http://yamaiga.com/road/npr526/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.24点 / 投票回数 2467人)

6ページ中 1ページ目を表示(合計173件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
34,5452020-05-13 00:06:16/road/npr526/main7.html10
暗峠は通ったことがあるので分かりますが、あのレベルのキツい勾配でしかもあの質の道とは…最後の崩落区間は見ているこちらもヒヤヒヤするものでした。
ありがとうございました。
33,7092020-01-13 01:08:59/road/npr526/main7.html10
本当に全線通行可能だった時期があるのかと疑いたくなる激坂激狭ですね。地図だけ見て「おもしろそう」とか「ショートカットできそう」(???)と入り込んでみたら泣きそうです。

途中の集落の部分は読んでてありきたりですが、人間は便利さを得ると共に昔の人が持っていたような「人間らしさ」を失いつつあるんだろうなと思いました。
33,3172019-11-30 04:34:40/road/npr526/main7.html10
たとえ通れたとしても、大正橋側からえっちらおっちら登っている時に、
西山側からダウンヒルにモノを言わせてヒャッハー状態で駆け下ってくるバイクやチャリがあれば
(たとえ登る車が停止していたとしても)彼らは当然急には停まらないのでほぼ確実に正面衝突するか谷にダイブしますね…
整備したからと言って誰彼構わず解放するのも問題ありかなと思ったりします。
現状は蒲池側さえ開通していればよく全線通れなければ生活できないというわけでもない。
無住、無耕作地帯や激坂区間はあくまでも電力会社のテリトリーに留めておいて、
普段は何だかんだ理由をつけて封鎖しておいた方が“ことなかれ主義”としては良さげです。
32,4722019-08-18 14:22:24/road/npr526/main7.html10
リベンジおめでとうございます!手に汗握るレポート、楽しく拝見しました。。。
32,3832019-08-11 17:13:26/road/npr526/main7.html10
素晴らしい、ケガしないでください
32,0622019-06-27 05:12:49/road/npr526/main7.html10
今は通れるようです。
32,0332019-06-22 14:31:14/road/npr526/main7.html10
昨日、久しぶりにR148を通ったら大正橋手前の空き地に現場事務所が建っており、
526は舗装され直していたようでした。
道幅も大型が入れる程度に広がっていたような?
いずれにしても道路としての改修ではなく、奥で何らかの工事を行うための工事用通路としてのことだと思いますが。
31,4442019-04-01 01:52:50/road/npr526/main7.html10
低脂肪乳ふいた!激坂直滑降から直角カーブ酷い。
暗峠はレポートにしないんですか?
29,5182018-07-23 02:10:51/road/npr526/main7.html10
(´Д`)ノ 鼻から牛乳の激坂下り。

新潟のレポは特に大好きです、私は住んだ事はありませんが私の体を流れている血はすべて新潟産?です。親戚もいっぱいいます。
29,3812018-07-07 16:49:46/road/npr526/main7.html10
県道526号線、残念ながら通行止めになっていた。
冬季通行止め→規制なし→再度災害による全面通行止め。少しずつでも直しているのかな?
29,1322018-06-10 16:25:01/road/npr526/main7.html10
毎度おなじみのグーグルマップで見ると、ストリートビューが蒲池から中上保まで行ってますね(撮影は14年9月)>そこから先は道路改善工事とかで通行止め。
西山側も、鉄塔工事?か何かで多数の車両が見えてます。
例の直角カーブ付近の鉄塔近くに平場が出来上がって、こっちにもダンプと思わしき車両が複数止まってますから、あそこまでは、道がまともに開通してそうですね>2015年時点で
29,0572018-06-04 00:43:31/road/npr526/main7.html9
県道526号線。新潟県のwebを見ると通行止めが解除になった模様。 ホントに通れるのかな?
夏休みに体験してこようと思います
28,0852018-03-01 15:55:08/road/npr526/main7.html9
命がけの廃道レポートに、感動しました。
27,5772018-01-07 07:48:56/road/npr526/main7.html10
こんな急坂が県道とは驚愕いたしました。ここを現役時代に通れる車は道幅からしてもジムニー位ではないでしょうか?バイクならトライアルマシンとかエンデューロマシンのような、なんにしても「特殊用途」に限るような。何しろ自転車を置くだけで保持できなくて滑落するのは、呆れる。
27,1172017-11-10 12:43:18/road/npr526/main7.html10
ヤフーの地図には未だに普通の道路として描かれていて、
なおかつ蒲池側には公式の通行止看板がない(通り抜け不能は通行止看板ではないので)……

なぜに佐久間ダム左岸みたいに廃道にならないんでしょうね?
27,0392017-10-27 09:40:38/road/npr526/main7.html10
初めまして自分の亡き祖母が大前西山(大正橋近く)にすんでいたのでとても懐かしく思えました。
自分が子供の時愛知から盆、正月親と行きました。
県道526号線は祖父の墓参りで言った記憶があります。とても急な道で怖かった記憶が残っています。
26,9702017-10-20 20:39:45/road/npr526/main7.html10
実況を見ているようで、リアリティーがあった。
26,1522017-07-28 10:00:55/road/npr526/main7.html10
すっごい坂ですね
24,6242017-01-09 14:10:53/road/npr526/main7.html10
うp主GJです。糸魚川に住んでいますが、こんな廃集落や廃道があったのは知らなかった。ここを道路指定したのはさすがに凄いと思います。
22,6572016-05-08 07:28:35/road/npr526/main7.html10
いつも、楽しく拝見しております。
レポートの途中に、
「ちなみに、大糸線の鉄橋の向こうに見える長大なロックシェッドは、国道148号である。
おそらく日本一長いロックシェッドだと思うので、いずれレポートしたい。」とありましたが、

姫川をはさんだ向こう側に、おそらく日本一長い 廃 ロックシェッド! と思われるものが見えますので、いずれレポートしてください。
22,6412016-05-06 00:20:30/road/npr526/main7.html10
何故か未だに崩壊区間が(県道扱いではないが)道としてヤフー地図に載ってるんだが...
22,0022016-02-28 21:10:00/road/npr526/main7.html10
不通県道のレポート大好きです!それより前もそうなのですが、特に手書きの封鎖から先の荒れ様は地形に復讐されたような雰囲気ですね…。
本レポートも楽しませていただきました。くれぐれも、安全にお気をつけて探索してください。
20,6312015-11-11 04:11:05/road/npr526/main7.html10
 拝啓、過酷な復讐取材御足労様です。小生も以前秘境駅の触込みが有る小滝駅を汽車にて訪問致しましたが目の前の斜面でそんな苦労を2度に渡りなさっていたとは、貴殿はハイカーや一部の雑多なマニアと括られる者共とは一線を画す性質(性癖?)をお持ちである御仁とお見受けしました。現地を訪れた印象としては秘境といふ割に隠れ里の如く鬱蒼とはしておらず、急斜面の川岸.九割方が川面の谷底.なかなか見当たらない人工物.どの辺りに通っているのか認識し辛い道路.とかなり豪快で開けっ広げ(御開帳)な雰囲気で、ジオラマで再現すると特徴の乏しいプロトタイプ的で至極雑な仕上りになりそうな景観でした。駅前の斜面は広い範囲で木が生えておらず一面の雑草で、復旧現場と云うより遺棄された鉱山開発のベンチカット面的面持ちでした。実際には法面よりも県道が放置プレイによる調教中で一部に新道開発(意味深)が為されているとは、ドMには過保護なお仕置き(失礼)を受けていたんですね。案外役所の担当者(S?)とは相性抜群なのかも知れません。さて途中地滑りに話題の視度が合っていましたが、当方は国交省直轄の地滑り対策工事内で作業する機会がありました。内容は汚染調査で本体工事と直接の関わりは有りませんでしたが、なかなかに大掛かりな施工規模でした。中でも印象的なのが山一面をブルーシトで覆い尽くし、白装束(福島第一原発構内等で着用してる使い捨てのつなぎ服)にガスマスク装備で作業してました。なんだか北陸のP・W研●所の如き異様な空気感の現場風景で(螺旋シールは有りませんでしたが)、無事帰宅出来るかがゼロ災害以上に心配事でした。中には地中の状態を管理する為に斜面に穿たれた小振りな観測坑に、さらに小振りなトロッコで入坑していました。宛ら鉱山通勤の1円列車を彷彿とさせる光景で、非現実的な状況の中にも懐かしさを憶える次第です。場所は暗峠の南方県境に位置し、狭まる谷に線路.大河川.幹線道路が陣取り合戦を繰り広げる様は姫川流域と共通しています。付近は送迎車両の横付けが憚られる駅前や、部落の入口に地元住民最優先で通過車両に敬遠仕向ける標識が府道上に設置されていたりと物々しい土地柄にあります。貴殿のお膝元からは遠隔地ですが関心が向けば是非御賞味あれ。
19,6582015-08-16 19:12:21/road/npr526/main7.html10
此の県道の当初の構想がこんな形で頓挫していたとは・・・!
19,6312015-08-13 00:54:04/road/npr526/main7.html10
すごい坂ですね
18,2872015-03-20 05:43:43/road/npr526/main7.html8
おk!
17,6842015-01-04 10:52:34/road/npr526/main7.html1
> 県道526号の激坂区間が
古い航空写真には送電線に沿った道は見当たらないようだが…。
17,0882014-10-23 16:14:28/road/npr526/main7.html9
平成5年(1992)年にこの県道をワンボックスカーで走ったことがあります。そのときは、途中の集落も今の写真よりは活気があったように思います。また、途中には滑り止めの砂がところどころにおいてあったように思います。
16,9522014-10-06 18:28:52/road/npr526/main7.html10
また台風が来ましたね。
今回は中部地方の被害か大きかったようです。
中部周辺の道路が心配です…
16,7632014-09-09 16:03:43/road/npr526/main7.html10
無事帰還出来て何よりでした。なんともすごい道だと感心(?)しました。。。

6ページ中 1ページ目を表示(合計173件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6    [次のページ]  

この画面の説明