http://yamaiga.com/road/matunoki/ の公開中コメント一覧

(平均点 8.51点 / 投票回数 1544人)

1ページ中 1ページ目を表示(合計30件)   
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
30,7942019-01-04 19:41:14/road/matunoki/main4.html10
あんな崩落地点をチャリ片手に突破するとか、絶句するより他にない。
無事生還できて本当に良かったと思います。
30,4972018-11-25 04:13:15/road/matunoki/main4.html10
分解して輪行袋に収めて進むのもありかな
30,0022018-09-16 23:47:13/road/matunoki/main4.html10
感無量です。
27,6952018-01-18 22:43:16/road/matunoki/main4.html10
1977年8月に親戚の人と一緒に車で旧鳥海町から旧雄勝町に抜けるため松の木峠を越えました。
未舗装で幅約3mちょっとで引き返すに引き返さずそのまま超えましたが酷い悪路でした。
崩壊地点辺りで車で通ったら路肩がズルズル崩れて怖い思いをしました。
峠付近でタヌキが飛び出してきて思わず急ブレーキをかけたのを覚えています。
27,0422017-10-27 16:25:22/road/matunoki/main4.html9
もう15年以上前のこととは言え“危険行為は避けてください” レポートを楽しみにしています。レポートが突然終わってしまうようなことは絶対にやめてください。
26,3882017-08-23 18:42:12/road/matunoki/main4.html9
崩落具合がすごいですね。
24,4272016-12-19 19:17:45/road/matunoki/main4.html7
現道で道路工事の仕事に立会いましたが、100m位の片側規制でも偉い溜まりますよ、車。
遅めの車に続いてある程度まとまって来るわけです。
そのせいか、来ない時は全然来ない。
24,0992016-10-21 23:45:21/road/matunoki/main4.html10
本当に勇気ありますね!w
18,3342015-03-24 23:21:51/road/matunoki/main4.html10
例の崩落地、70年代の航空写真を見ても真っ白ですね…
16,7052014-09-04 01:37:17/road/matunoki/main4.html9
ロマンがあっていいですね
私も探検してみたいとも思いますが
ただ滑落や熊の出没など危険が潜んでいてやはり普通は行くもんではありませんね
そんな中で貴重な写真や状況を見れて非常に面白かったです お疲れ様です
16,2542014-07-19 19:40:53/road/matunoki/main4.html10
悪路として有名だった松ノ木峠ですけど昭和50年代末から整備の手が入って、かなり走りやすくなったと記憶してます。
それでも鳥海村側は普通車が交差しようと思ったら山側の土側溝に脱輪する必要があるような道でしたが。
16,1032014-07-01 15:33:31/road/matunoki/main4.html10
学生時代、アルバイト先の友人とレンタカーを借りて、開通間もない「東北縦貫道」で十和田湖まで行き、帰りは日本海側を南下して、帰ってきたことがあった。当時はナビなどという便利なものはないので、助手席に座ったものがロードマップを広げ、運転手に道案内をしたものだった。そして、荘内から山越えをする道を選んだのが魔の国道13号でした。峠の道路に入るまで道は、広く完全コンクリート舗装の道路だったので、このまま山形県まで順調に行くものと思っていたが、集落を過ぎると直ぐ道は狭くなり、いきなり道路を両側から木の枝が被い被さる様な林道になってしまった。
今から40年以上も前の話ですが、当時も本当に怖い思いをして峠超えをした記憶が鮮明に残っており、その恐怖とは裏腹に、峠の手前の崖っぷちから観た日本海側の雄大な眺望はなんとも言えず素晴らしかった。確か峠でオムスビと雄勝峠という標識の前で記念写真を撮ったのだが、今どこにあるかわからない。これまでまた一度あの景色が観たいと思って調べていたがわかりませんでした。このブログを読ませていただき、初めて「おがつとうげ」でなく「おがちとうげ」であったこと。間違って入り込んだ道が国道13号であったこと。今は廃道で通れないこと(残念。チャリで行く歳ではない。)そして、当時の記憶がよみがえってきました。数十年来つかえていたものがなくなりました。いや、それにしても死なずに済んでよかったですね。亡くなっていたら、この記事を読むこともなかったのですから!本当にお疲れ様でした。そして、感謝いたします。ありがとうございました。
ちなみにレンタカーは、初代シビックでした。
来年還暦を迎える群馬のMです。では・・・
14,5212013-11-18 08:25:25/road/matunoki/main4.html7
崩落さえなければ… 危険な崩落突破さえしなければ…。 眺望も良い舗装道路故 良いガイドだったのに…と思いまする。行けない者のためには有難い画像だけれど、命は大切になさってくださいませ。
14,1472013-10-10 14:06:12/road/matunoki/main4.html10
最高です!
13,3422013-08-02 10:09:02/road/matunoki/main4.html10
お疲れ・・・
何度言ったらわかるんですか?
俺を心配させないでください【怒】
12,5432013-04-20 09:56:27/road/matunoki/main4.html10
無事の生還おめでとうございます。
読んでいるこちらも、ハラハラしました。
10,8112012-10-12 23:12:26/road/matunoki/main4.html10
免許取り立ての1992年頃に友達6人と訳も分からず通った記憶があります。
その頃から多少の崩落はありました。
しかも通ったのが夜中なもんですから、目の前にいきなり大きな石が転がっていたりして、友達全員でどかして通ったのが、思い出されます。
あの頃の記憶が蘇えり懐かしく感じました。
レポート有難うございました。
9,5532012-04-09 01:33:41/road/matunoki/main4.html10
私は幼少時代の昭和26年頃、当時由利郡直根村(鳥海町直根)に住んでいましたが、ここから雄勝に行く人はいなかった気がします。
なるほど、その当時でしたら、獣の道だったでしょうね。
9,4672012-03-29 15:42:45/road/matunoki/main4.html10
祖父の生まれがこの先の矢島町で、免許を取ってから
クルマで何度か新道トンネルを抜けた事がありました。
地元の親戚の叔父さん達に、旧道の話を聞くと、結構
湯沢方面との往来に使っていたもんだぁ・・・と言って
いました。鉄道で言えば矢島線の終点の、そのまた奥の
鳥海村(町)の先の峠・・・ 本当の秘境と言っても過言
ではない場所だと思いました。

東京都世田谷区在住    齋藤隆史
http://ameblo.jp/ryushi-s/
8,9312011-12-23 22:15:21/road/matunoki/main4.html10
今日、通ったのでネット検索したら、ヒットしました。20年以上前に通った、旧道の松の木峠懐かしいです。見た事なかったけど、あの崖崩れでは、通れないですよね。素晴らしい情報ありがとう。
8,8312011-12-12 22:20:06/road/matunoki/main4.html10
レポートを興味深く読ませていただきました。
私は、松ノ木峠の地元・鳥海町在住です。
ものごころついたころには、既に通行不能になっていました。
父親や叔父たちからすごい道路(ヒドイという意味で・・・)だと聞かされていましたが・・・・
今では新・松ノ木道路のおかげで冬期間も通行ができて、非常に助かっています。
昔はどういうことを目指して、望んであの道路をつくったのか?
今となっては・・・・
また新しいレポートに期待しますが、くれぐれも無理はなさらないようにがんばってください!
7,9782011-08-28 20:59:43/road/matunoki/main4.html10
1998年に兄とチャレンジしたことがありますが、崩れ方がひどく走破できませんでした。ここまでルポしていただいて恐縮です。
6,8642011-04-26 13:31:34/road/matunoki/main4.html10
1994年、秋に車で通っつたことがあります。「通行止め」でしたが無視して進んでいくと、「こんなところでなにしてるんだ」と、工事のおっちゃんに怒鳴られたので「この道しか知らねえんだよ、この野郎」と、怒鳴り返すと、あっさり通してくれました。その先、落石がとても多く怖かったです。
6,8442011-04-18 22:38:56/road/matunoki/main4.html10
どーも。とある群馬県民です。これはこの後いくつもの大崩壊を乗り越えるその原点となったような道ですね。こういう国道の旧峠大好きです。国道108号って、あの鬼首峠がある道ですか?
6,4052011-02-25 08:32:58/road/matunoki/main4.html10
私は20年ほど前、仙台に住み、仕事で秋田・青森担当でした。(現在、京都府宇治市在住)秋田にも2年近く在住しており、この108号松の木峠をこえて本荘から湯沢へ抜けたことがあります。地図上は繋がっているのですが、大変な道でした。
夜だったので周りはあまり見えませんでしたが、途中砂利道だったようで(写真を撮ったのですが、夜なのであまりわかりませんが)、もしかすると新しい道を作っていたので、う回路かもしれませんが、ひどかった記憶があります。よければ写真を見てほしいのですが。れーポートを拝見し、すごいところを知らずに走っていたのかと、感心するや、驚くや、楽しく拝見しました。今後ともレポートを楽しみにしています。
6,1012011-01-27 12:56:02/road/matunoki/main4.html10
今更とは思いますが、情報提供。秋田県による評価です。

http://www.pref.akita.lg.jp/www/contents/1134982061448/files/052.pdf
5,9052010-12-30 12:52:28/road/matunoki/main4.html10
新道のほうは、5年以上前に2回くらい通りましたが快適でした。対向車はほとんどありませんでした。
5,4522010-11-03 17:51:52/road/matunoki/main4.html10
休みを利用して現地を見に行ってきました。
といっても27のゲート部分から崩落地を見上げる程度ですが・・・アレを越えたんですか・・・チャリを引っ張りながら・・・
すごいですねー・・・(絶句
5,3892010-10-28 21:17:53/road/matunoki/main4.html10
こわいですね。
落ちたら遭難しちゃったへぇ〜そうなんてことになりかねないなぁ〜
4,1592010-08-05 23:35:26/road/matunoki/main4.html10
投票1000回目クリア。

くれぐれも、気を付けてください。山チャリも重要ですが、命の方が大事ですよ!今後も、決して無理をなさらないでください!

1ページ中 1ページ目を表示(合計30件)   

この画面の説明