http://yamaiga.com/rail/kouzuke/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.37点 / 投票回数 1605人)

3ページ中 1ページ目を表示(合計82件)    1 | 2 | 3    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
29,4702018-07-15 14:43:58/rail/kouzuke/main4.html10
八幡先生によると、建材や燃料として江戸時代までは日本中の山は乱伐気味だった、という話ですが、まさにそれを裏付ける写真かと思います。
それにしても、戦争末期の鉄供出をよくぞ免れたと。上信線関係者が知らないわけないですから、全員“グル”になって貴重な遺産を守り抜いたのでしょうか?もしそうなら今の扱いはあんまりだあと思います。
27,7102018-01-20 04:30:42/rail/kouzuke/main4.html10
未成線の磐戸駅周辺にも何かありそうな噂です。
27,3802017-12-16 03:03:09/rail/kouzuke/main4.html9
(´Д`)ノ 開通したのは私の婆さんの生まれた頃、軌道を拡幅したのは親父の生まれた頃。頑なにこの一本だけで勝負している上信電鉄侮り難し。婆さんも親父ももうこの世にはいませんが・・・。
24,0652016-10-13 19:23:11/rail/kouzuke/main4.html10
第1号隧道の、あっさりとした発見には笑いました。
次の謎の穴・・気になる・・
もしかして隠れキリシタン?
23,3312016-08-02 16:18:33/rail/kouzuke/main4.html8
いつも面白く読ませていただいてます。この穴の存在理由に関して、下仁田町教育委員会へお問い合わせになったとのことですが、その結果はいかがだったのでしょうか?未だに回答はないのでしょうか。
20,2642015-10-06 09:30:43/rail/kouzuke/main4.html10
普通なら一瞬で通り過ぎて行きそうなところですが、ここにも明治の鉄道の遺構が存在したんですね。
そして古い鉄橋の下にある謎のトンネル・・・一度行ってみたいですねえ。
18,7532015-05-05 06:08:53/rail/kouzuke/main4.html10
穴が気になる。続編を刮目して待つ!
18,6492015-04-24 18:49:37/rail/kouzuke/main4.html10
貴サイトはずっと前から拝読し、いつも尻がむず痒くなるような感動を頂戴しておりますがw、今回は最大級の感動をいただきました。

実は私、高崎出身でして、幼少の頃から上信電鉄を毎日眺めながら育ちました。小学校6年の時に日本初の前面一枚窓電車1000形が新製投入されたと言えば、歳がわかってしまいますね。当時はデキ1〜3の三両が元気に秩父セメントのホキを牽いていました。

下仁田まで利用することはあまり無かったのですが、白山トンネルは唯一のトンネルとして、遠足などの利用時には歓声が上がるハイライトでした。子供心にも、鏑川沿いは急峻な地形だなと思っておりました。

私は物心ついた頃からの鉄でしたから、上信電鉄についてはかなりマニアックな知識も持っていたつもりでしたが、このような知られざる遺構が現存するとは、心底驚きました。

地元の人間も知らないような貴重な歴史遺構を掘り出していただき、地元出身者としても御礼申し上げたく思います。旧トンネルはちょっとハードそうですが、旧鬼ヶ沢鉄橋は一度行ってみたいと思います。

旧トンネル(ずいどうを正しく変換しないのでトンネルと表記しますね)は、今度車窓から見つけてみます。

改めて、ありがとうございました。今後のご活躍にも期待しております。
18,5962015-04-22 09:58:10/rail/kouzuke/main4.html10
鉄道ファンです。なかなかよい撮影ポイントがありそうです。
16,9512014-10-06 10:34:32/rail/kouzuke/main4.html9
いつも電車から眺めては「あれはなんだろう?」と感じていたので、とても興味深く読ませていただきました。橋の下の穴があるとは知らなかったので、まだまだ興味は尽きません。頑張ってください。
16,8992014-09-22 21:34:56/rail/kouzuke/main4.html10
私の地元群馬の話題なので興味深く読ませて頂きました。
  なかおやじ
16,6762014-08-29 11:23:48/rail/kouzuke/main4.html10
この謎の穴には興味津々ですね。
面白いものを見せて頂きました。訪問してみます!
16,6722014-08-28 01:26:58/rail/kouzuke/main4.html10
とても面白かったです。絹遺産の世界遺産登録でどのように変わるかも楽しみです。第一号隧道の上にそそり立つ岩山は古嶽山だと思われます。
16,5032014-08-11 22:39:25/rail/kouzuke/main4.html10
面白すぎる
16,4352014-08-03 15:50:52/rail/kouzuke/main4.html10
すごい!
軽便鉄道の遺構がこんなに鮮明に残っているところがあったとは。。。 行って見ます!
16,0012014-06-17 23:02:45/rail/kouzuke/main4.html8
 この橋までたどり着くのもすごいと感じましたが、さらに谷におりての穴レポート。人間の「知りたい・見たい」という欲望ははかりしれません。脱帽です。でも、怪我をしないよう気をつけて探訪してください。
15,9042014-06-11 08:14:44/rail/kouzuke/main4.html10
今日の読売新聞の文化面「富岡製糸場」の記事の左上の写真が同じところかな?
15,8522014-06-01 18:11:18/rail/kouzuke/main4.html10
先日、同地を訪れましたが高所恐怖症の私は橋を渡るのが精一杯で横穴の存在に気づきませんでした…。なお、千平駅から下仁田方面へ抜ける県道の不通渓谷の橋は、川底が崩落しているため通行禁止になっています。あまり関係のない話ですみません。
15,8362014-05-28 22:40:10/rail/kouzuke/main4.html10
上信線にこんな廃線跡があるとはまったく知りませんでした。とてもおもしろかったし、驚きました。どうもありがとうございます。
15,8262014-05-25 15:36:24/rail/kouzuke/main4.html10
現在の様に化学肥料が無い時代は、田畑の周囲の雑草は刈り取られ、夏に付き物の激ヤブは無かったとか。
15,8122014-05-21 17:06:16/rail/kouzuke/main4.html10
GoogleMapの航空写真で見ても、第一隧道はおろか鬼ヶ沢橋梁跡も見つけられませんでした。これこそ地図の変化を見逃さない観察力と、現地探訪の賜物ですね。
ちなみに、利根川に掛かる橋梁も架け替えられていることを、先の航空写真で知りました。写真には旧橋(を転用した歩道?)が写っていましたが、今でもあるんでしょうか。新幹線の車窓でみた限りでは、見当たらなかった気がします。こんど通るときがあったら気をつけてみてみようと思います。
15,8072014-05-19 20:01:51/rail/kouzuke/main4.html10
今度行ってみます。
15,8042014-05-19 04:03:43/rail/kouzuke/main4.html7
穴が気になりすぎる……
15,8022014-05-18 14:29:14/rail/kouzuke/main4.html8
たしか以前この橋は碓氷峠の旧信越線跡などとともに世界遺産候補の構成の一部だったはず
その際にだいぶ整備されました。
しかしそれだと登録が厳しかったので
この橋や碓氷峠などを削ってスリム化した上で今回の登録勧告に至りました。

以前訪れたときは整備されたばかりだったのでアクセスしやすかったのですが…
世界遺産登録から外れた今後が心配です。
15,7992014-05-17 22:44:15/rail/kouzuke/main4.html10
 些細な事ですが、本レポートの導入部で"小坂坂隧道を擁する群馬県道195号南蛇井(なんじゃい)下仁田線" とありますが、現在地の地図だと196号線になっていますね。
 とまぁ、そんなことはさておき大変興味をそそられる遺構ですね。
15,7972014-05-17 21:21:19/rail/kouzuke/main4.html9
坑口と地表との厚さが気になります(放置落とし穴・・・)。
15,7962014-05-17 17:20:21/rail/kouzuke/main4.html8
横穴の正体が知りたい!!!
15,7952014-05-17 11:31:04/rail/kouzuke/main4.html10
素敵な橋ですね!
15,7942014-05-17 10:31:10/rail/kouzuke/main4.html10
>なんとなく現代は環境破壊が進行し緑の少ない世界であるかのように錯覚しがちであるが、少なくとも木炭を得るために無計画に近い状態で片っ端から伐採されていた戦前の農山村近接林に較べて、現代は遙かに緑が豊かである。そして、無利用である。
そうなんですよね。昔の方が無計画に伐採しまくっていたんです。
だから、昔の人は治水に熱心だったし、現在から見ればとんでもない山の奥に林鉄が敷かれたわけです(山奥にしか木が残っていなかった)

しかし、鉄橋探索が隧道探索になるとは、つくづく穴に縁のある人だw
15,7932014-05-17 08:55:43/rail/kouzuke/main4.html10
「現代の山河は緑が豊かで、かつての山河は禿げ山同然だった」確かにそうなんですよね。穴の裏のレンガ壁が不思議...是非解明を(ぜ)

3ページ中 1ページ目を表示(合計82件)    1 | 2 | 3    [次のページ]  

この画面の説明