http://yamaiga.com/rail/nigorigo/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.61点 / 投票回数 3548人)

10ページ中 7ページ目を表示(合計286件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10    [前のページ] [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
16,7352014-09-06 21:14:38/rail/nigorigo/main5.html10
昭和46年まで稼働していたとは、私が高校3年の時です。
16,6912014-08-30 16:57:35/rail/nigorigo/main5.html10
これだけのレール残存率を誇る林鉄が未だ殆ど踏破されすに残っていたとは・・・。
緊張と興奮でどうにかなりそうですヨッキさん!
文章が構成できませんwww

あの軽トラの荷台にわるにゃんしてほしいなーなんて(チラチラ
16,6902014-08-30 14:52:59/rail/nigorigo/main5.html10
こんな厳しい場所にこんなものを作ってしまう人間、ってすごいですねえ。索道のワイヤーってどうやって渡すんでしょう、、、
16,6862014-08-30 03:14:46/rail/nigorigo/main5.html10
レールが残っていると当時の雰囲気がしのばれますね。
16,6692014-08-27 12:34:05/rail/nigorigo/main5.html10
分岐器動作アニメですが、ダルマの向きと分岐器開通方向の対応が逆になってませんか?
ダルマを左から右に倒す→テコの原理で分器部分が右から
左におし込まれる→開通方向が左から右に変わる
だと思うんですけど。
16,6542014-08-25 21:58:12/rail/nigorigo/main5.html9
一度に運べる貨物量は索道より鉄道の方が圧倒的に多い以上、索道でちょっとずつ運ぶ間に貨車を留置しておくスペースは確かに必要ですね。岳見台駅は「留置線を設置出来る程度に平場を確保できる場所」という要件もあったのかな?
16,6462014-08-25 13:55:32/rail/nigorigo/main5.html9
このトラックの荷台、ワイヤが掛けてあるように見えるのですが、砂利や細かい部品を索道で運搬する時に使っていたのではないでしょうか。
16,6412014-08-25 09:07:52/rail/nigorigo/main5.html10
今回は美しいうえに濃いなぁ!
16,6252014-08-24 10:52:37/rail/nigorigo/main5.html10
これだけ豪勢な配線だと、貨車留置と機回しが同時に出来ますね(笑)
16,6232014-08-23 22:27:04/rail/nigorigo/main5.html10
故人・古人の活動をたどる林鉄跡、面白いです!林業は一大産業だったんだなあと感じ、レポートに同調してテンション上がります!色々な痕跡が残ってておいしすぎます!
16,6212014-08-23 19:01:38/rail/nigorigo/main5.html9
こんなに長距離に亘るゴム管が気になります。これは一体…?
16,6202014-08-23 11:01:52/rail/nigorigo/main5.html10
興奮の2字以頭に出てこん!
保存会開催の際は是非告知してください。
万難を排して都合が付けばなるべく飛んできます。
しかしこの探索、鉄道誌に乗せても良さそう。
RMのTYコーナーなら即載せてもらえそうかな?
16,6192014-08-23 09:48:38/rail/nigorigo/main5.html10
>なぜかダルマが見あたらない
そこ、もしかすると”発条転轍器”かもよ
16,6182014-08-23 07:34:18/rail/nigorigo/main5.html10
いやー眼福でした。文章からもヨッキさんの愛情が強く伝わってきます。
16,6162014-08-23 01:28:01/rail/nigorigo/main5.html10
秘境の平場にダルマ転轍機。
もう萌え尽きそうです、真っ白に・・・・・・・・・・・

あっ、それから9:46の【現在地】、まちがっていませんか?
16,6152014-08-23 01:00:07/rail/nigorigo/main5.html10
これは凄い!
16,6142014-08-22 23:37:27/rail/nigorigo/main5.html8
“ゴムのパイプ”と言われているのは、表面の質感からしてゴムではなく、
“ポリエチレン二層管”みたいですね。

可撓性で長尺施工が可能な水道管ですが、
山間部の小集落など上水道や用水路の整備が困難な場所で、
湧き水や沢水を利用するための送水管としても良く使われていますよね。

これって、一の谷で取水した沢水を、
350m近い索道経由で対岸の倉ヶ平停車場跡(付近の堆肥製造場所?)
まで引っ張って利用していたという事なのかな。
そんな無茶な・・・

簡易送水管に黒いポリエチレン二層管が使われるようになったのは、早くても1980年代以降のはずなので、
廃止されて久しい索道のケーブルに管を沿わせる工事を誰かがやったって事なんでしょうが、
いったいどうやって・・・
16,6132014-08-22 23:30:20/rail/nigorigo/main5.html10
この構内は胸熱!
16,6122014-08-22 22:36:13/rail/nigorigo/main5.html9
続きを早く読みたいです!
16,6112014-08-22 21:22:19/rail/nigorigo/main5.html10
レールを掘り出して、だるまを復旧させたい衝動に駆られますねえ(笑)。
16,6102014-08-22 21:16:09/rail/nigorigo/main5.html10
眼福眼福。
16,6072014-08-21 12:14:26/rail/nigorigo/main4.html10
いつも素材よりも調査内容で高得点あげちゃう俺だけど,やはり今回は残レール(のある雰囲気)の貢献度が高いっすね〜♪
16,6062014-08-21 09:26:02/rail/nigorigo/main4.html10
林鉄廃線跡の宝石箱やぁ〜!!
16,6052014-08-20 22:10:58/rail/nigorigo/main4.html10
他サイト「林用軌道跡解体新書」様の情報なのですがかつて上部軌道と下部軌道を結ぶルートがあったらしいです。一旦川を降りまた昇るルートだったようです。でもそれがかなりの地獄で・・・なんと木材搬送器にロープを吊るしそれに木の棒を結びそれに座って行き来したとか、無論違法ですが・・・ただ「どっちのほうが地獄だよ」それってと思いましたがね、またその当時?の写真もそのサイトに載ってました。byとある潮風の中学生
16,6042014-08-20 21:53:56/rail/nigorigo/main4.html10
昨年の夏の「おぶやき」で、次に書くレポートを剣道か林鉄のどちらにしようか迷っている、と書いていた林鉄とは、この濁河線のことですよね。
あのときは結局蒲池西山線を書いてくれましたが、それはそれで楽しかったです。でもたぶんそのもう一つの候補の、この林鉄の方も公開してくれてうれしいです。今後が楽しみです。早くつづきが知りたいです。
16,6022014-08-20 06:24:27/rail/nigorigo/main4.html10
電信柱 って響きがなんか懐かしい。子供の頃は電柱といわず電信柱だった気がする。意味は同じなんだろうけど。
子供の頃、家の回りの電柱はまだほとんど木製だった。
16,6012014-08-20 03:34:19/rail/nigorigo/main4.html10
S字カーブには参った。見事なくねり振り!
まさか隧道まであるとはね!ステキだぜ。
16,6002014-08-20 01:24:56/rail/nigorigo/main4.html10
S字カーブの地点、あらゆる廃林鉄の中で最も往時を偲ばせる光景ではないだろうか?
なぜこんな極上物件を1年間も温めていた!
答えろ!YOKKI !!
16,5982014-08-19 21:36:51/rail/nigorigo/main4.html10
 最高に魅惑的な廃線ですね。
 「小営電」は「小坂営林署電〜」の略じゃないでしょうか。
16,5972014-08-19 21:23:04/rail/nigorigo/main4.html10
たいへん興奮致しました。廃道レガシイ購入しますよ!

10ページ中 7ページ目を表示(合計286件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10    [前のページ] [次のページ]  

この画面の説明