http://yamaiga.com/road/r121_ootouge/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.37点 / 投票回数 1943人)

2ページ中 1ページ目を表示(合計56件)    1 | 2    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
52,3202023-08-10 22:30:13/road/r121_ootouge/main7.html10
1981年から1987年、米沢に住んでました。当時2スト350ccのスポーツバイクに乗ってましたが、旧大峠は何度も往復で通りました。気をつけて行けばスポーツタイプのオートバイでも通れたのです。でもまぁ普通の人は通りませんでしたね。
50,8592022-10-18 16:35:07/road/r121_ootouge/main7.html10
遡ること40年前に大峠を山形側から自転車で越えた者です。東北一周中のため当然キャンピング車でした。路面は山形・福島側ともダートのため当時のユッチンソン650X42Bタイヤとマファックのカンティブレーキでは福島側の九十九折下りで思うように止まれず往生した記憶があります。レポート自体は・・・いささか盛り過ぎのような気もしますが懐かしく面白かったですよ。
50,7382022-09-23 18:44:10/road/r121_ootouge/main7.html10
あれですか、バイクは「神輿担ぎ」(4人がかりでバイクをソイヤソイヤッと担ぎ上げて難所を突破する男の力技)で突破したのでは。
49,4692022-03-29 15:23:26/road/r121_ootouge/main7.html10
懐かしい想いで興味深く読みました。昭和48年の夏、大峠鉱山の粘土鉱物と周辺の地質の調査のため約10日間喜多方の旅館から車で通いました。殆どが砂利道で対向車には滅多に会いませんでした。隧道の南側入口の壁のパイプから流れていた水のとても美味しいこと、昨日のように覚えております。機会があればもう一度と思っているうちに半世紀経過しました。もう無理のようですね。
48,7752021-12-02 16:49:55/road/r121_ootouge/main7.html10
平成元年8月に、当時の愛車150カリーナで走りました。貧乏学生だったので、仙台から新潟まで、地図上で直線距離優先で山形側から入りました。夜の9時も回ったあたりでの突然のダート!周りに外灯も住宅もなく、心地よいナイトドライブから一転、危機迫る状況に陥りました。自車ライトだけを頼りに1時間ほど、喜多方に入って、住宅の光が見えた時の安堵感!いまだに覚えています。ヘアピンカーブがあまりにも多すぎて、自分がどこを走っているのかわからなくなるのは確かにそうでした。その中でも、喜多方市外に向かう下りの大ヘアピンは今でも覚えています。
48,4972021-10-15 08:09:06/road/r121_ootouge/main7.html10
ここの旧道を1982年に通りましたが、二度と通りたくないと思わせる酷道でした。
47,9312021-06-24 00:09:29/road/r121_ootouge/main7.html10
1990年に自転車で越えました。懐かしいです。
47,5962021-05-06 05:10:21/road/r121_ootouge/main7.html10
昭和の終わりから平成2年くらいにバイク(セロー)で福島県側から通りました。多少崩落はありましたが、あまり苦労もせず通過できました。恐々大峠トンネルを超えた所で山形側の景色をみながら、おにぎりをほおばりました。懐かしいです。読ませていただきありがとうございました。
46,7792021-01-27 04:16:11/road/r121_ootouge/main7.html10
楽しく拝見しました。1983年に通ったとき以来のトンネルと九十九折の姿に感慨を覚えます。
46,1162020-11-09 10:46:14/road/r121_ootouge/main7.html10
30年程前から気になる峠でしたが、昨日アタックしてみました。山形側から入ろうとしたら、ゲートで業者さんたちと出くわし撤退。福島側から挑むことにしました。クマと思われる糞が点在し、イノシシにビビり、帰りにはカモシカが目の前を横切りました。トンネルは福島側で封鎖されていたので引き返しましたが、路面状態は概ね良いと思います。一部土砂が載っているところもありますが、普通車で走れると思います。忘れてましたが、MTBで走りました。次回は峠を越えて山形に下りたいですね。
46,0672020-11-04 03:27:15/road/r121_ootouge/main7.html10
昭和63年、福島県側から山形県側へ大峠を通りました。福島県側のヘアピン、山形県側の隧道出口で転落しそうになった事、山形県側の酷道を懐かしく思い出しました。有難う‼
43,9822020-04-19 13:01:19/road/r121_ootouge/main7.html10
とんでもない国道ですね。これが28年前まで現役だったとは。さらに峠付近にある隧道はもう、限られた人しか行けないとは。喜多方から米沢まで国鉄日中線を通す予定があったらしいですが、現役の国道の閑散さをみる限り開業しても空気輸送になりそうですね
29,1982018-06-20 21:05:16/road/r121_ootouge/main7.html10
WRCラリーにとっては最高の道路ですねー!
いずれ日本でまた開催する機会があれば北海道よりも候補に挙がって欲しいです。近くには素晴らしい温泉が沢山ありますしねーw
28,0692018-02-25 13:20:13/road/r121_ootouge/main7.html10
公開から10年以上経ってからなんなんですが・・・
30年位前だったか雨の夕方大峠を山形から福島へ抜けてきました。車はスポーツカー(車高短) 感想は死ぬかと思いました。(^_^;) 文中のホッパーもちゃんと稼働していました、お察しの通り国道の真ん中で。くるぶしが楽に埋まるほどの雨の泥道、そのど真ん中にダンプが陣取り(狭い国道の)積み込みしていました。それをゆっくり脇をぬけるのですが車の腹は泥に付き空転、路面の傾斜で車は勝手に横の崖?に向かってスリップしていくわで大変でした。あそこを抜けたのはその1回だけでした。
古い話ですいませんでした。
27,7622018-01-29 18:50:52/road/r121_ootouge/main7.html10
大峠旧道、昭和57年にHONDACB250RSでパスしました。ものすごく怖かった。
27,4792017-12-28 01:39:27/road/r121_ootouge/main7.html10
自分の地元(福島県)にこんな場所があったなんて知らなかったのでとても勉強になりました。
良いレポートをありがとうございました。
27,1742017-11-22 02:10:49/road/r121_ootouge/main7.html10
今からでも行きたいです!!!
26,5952017-09-09 17:10:29/road/r121_ootouge/main7.html10
段々畑?? 九十九折かぁ
勾配をかせぐのに、ああいう線形になるのは自然なことなのだろうか?大変な工事だったと思うが、よく作ったなぁと思います。
こういった道を作ったひと、この道を大型車等で往来したひと・・・昔のひとは偉くて強い!!
25,8912017-06-19 19:28:56/road/r121_ootouge/main7.html10
昭和59年に秋田県から新潟県の奥只見ダム見学のために山形側から通りました。月のない夜中〜明け方にかけての通行のためほとんど風景は分かりませんでしたし、大峠隧道はすっかり忘れてしまいました。でも、峠も終わり近くなって薄明かりになってきて8連続ヘアピンの九十九折れがずっと高いところから見えたとき雄大さに感動したことは鮮明に覚えています。60代になり体力がなくなってますが、この九十九折れを見下ろせるところまで歩いて行ってみたいです。
25,4912017-04-20 10:31:10/road/r121_ootouge/main7.html10
人の楽しみを奪いながら、今日も山行がは情報を公開し続けている。
その「重さ」は、忘れてはいけないと思う。

うーむ、初見の喜びを味わいたい人は、きっと我慢ができる人なので問題ないでしょうね。
24,8552017-02-06 21:09:38/road/r121_ootouge/main7.html10
『山行が』の趣旨・目的が文中に
書かれていたの。

それがビックリ
22,6042016-05-04 00:00:41/road/r121_ootouge/main7.html10
今日福島側に行ってきました
隧道までは車で行けるかと思って近づくと、立派なバリケードで施錠されており、そこから約10km徒歩で移動。
車で行くことを前提としていたので、裸足にクロックスという山歩きに向かない足元での攻略…
時間と体力の関係上、第4群で引き返しました…orz
今度は自転車で行こうと思います。
22,3922016-04-05 23:22:51/road/r121_ootouge/main7.html7
私が小学生の時、友達とそのおとうさんと喜多方から山形の天童までブドウ狩りに行きました。当時の旧道を大型トラック(そのおとうさんがトラックの運転手だった)に揺られ、カーブをぐりんぐりん回り、対向車と道を譲りあいしながら走っていったのを記憶しています。舗装などとんでもない砂利道路でした。行く途中で旧道沿いから少しだけ外れた採石場に寄って壁面から湧いている水を飲んだのですが、水場が二か所あり(飲料用と工事のおじさんたちが昼の弁当箱などを洗う用)冷たくておいしかったことも覚えています。国道沿いの採石場は、当時喜多方に作っていたダムのための工事に使うと聞いた記憶があります。帰りには東京からきたというサイクリストを拾いました。あまりの悪路でパンクしたというのです。喜多方の自転車まで乗せていきました。ずっとそのサイクリストの若者が「国道だというのに、こんなひどい道で。。」と呪文のようにつぶやいていたのは今でも思い出し笑いしています。
20,8792015-12-04 11:31:21/road/r121_ootouge/main7.html10
20年ほど前に山形側からバイクで抜けました。
当時も砂利道で通行止めでしたが・・・して入りました。
左手で工事してましたが、あれは鉱山だったんですね。

なお、本記事でトンネル抜けてすぐの「福島県」の看板は健在で、写真を撮った記憶があります。
20,7742015-11-27 23:36:23/road/r121_ootouge/main7.html10
オフロードバイク旅ばかりだった三十年近く前、当然ながらロードマップには普通に載っていた道でした。そのうち通ることもあるよなと思いつつ、超えてみようかと思った頃には地図から消えていました。このレポートからだって早もう十年。行ってみたいな。
20,1502015-09-24 13:30:40/road/r121_ootouge/main7.html10
酷道もどんどん数を減らしていますな。
国道の本来の目的を考えれば妥当な流れですが、
その一方で自然と共生した国道がどんどん減るのも
確かです。だからこそ旧道としてでも記録を残す
ことの大切さをひしひしと感じました。
20,1332015-09-23 18:07:41/road/r121_ootouge/main7.html10
大変、参考になりました。(多謝)

若い頃(30年ほど前)から
国道121号線 大峠旧道を越えてみたい!と思いつつ、
それは実現することはありませんでした。
(新道の方は何度も行きました。)

出来れば、いつかはヨッキれん様のように大峠越えしてみたいものです。
19,3042015-06-27 06:02:41/road/r121_ootouge/main7.html10
自分も一度は行って見たかった大峠のレポートありがとうございました

18,8502015-05-15 20:19:59/road/r121_ootouge/main7.html8
廃道やら廃墟やらは、好きなのですが「行く勇気がない!」ので、こういった記事を見るとつい浮き足立ってしまいます!
17,0052014-10-13 17:15:35/road/r121_ootouge/main7.html10
今度R471から分岐してるr34も攻略してください!

2ページ中 1ページ目を表示(合計56件)    1 | 2    [次のページ]  

この画面の説明