http://yamaiga.com/road/hakkouda/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.45点 / 投票回数 2422人)

3ページ中 1ページ目を表示(合計69件)    1 | 2 | 3    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
31,4242019-03-29 01:12:03/road/hakkouda/main7.html10
レポートを読んでいる側でさえハラハラする凄まじい道ですね。
このレポートからほぼ15年が経ち今ではますますこの道は自然に還っていっていることでしょう。
そんな点でも本当に貴重な記録だと思います。
30,9552019-02-01 11:09:24/road/hakkouda/main7.html10
すげぇ…
27,7402018-01-23 15:40:17/road/hakkouda/main7.html10
体力と気力に感嘆です。
27,0082017-10-24 11:09:32/road/hakkouda/main7.html10
単独行で数時間の藪漕ぎで誰にも会わなかった経験が私にもありますのでその時の不安と焦りはよく判ります。

10年若くてもここは行かなかったであろうオヤジ
25,1262017-03-07 15:53:43/road/hakkouda/main7.html10
青森十和田湖自転車道線(青森市区間)にコメントした24766番です。
平成29年3月4日の東奥日報の記事です。「3日、環境省十和田自然保護官事務所と山岳団体が南八甲田登山道管理連絡会を設立し、6月に猿倉温泉〜櫛ヶ峰までの道路の刈り払いを実施することが決定した。」全行程の約半分は歩きやすくなります。
20,7082015-11-20 23:52:31/road/hakkouda/main7.html7
大変なクリフハンガーでとても楽しく拝見させていただきました。
ただ・・・、残念な点が。
・枯木沼のオヤジ、ヨッキれんの前を徒歩で登山し、刈払いしていた?→前人未踏とは言いませんが、定期的に登山者が往来するルートだったの?
・その刈払い、世論の大論争になっているにも関わらず枯木沼のオヤジどもは刈払いをしていたの?
ほかの大冒険史と比較すると少々腑に落ちない点がいくつかあった感想でした。
20,3692015-10-15 00:10:40/road/hakkouda/main7.html10
荒げた自分の息の音、胸の苦しさは、俺は今生きてるんだと感じさせてくれますよね。やべえかも・・・という戦慄もね。
19,5572015-08-04 14:50:38/road/hakkouda/main7.html10
戦前の救農対策で道普請ってのがどうも解せないんですよね、
農家のオフシーズンは概ね冬季ですし、
特に日本屈指の大豪雪地域にわざわざ八甲田に大行軍しますかねぇ。
今ほど効率化されてない農業においてオンシーズンは田畑に付きっきりだろうし。
19,0692015-06-06 18:59:07/road/hakkouda/main7.html10
とても読み応えがありました。全力のヨッキレン、気持ちが伝わって来ました。良い記録です。
19,0332015-05-31 11:42:11/road/hakkouda/main7.html10
お疲れ様でした、第二回の謎の音ですがひょっとしたら天狗倒しでは
ないでしょうか?天狗倒しは日本に古来から伝わる不思議現象で
近年ではアメリカやロシアでも同様の事例が報告されているそうです。
18,7602015-05-05 14:05:07/road/hakkouda/main7.html10
レポートに、初々しさを感じました。
母が、大曲出身(昭和五年生まれ)です。
本件、聞いてみようと思いました。
知っているか、どうか?
18,7342015-05-04 02:45:45/road/hakkouda/main7.html9
寝ちゃダメ!家に着くまでが…です!!(笑)
でも、マジで気を付けて欲しいです。
18,4892015-04-08 16:18:36/road/hakkouda/main7.html9
十和田湖に住んでいたことがあり懐かしく興味深く拝読しました。学生の頃(40年くらい前?)一度縦走したいなぁ〜などと思ったことがありますが、チャレンジしなくて正解だったと思います...。
18,3752015-03-27 21:46:01/road/hakkouda/main7.html10
途中まで見覚えがある気がしながら読んでいたのですが、「しんどいです…」の音声のところで確信しました。これは、数年前に偶然見つけて夢中で読んだ記事でした。
山行がを読み始めて以来、「前に廃道の記事を見つけたことがあるけど、それに書き方が似てるなあ」と思い続けていたので、やはりヨッキさんだったんだとわかってスッキリしました。
17,2142014-11-07 22:15:08/road/hakkouda/main7.html8
死なないで
16,8582014-09-18 21:47:24/road/hakkouda/main7.html10
弘前市に住む者です。自分にはとてもまねはできませんが、興味の持ち方、対象への関わり方次第でこんなにもドラマチックになる場所が身近にあることを学ばせていただきました。それにしても八甲田近辺の道路等の状況が少しはわかるだけに、すべての行程をチャリで踏破されたヨッキれんさんの気力、体力、勇気には感服してしまいました。
16,7772014-09-11 17:11:17/road/hakkouda/main7.html10
一気に読み終えました。

ちょっとした小説よりも面白かったです。
青森出身の身としても考えさせられる部分もあり。

16,5562014-08-16 21:59:05/road/hakkouda/main7.html10
ただただ驚き。良く踏破した。
16,2832014-07-22 21:11:33/road/hakkouda/main7.html10
この公開から10年が経ってるんですね。
今はどうなっているのか気になりますね(^-^)/
15,8892014-06-10 10:43:35/road/hakkouda/main7.html10
おつかれです!! あと、「雲湖(うんこ)」で爆笑したw
15,3892014-04-06 23:15:40/road/hakkouda/main7.html10
何度も何度も読ませてもらってます。
あんなに辛い道なのに、すぐ脇にある草原に逃げないところ、あとちょっとで山頂なのに華麗にスルーするところ...さすがです。
読んでるこっちが(もうやばいよ〜引き返しなよ〜無理だろこれ)って思うのに、諦めないで走破しちゃうなんてすごすぎます‼︎
15,3092014-03-27 19:15:04/road/hakkouda/main7.html10
居眠り走行<目的行為(廃道貫通)以外で死んじゃうのは洒落にならないです。ご自愛ください。
15,2982014-03-25 10:12:05/road/hakkouda/main7.html10
何度読んでもわくわくします。冒険物語そのものですね。
14,2462013-10-20 09:56:11/road/hakkouda/main7.html10
大変ご苦労様でした。よく自転車で縦走しましたね!!
46年前(当時中3、15才)に単独縦走を同じルートで完走しました。当時とはかなり荒廃してしまってますね。まっすぐな砂利道があり、藪漕ぎはあまりなく黄瀬から登山分岐までが笹がふかくルートを外しただけで8時間で走破しました。
わたしが当時、聞いた話だと戦前道路が開通の翌年には通行不能だったそうです。雪による損壊が凄かったようです。
14,1912013-10-15 20:20:11/road/hakkouda/main7.html8
景色が素晴らしかった。
パソコンの画面を通じてではあるが、車道が現役だった頃の景色を楽しみながらハンドルを握る風景に思いを馳せてみたりした。
しかし、実際は、一年を通して雪などに阻まれるような運用期間の短い観光道路であっただろうこと、思いの外利用されない道路であっただろうこと、その結果、現在の荒廃に至ったのだろうと思うと、文中にある「幻の道路」という言葉がしっくり来るように思う。
動画を見たいと思うことが多々あった。
14,1532013-10-11 11:59:33/road/hakkouda/main7.html10
お疲れ様でした!
13,8982013-09-22 18:58:30/road/hakkouda/main7.html10
スゴイです!最高のギリギリ感!!シビれるね〜!!!
13,8612013-09-18 23:06:09/road/hakkouda/main7.html10
凄いの一言です!
13,6442013-08-24 19:49:04/road/hakkouda/main7.html10
すばらしい 感動しました!
13,5132013-08-12 10:34:37/road/hakkouda/main7.html10
素晴らしい踏破。感激、敬意表す。
青森県に住み、この道があるのは、昔の地図で確認できる。貴殿のお陰で、素晴らしい記事に巡り会えた。有難う。

3ページ中 1ページ目を表示(合計69件)    1 | 2 | 3    [次のページ]  

この画面の説明