http://yamaiga.com/tunnel/okihara/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.34点 / 投票回数 861人)

3ページ中 1ページ目を表示(合計70件)    1 | 2 | 3    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
29,0092018-05-23 21:20:37/tunnel/okihara/main3.html10
面白いです
26,1962017-08-02 22:53:24/tunnel/okihara/main3.html10
縁のある土地でしたのでとても興味深く拝見しました。
24,1312016-10-30 07:09:35/tunnel/okihara/main3.html10
隧道発見に歓喜(*´∇`*)
23,6932016-09-12 20:25:14/tunnel/okihara/main3.html10
甲賀忍者です。2週間前に、橋木の川向の道の駅で休息をとった際、あまりにも橋を連ねての道筋だったので、きっと向かいの山麓に旧道があるよ…なんて話してたのですが、こんなお宝モノがあったとは!
私の勘も捨てたものでない・・・という点で、このレポは10点満点です。
そう言えば吐唄の地名も印象に残りましたが、そんな意味があるのですね。勉強になります。
21,2702016-01-02 02:44:11/tunnel/okihara/main3.html10
(´Д`)ノ 正月から知られざるニッポンの歴史、我々の先輩方の息吹に触れることが出来ました。
20,7002015-11-20 01:28:37/tunnel/okihara/main3.html10
この道を創った人々、歩いた人々を回想させるような、とても素晴らしいレポートだったと思います(熊猫)。
20,5932015-11-07 18:32:57/tunnel/okihara/main3.html10
山行がの良さがぎゅっと詰まった良いレポートでした
20,5572015-11-03 21:44:24/tunnel/okihara/main3.html10
この古老に取材するのがいい!
まさにフィールドワーク!
ただ単に古道がありました、だけではないところが、素晴らしいです。
20,5532015-11-03 10:52:47/tunnel/okihara/main3.html10
探索者の心理状態の変化が文体の変化にもそこはかとなく現れており、探索の追体験をするうえでは非常に好ましいものでした。
20,5512015-11-02 22:06:45/tunnel/okihara/main3.html7
模様だった模様
20,5492015-11-02 09:42:56/tunnel/okihara/main3.html10
今回の歴史考察も最高!これがレポの価値を何倍にも引き上げていますね。
20,5402015-10-31 20:34:39/tunnel/okihara/main3.html8
千頭の無想吊橋や南紀の通り穴等を襲った
[死神ヨッキれんの鎌] がこの土塊の穴にも近々振り下ろされるのでしょう?
なんておそろしい! (ナビクマちゃんや御嶽山は流石に無関係としても)
そして記録と記憶だけが残った
20,5392015-10-31 13:44:27/tunnel/okihara/main3.html10
映画のストーリーの様に完結して面白かったです。
最近チャリンコの件で自分の活動範囲にヨッキさんが来ているとは思いませんでしたが更なる我が埼玉の探索を期待しております。
(国道16、254、299、407、463号辺り付近)
20,5382015-10-31 12:39:15/tunnel/okihara/main3.html10
「やまいが」らしい情緒たっぷり織り込んだ素敵なレポートでした。この先県道394が古き大町街道だとすると馬車はどのようにあの急な坂道を登っていったのでしょうか、興味があります。
20,5372015-10-31 12:00:55/tunnel/okihara/main3.html10
それでは”地元紙の三面記事”に出てくるまでこのレポをしっかりと覚えておく事にしましょう。それにしても貫通しているとは驚きました。
20,5362015-10-31 11:14:56/tunnel/okihara/main3.html10
42年以上昔の元町民です。懐かしい地名と風景の数数…。ありがとうございました。いつか一人静かに訪れてみたいと思います。
20,5352015-10-31 10:21:04/tunnel/okihara/main3.html10
古の大町街道を米俵を積んだ馬がゆっくり歩いて行く姿が
目に浮かびますね。
久しぶりの古老もナイスです......古老最強!!
20,5332015-10-31 08:47:02/tunnel/okihara/main3.html10
廃道に残る物語の語り部。よっきれん、最高です!
20,5322015-10-31 02:54:28/tunnel/okihara/main3.html9
すばらしい!これぞオブローディング!
隧道発見→古老の証言の流れはまさに完璧。
ただ、中編の、小説に目覚めた中学生が書いたような文章は読み難いので、終章の項目のようないつものヨッキ文でレポートしてほしかったです。
20,5312015-10-31 02:16:34/tunnel/okihara/main3.html10
明治隧道!よもやこのような姿になって見られるとは驚きです。いつの時代にも道を利用する人がいた。博労(バクロウ)という言葉も懐かしく新鮮でした。
ところで「ここに見える線はただの地層の模様だった模様」はちょっとセンスがいかがかと
20,5302015-10-31 01:03:24/tunnel/okihara/main3.html10
面白かった。探索後の聞き取りや文献調査が毎度楽しみ。
いまわれわれが知る「大町市」の市制施行は昭和29年で、それまでは明治以来「大町」だったんですね。
信州新町はまだ信州と頭についているから恰好がつくものの、この伝からいうと近年飯田に合併された「上村」なんか、最近まで「上村長」だったわけですね(あ、福岡県の赤村の場合は今でも「赤村長」か)
20,5282015-10-30 22:55:28/tunnel/okihara/main3.html9
ず、隧道と呼べるのかなぁ・・・。
地形図に載ってるから私ももっと長いモノだと思ったんですが・・・。(笑)
20,5272015-10-30 22:20:14/tunnel/okihara/main3.html10
ヨッキさんが穴の中で熊と鉢合わせしないことを祈ります
20,5252015-10-30 21:17:31/tunnel/okihara/main3.html10
まさか未だに貫通しているとは。
しかし、対岸から見てもこれは分からないw
対岸からの写真に本来の坑道断面を書き込むと、現状では本当に小さな尾根なのが分かりますが、昔はもっと高さも幅も有ったのでしょう。
後一度でも大雨が降れば完全消滅しかねない状態ですので、隧道としての本当に最後の姿を記録した貴重なレポートです。
20,5232015-10-30 20:53:58/tunnel/okihara/main3.html10
こんな凄い隧道だったんですね。良い話だったな。
by明日うちの学校で授業参観(土曜参観)+夢を育む〇中バザーの有る丸山 熙人
20,5222015-10-30 20:07:12/tunnel/okihara/main3.html10
「現地で出会い、あるいは見つけた様々なものが、一つの整合した“ロードストーリー”に集約されていく快感は、何度味わってもたまらない。」 本当ですね! いつも追体験しています。ありがとうございます。
20,5212015-10-30 20:06:15/tunnel/okihara/main3.html10
こういうレポ好きです。
いつもながらヨッキれんさんの目の付けどころの素晴らしさには、感服いたします!
20,5182015-10-30 19:39:12/tunnel/okihara/main3.html9
残存5m弱て
本邦最短クラスか
20,5172015-10-30 18:29:40/tunnel/okihara/main3.html10
パチパチパチ(拍手!)  (ぜ
20,5162015-10-29 21:21:30/tunnel/okihara/main2.html9
いつも楽しく読ませていただいています。
…これ開口してるって言うんですかね?

お勧めレポートはなにも出ないのですが
firefoxだからのようです。

3ページ中 1ページ目を表示(合計70件)    1 | 2 | 3    [次のページ]  

この画面の説明