入は断念です!

悔しくないと言えば嘘になる。
閉塞はしているのだと思うが、もっと奥へ行ければ、この隧道の正体の手掛かりが掴めたかも知れない。だが本当に無理だった。
この先傾斜は更に増していて、目測では45度にも達するかと見えた(実際は、まだそこまでではないのだろうが…)。

一番の無理な理由は、おそらくはこの先にあるだろう閉塞壁からの流入だろうが、洞床に泥土が堆積してしまっていた事である。
この傾斜で、この泥土。どうなるかは火を見るより明らかだし、一歩でも踏み込んで靴底に泥を付けてしまったら、
もうこの靴では安全に入口まで戻る事が出来なくなると考えた。



なお、 これは言わない方が格好がいいかも知れないが…、

この場面の直前で実は一度だけスリップして、1mばかり、腹ばいの姿勢で滑り落ちていた。カメラも泥で汚れた。
そのことで私は本当にギリギリのところだったのに、この泥の斜面は完全に心を折った。






閉塞地点で1本、そして戻りでも1本動画を撮ったので、ご覧頂きたい。

なお、2本目の動画では落ちていく小石に注目。傾斜の程が分かるでしょう…。






案の定、帰りも一筋縄ではいかなかった。
どんな姿勢で下ったらよいかを考えあぐねている間に、二度ほど小スリップ。
立って降りることは無理だと判断し、尻を濡らしながら滑り降りる羽目になった。

しかし、10分ぶりに味わう外気の美味いことに、心底、感動した!



この先に謎解きがあると期待して下さった皆さま、ごめんなさい。

この謎の穴の行き先も分からなければ、使用の用途も分かりません。

でも、誰かが掘ったものである事は間違いなく、知っている人もまだ存命であるはず。

他力本願でスミマセンが、こうしてレポートを公開したのは、誰かが教えてくれることを期待してのことです。




封鎖された海岸での強烈な体験だった。
身体の芯の熱が全く抜けないまま、浜を後にした。
この後はもう一度苦しいニョロリが待っているが、
無事クリア出来たので、これを書けているワケである。

また、地上に戻った後で“謎の穴”の出口をしばらく探したのだが、
一切成果がなかったので、レポートは省略する。
もう目に見える形では残っていないのか、探す場所が悪かったのか。




当サイトは、皆様からの情報提供、資料提供をお待ちしております。 →情報・資料提供窓口
今回のレポートはいかがでしたか? 10点満点で採点してください。
←つまらなかった。   普通かな。   おもしろかった!→
1  2  3  4  5  6  7  8   9  10
コ メ ン ト 
(空欄でも結構です。皆様からいただいたコメントの一部を公開しています。詳しくは【こちら】をお読み下さい。
 公開OK  公開しないで!         

これまでの平均点 9.37点 /これまでの投票回数 869人

このレポートの公開されているコメントを読む

【トップへ戻る】

このページの読者にオススメのレポート