http://yamaiga.com/road/r158_saru/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.21点 / 投票回数 1630人)

1ページ中 1ページ目を表示(合計19件)   
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
30,0142018-09-18 12:53:21/road/r158_saru/main2.html8
「ニュース映像でも使われており」とあるので検索してみたらyoutubeに有りました。
https://www.youtube.com/watch?v=ZS16PYSuZcI;t=21

・・・自然パネェ・・・
26,9902017-10-23 03:41:09/road/r158_saru/main2.html10
大崩以上の土砂…想像もつきませんが歪んだ天井は本当にいつ崩れてもおかしくないんでしょうね。
人的被害がないようなのがなによりですが…。
26,1382017-07-25 21:08:31/road/r158_saru/main2.html10
迅速な対応できる行政があってよかった。
25,8062017-06-03 01:52:02/road/r158_saru/main2.html10
かわいそうと言うほど酷い表現か?
公開処刑も哀れというのも事実じゃないか
25,7932017-06-02 07:34:25/road/r158_saru/main2.html9
出た。

全国のお茶の間で公開処刑を食らった、哀れな洞門。

これはちょっと洞門がかわいそうじゃないですか...
そこまで言わなくてもいいじゃないすか
24,3262016-12-01 22:48:07/road/r158_saru/main2.html9
あの日、対岸の橋場集落では前夜から岩が落ちる音が聞こえていたそうです。それで役場職員(当時は観光課長か総務課長記憶が曖昧です)が夜明けの時点で村長に連絡をして、村から国道事務所へ連絡して、協議の上、村職員と工事関係者そして国道事務所職員で通行止めをしました。
そして最後に村の車が安全確認で通過して閉鎖し、そのほぼ直後崩壊は起きました。
なお、その課長はさるなぎ隧道の真向かいに住んでいたので、記録をとるために家に帰り崩壊する模様を撮影しました。
最初の仮設道路は、こちらの最後の写真の奥に見える左側に膨らんだ駐車帯の処から急な道で河底へ降りました。
また、のちに作った河底の仮設道路はこの写真にはありませんが、更に1キロほど上流の「宮沢洞門」の上流側に河底への斜路(今度は観光バスなどを考慮して緩い坂」を作り河底の河原に土盛りをして途中からはL字型のコンクリブロックを土留めにして、仮設道路を作り、島々谷の合流付近で国道に戻るようにしました。
写真を拝見すると、6:54の頃の島々を眺めた写真幾つかに仮設道路の残骸が写されています。
6:54の写真の対岸に見える川に沿った緑地。
その次に橋場が写されている写真の上が少し平らに見える土盛り。
間3枚置いて、対岸の河底の緑地。これらは橋場の河岸を保護するために確か残された土砂です。
それと勘違いになるかも知れませんが、「ふ  ふぅ〜…  

  生還。」という記事の横の写真に見える立木の隙間が応急仮設道路の部分ではないかと思います。(これは少し自信がありませんが)。
河底の道は秋の紅葉の時はもの凄く綺麗でした。
以上長々と申し訳御座いません。
23,4842016-08-21 16:41:03/road/r158_saru/main2.html10
母の実家に行くときに158号に通るので印象に残りました。
23,4332016-08-16 18:33:51/road/r158_saru/main2.html10
地元民です。まったく問題ない表現だと思います。
犠牲者出てるならアレでしょうが・・・

なんかゴタゴタぬかしてるのがいますが、事前に通行止めにされ、犠牲者もなく、さらに土木技術の発展に資した災害だと認識しています。何が気にくわないのか、同じ地元民として理解できないかつ、代わりに謝罪します。すみません。

そしてここは趣味のサイト。趣味であるなら多少の笑いは必要。趣味の世界には人にはわからない感情があるのは誰しもそうだろう。それを理解できないような幼稚な人間が文句を言う道理はない。
22,3662016-04-03 07:56:56/road/r158_saru/main2.html10
猿なぎ洞門・・天井崩壊したら、
なにも残らないですね
21,2282015-12-29 10:43:30/road/r158_saru/main2.html9
 現地住民ではありません。
 「四季折々、雨や夜のシチュエーションでも見てみたいと思ってしまう私は、変態だろうか」
 はい変態です。私も同じく、少なくとも死者が出てればそんなことは言わない程度の常識は保った変態です。ごめんなさいね。
14,5362013-11-19 05:04:21/road/r158_saru/main2.html10
残念ながら 人間の作ったものなどこの程度なのですね。隕石降ってきたらコンクリートアーチの中へ退避などという安易な考えは捨てます。犠牲者が出なかったのが唯一の救いでしょう。このまま残して戒めにしなきゃアカン。
14,3972013-11-08 17:23:54/road/r158_saru/main2.html8
自然の力の前には、人知の土木技術は風前の灯火だと実感した。
しかし、レポート内にもあるが、崩壊抑制工事をされた土木技術者達に、エールを送りたい。それでも、自然の前にはつけ刃だろうが…。
14,3312013-11-01 18:01:48/road/r158_saru/main2.html1
現地住民です。
災害があった場所をそんな言葉で表現しないでほしい。
11,2622012-12-07 18:34:19/road/r158_saru/main2.html1
災害が在った場所に対する文章じゃ無い。
主語・修飾語・述語の順序がおかしいので、読んでいて気持ち悪い。
10,1942012-07-21 13:40:45/road/r158_saru/main2.html8
ん〜・・・日本の国道の闇を垣間見たか・・・。
5,4232010-10-31 23:28:25/road/r158_saru/main2.html10
「土木情報サービス いさぼうネット」というサイトにて、猿なぎ洞門崩落の動画が公開されていました。一瞬で破壊された映像に、人的被害がなくて何よりと心より思いました。
身近に北海道豊浜トンネル崩落事故があり、当時中学生だった私は、崩落岩盤の発破作業のテレビ中継に釘づけになっていたのを思い出します。
道が廃される理由は色々あると思いますが、災害が元で抹消された道に、不謹慎ながらどうしても興味を持ってしまう私としては、今回のレポは非常に強く惹かれました。
事故に気をつけて、今後も更なるご活躍を楽しみにしています。
4,7042010-08-28 19:17:55/road/r158_saru/main2.html10
あの天井は、やばすぎですって。
4,0792010-08-02 13:04:31/road/r158_saru/main2.html10
天井が崩れたら、洞門は・・・。
1962009-10-29 01:10:43/road/r158_saru/main2.html10
>崩壊の凄まじさをマジマジと感じさせる洞内風景。
四季折々、雨や夜のシチュエーションでも見てみたいと思ってしまう私は、変態だろうか。

申し訳ありませんが・・・変態だと思いますΣ( ̄o ̄;)
写真を見るだけでも生命の危機を感じるような天井の湾曲具合と、亀裂の入り方。。。すぐに逃げたい!
しかし、何故かこのレポがお気に入ってしまった一つなので10点です。

1ページ中 1ページ目を表示(合計19件)   

この画面の説明