http://yamaiga.com/bridge/wakamizu/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.52点 / 投票回数 224人)

1ページ中 1ページ目を表示(合計14件)   
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
51,3792023-02-04 12:38:58/bridge/wakamizu/main.html10
楽しい
50,7882022-10-03 12:53:32/bridge/wakamizu/main.html5
>ヨッキれん/平沼義之 @yokkiren
>なんでミニレポで書き始めたんだろうな。橋梁レポにすれば良かったな。
>若水石橋は。少しでも多くの人に知られて欲しい、
>そして、今からでも愛せる人に愛されて欲しい橋だ。
>午後5:40 · 2022年9月29日 ·Twitter Web App
https://twitter.com/yokkiren/status/1575405260251619329
 
ミニレポを途中で通常レポに変更したせいで読者コメント欄がおかしなことになるのは、
「ミニレポ第262回 青森県道45号十和田三戸線 田茂代不通区」でもありましたね。
あれは確か、「道路レポート 国道362号にあった“幻のループバイパス計画”」が
「ミニレポ第262回」から「道路レポ229」に変更されたせいで、
「幻のミニレポ262回」と その番号を引き継いだ「真 ミニレポ262回」の
コメントが混ざってしまったんでしたね。
今、ミニレポ262回を見直してみたら、まだ混ざったまま放置されている・・・。
よくないと、おもいますね。
 
ひょっとしてですが、ヨッキさん、
書きかけのレポを放って置いて別レポに手を出す事への後ろめたさから、
「ミニレポだったら、ちょっと脇道に逸れてもダイジョウブだろう」なんて感じで、
本来は通常レポにするべきレポを、無意識にミニレポとして書き始めてしまってません?
ちかごろ、ミニレポにするのは勿体ないんじゃあないかと思うようなネタが
ミニレポとして上梓されるケースが目につくような気がするのは、そのせい?
だとしたら、それってレポ対象を貶める事にもなりますし、
いろんな意味で、よくないと、おもいますね。
50,7822022-10-02 22:17:58/bridge/wakamizu/main.html9
昔の道は極力短い橋で川を渡ることが多かったです。なので必ず川に対して直角にわたることが多かった旧道。この例は東京都世田谷通りの旧道も同じで川(今は暗渠)を必ず垂直にわたるので、今回と同じようにくねくねしてしまうようです。
50,7792022-10-02 15:58:25/bridge/wakamizu/main.html10
「道路界の日陰を愛するオブローダーなら、詣でて損はないだろう。」
締め方が秀逸!
50,7762022-10-01 18:51:50/bridge/wakamizu/main.html10
石積みのアーチ橋でも、「ねじりまんぽ」的な積み方をすれば、
谷に対して斜めに突っ切るような架け方ができるようですけれども、
斜めに架けた場合は橋が長くなり、橋台の土工も含めた工費や工期の点で不利となるので、
線形の悪化を妥協して、谷に対して最短となる架橋法を選んだのでしょうか。
 
それともあるいは、三島の懐刀ともいえる技術者たちは、
斜めの"拱橋"を架ける技を持っていなかったのでしょうか。
江戸時代以前からの古い技術の継承者たちでしょうから、
持っていなくても恥ではないでしょうが…。
 
それはともかく、そんな悪線形に配置された橋が、
もし昭和40年代まで現役でモータリゼーションの波に曝されたのなら、
トラックの内輪差やらなんやらで、親柱や欄干を引っ掛けられて破壊され、
建設時の想定を超える過重に晒されることで、
たちまち満身創痍になってしまったとしても不思議ではなさそうですから、
現在の橋上に工作物が残されていなかったり、アーチに綻びが生じかけているのも、
そういう過酷な生涯を生きた証なのかもしれませんね。
50,7742022-10-01 10:39:53/bridge/wakamizu/main.html6
読者コメントが妙に少ないなと思ったら 
途中でミニレポから橋梁レポに変更したせいで 
ミニレポの時に投稿されたコメントが
切り捨てられてしまってるんですな 
ひどいや
50,7702022-09-30 17:25:18/bridge/wakamizu/main.html10
当市で「石造アーチ橋」といえぱ「眺尾橋(ながおはし)」ですが、県道86号「館山白浜線」の約30m上流側にも、もう1本石造アーチ橋があります。拡幅のため「石橋+暗渠」となっているのは、この若水石橋と同じです。
下流にも「新橋」、県道の約500m館山側にも「宮下橋」と、この界隈には4つも「石造アーチ橋」があります。
市内には他にも同じ方法で拡幅した石橋があります。
現役ではないので土木遺産認定は難しいとの事ですが、何とか崩落部分を補修して、少しでも長く、今の姿を保ってほしいです。
所で、最初のコメントが見当たりませんが、リセットですか?
50,7692022-09-30 12:39:58/bridge/wakamizu/main.html10
素晴らしいです。近代遺産ですな。
50,7682022-09-30 12:18:19/bridge/wakamizu/main.html10
記事の中の年代の誤植と思う箇所です。
・鉄道の開通時期は昭和2(1947)年ではなく、この区間では昭和9(1934)年ようです。
・現在の若水橋の竣工は昭和40年では無く、親柱の記載や県HPでは昭和41(1966)年11月のようです。
・昭和22年の航空写真のリンク先は、昭和27年の写真へのリンクです。

下記の昭和22年の航空写真では私の見る限り真っ直ぐな道は無く石橋が現役のように見えます。
https://mapps.gsi.go.jp/maplibSearch.do?specificationId=253234
https://mapps.gsi.go.jp/maplibSearch.do?specificationId=253235

もし、鉄道開通時に真っ直ぐな道が無かったとしたら現在の鉄橋はこのサイズではなく
もう少し鉄橋の長さが短かったのではないかと思います。
ではいつ今のような長さになったかと言うと、橋台わきの法面の擁壁に1969年3月のプレートが有るので
その年に現在の長い径間に改修されたのではないかと思います。

現在の若水橋の開通に伴って、同時期に鉄道の鉄橋の架け替え、道路の直線化とそれに伴い暗渠の整備、
若水石橋の廃止と名称を現若水橋に譲渡が行われたとしても合点がいくように思えます。
昭和43年版までの地図に石橋の表現が変わってないのもそうではないでしょうか?
50,7672022-09-30 11:02:14/bridge/wakamizu/main.html10
ワクワクしました!
50,7662022-09-30 08:43:38/bridge/wakamizu/main.html9
石造アーチの特性上、両岸の斜面に正対する方向に橋の軸線を向けたかったのでしょうが、
そのために道がへの字に曲げられているのが印象的です。
自動車の高速走行を前提としない、馬車の時代の街道ならではの線形でしょうか。
「大正2(1913)年の地形図」にも、道に対する橋の角度のズレが表現されているようで面白い。
                                      
それを踏まえて、レポ内にリンクされた「和22(1947)年の航空写真」を見ると、
なんとなく国道がへの字に曲がっているような… 鉄道の築堤の影がそう見えるだけかな?
と思いつつ、昭和27年の航空写真も見てみたらやっぱり曲がってるような……?
そして昭和45年の、現若水橋が写っている航空写真では、真っ直ぐになった国道の側に
への字の旧道敷が写っているように見えるような………。
暗渠が築かれたのは、現若水橋の架設と同時か近時期だったりする?
それともやっぱり暗渠の前に橋が架かっていた時代があるのか?
                                    
ブラウザから見られる航空写真は 400dpi までですが、
1200dpi 写真を購入すれば疑問が解けるでしょうか。
50,7652022-09-30 08:32:41/bridge/wakamizu/main.html10
やるなあ三島!
50,7642022-09-30 08:29:33/bridge/wakamizu/main.html10
無事に卓上検証も終わった事ですし…是非アレの続きを!
50,7632022-09-29 22:32:43/bridge/wakamizu/main.html10
お見事。
これぞこのサイトの醍醐味。素晴らしい。

1ページ中 1ページ目を表示(合計14件)   

この画面の説明