http://yamaiga.com/road/nippara/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.13点 / 投票回数 2681人)

3ページ中 1ページ目を表示(合計61件)    1 | 2 | 3    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
34,4192020-04-29 09:14:36/road/nippara/main7.html10
やばいわ、これ・・・
34,3192020-04-12 06:47:43/road/nippara/main7.html10
ここ数年で何度か日原を訪問していますが、ネットにも情報の無かった坑道を見つけたりして本当に魔境のような地だなと思います。
新日原トンネルはよく地中の既設構造物を避けて掘削できたなと…(それ故のM字カーブ?
33,9722020-02-25 10:20:33/road/nippara/main7.html10
非常に面白かった
33,9112020-02-17 23:48:37/road/nippara/main7.html10
旧道、酷道について調べててたどり着きました。
まず普通の人では道とは思えないところを進撃(?)されてて驚きました。
他のレポートも興味深く読ませていただいています。
これからもお気をつけて探索されてください!
32,9602019-10-17 02:25:52/road/nippara/main11.html10
ニュースで都道の崩壊で山道を歩いてしか〜
みたいな感じでこの小菅の古道をみたいなところを歩いていましたがここであってたのだろうか。
なんにせよ早期の復旧が願われますね。
32,9462019-10-14 23:33:25/road/nippara/main7.html10
日原の都道が崩れたニュースを見て、読み返しました。早い復旧をお祈りします。
31,8362019-05-28 15:35:49/road/nippara/main7.html10
2019年5月28日、現地へ参りました。
「伝説の100メートル」に少しだけ入り(落石防止ネットまで20メートルほど)、人の背丈を越えるほどに育った潅木のヤブのモサモサに引き返しました。芋虫毛虫が・・・

これからの探索も、お体に気をつけて頑張ってください。
30,3932018-11-14 21:35:03/road/nippara/main11.html10
昔の人はすげーな。
30,3922018-11-14 19:49:35/road/nippara/main7.html10
危ねえ!
29,9162018-09-07 18:07:35/road/nippara/main3.html10
こんにちは。
このサイトの存在はもちろん存じ上げておりましたが。
ウルトラシリーズの第一弾の特撮テレビ番組「ウルトラQ」の、さらに第1回放送の「ゴメスを倒せ!」に出てくるトロッコのことを調べているうちに、こちらへたどり着きました。

実は、この「ゴメスの倒せ!」のロケ地の一つが、日原トンネル(この記事中では「旧道」)の、建設現場だというのです。廃トンネル内へ探索に入られた、東側の坑口付近が、その地とのこと。

なお、ファンの方が考察されているサイトが、こちらです。
http://qqquuu7.web.fc2.com/gomesu.html

放送は1966年1月2日ですが、ロケは1964〜65年に行われたようです。

一つのトンネルの、建設当時の模様(Amazonプライムなどで「ウルトラQ」は見ることができます)から、完全に廃墟となった今の状態まで。ネット上で見ることができるようになったとは、いい時代だと思います。
29,5792018-07-30 03:48:07/road/nippara/main7.html10
かつて80年代に放送されていた、朝日放送系の[水曜スペシャル]の、川口浩の洞窟探検の気分で、最後まで興味深く読んでしまいました。

東京の多摩奥地に、石灰石の鉱山があるのは地図で何度も見ていましたが、その歴史を垣間見れ、またその日原方面への交通の要所だった道が、こんなにも人的に無残な姿にされたとは、興味が尽きません。
楽しゅうございました。
29,0462018-06-01 22:28:57/road/nippara/main11.html10
本日、大沢からの登り途中にあるちょうど白妙橋付近のトロッコ軌道橋上先の巨岩のヘアピンから派生する無名廃林道へ探索に出かけました
そのまま進撃すれば採掘場南のトロッコ軌道橋の更に少し南で日原川を渡るはずでしたが根性がないので数箇所の崩落地点を超えはしたものの精根尽き果て撤退 古道をそのまま転用した整備林道かと思いました
27,1732017-11-22 00:24:31/road/nippara/main7.html10
この話を読んでる自分が手に汗を握ってましたww
日原は奥が色々な意味で深いですね
25,0732017-02-27 19:36:59/road/nippara/main7.html10
奥多摩駅〜日原鍾乳洞を歩いた後、この道のことをもっとくわしく知ろうと検索して、このサイトに着きました。想像の遥か上を行く経路…じゃなかった、お話を拝見できました。ありがとうございました。
24,5822017-01-04 12:23:12/road/nippara/main11.html3
「カーブの外側に申し訳程度に駒止が設置されている…。
ケチケチするなよ……。」
不法侵入者が何言ってるんですかね。
24,3832016-12-12 20:59:39/road/nippara/main7.html10
後日の日原探索(最終?の5期道)を読んでから、
初回を読み返ししたら、ほんまオモロイ。

登竜橋旧橋ガードレールの切れ目、
下をのぞきこんでたら、
探索の順番も変わっていたでしょうかw
23,7472016-09-19 22:05:02/road/nippara/main11.html8
実は怖かった場所が江戸の古道への入り口でしたとか
22,3372016-03-30 14:36:01/road/nippara/main11.html10
日原古道、発見の感動と無念の撤退。
ドラマやねぇw
22,3362016-03-30 12:03:47/road/nippara/main7.html10
日原隧道と消えた都道。
制覇した感動が吹き飛ぶ新発見。
ぃゃ、スゲー
22,1352016-03-14 17:18:24/road/nippara/main7.html10
最高!
何回か行ってるけど気づきませんでした!
20,2802015-10-09 00:12:09/road/nippara/main7.html10
凄すぎます!!
18,8162015-05-11 23:31:18/road/nippara/main7.html10
非常に懐かしい旧日原隧道。約40年前の中学生時代、自宅のある調布から自転車で日原鍾乳洞へ10回以上行った記憶が鮮明に残っています。コメントにもありましたが、この隧道入口少し前に待避所のようなスペースがあり、そこに信号機がありました。数分の短い時間で変わるので、自転車では気合い入れて走らないと対向車が来てしまうことも。この隧道手前に坑口があり鉄製の扉で覆われていた場所がありましたね。どうしても入りたく、施錠されていない扉から入り200m程度行きましたが・・・果てしなく直線トンネルが続き(照明用蛍光灯で判断)、左右にも数知れずトンネルがあった記憶があります。旧日原隧道内の側面はコンクリートではなく、手掘りの土だか岩だか分かりませんが、真っ黒で恐怖感が今でも蘇ります。この旧日原隧道から隧道の魅力に取り憑かれてしまってます・・
18,2492015-03-17 18:45:06/road/nippara/main11.html10
最後まで行かれるのかと、ドキドキしながら拝読させていただきました。大きな怪我もなく良かったです。
17,3202014-11-22 16:19:35/road/nippara/main7.html10
いやすごい。親知らず子知らずとゆーか、こうした難所をよくまぁ。ご無事でなにより。
16,1332014-07-05 03:12:23/road/nippara/main7.html10
かなりドキドキしました! 怖くて私では絶対に行けない所を体張って書かれたレポート、大変貴重で畏敬の念を抱かずにはいられません。
16,0612014-06-27 00:25:55/road/nippara/main7.html10
峠道を走るのが好きで、ネットサーフィンしたところでここに行きつきました。羽村在住なので、意外と近くにあったんですね・・。日原鍾乳洞は、数回訪れていますが、こんな旧道があったとは驚きです。
とりあえず、車で行ける範囲の多摩地区の都道は制覇してみたいと思いますー
14,9522014-01-26 10:24:02/road/nippara/main11.html10
こういうレポートは大好きです。
これからも続けて頂ければ嬉しいです。

頑張ってください。
14,4902013-11-15 22:29:11/road/nippara/main7.html10
シビれるねぇ!
14,4222013-11-10 18:45:32/road/nippara/main3.html10
SUGOI
13,9222013-09-25 18:50:08/road/nippara/main11.html9
先ほどの神奈川県出身の沖縄県在住の者です。(>_<)お疲れ様でした!いやぁぁ…無事に戻れて本当に良かったです! 一度に無理をせずに 引き返す事も勇気なんですね、拝見していて本当そう感じました。江戸時代の道と大正時代の道に出会いたかったけど 無事に生還してこそ語れる事。まるでエベレストや難しい山への道程の物語のようです! いつか その先にある 昔に取り残された景色、観たいです。

3ページ中 1ページ目を表示(合計61件)    1 | 2 | 3    [次のページ]  

この画面の説明