http://yamaiga.com/road/titibuko/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.38点 / 投票回数 1654人)

4ページ中 1ページ目を表示(合計98件)    1 | 2 | 3 | 4    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
32,3952019-08-12 19:22:11/road/titibuko/main4.html10
秩父湖橋の渡って右側に行かなかったのはヨカッタ!?・・・かなりの心霊スポットみたいです(゜Д゜;)
31,5882019-04-26 02:44:18/road/titibuko/main4.html9
(´Д`)ノ どーもー
31,4642019-04-04 23:49:55/road/titibuko/main4.html10
古い観光地系は面白いね!もっと廃キングや廃クリングをお願いします!
30,5332018-11-29 12:20:19/road/titibuko/main4.html10
恐怖感が伝わってきました!
30,4662018-11-22 01:36:41/road/titibuko/main4.html9
栃本関所跡に車を置いて和名倉山から秩父湖に下りてきた際の近道を探していたらこのサイトを見つけました。
1.5km地点、これ単独行では絶対無理と思ったところを進んでおられたのでビックリしました。山登りの荷物を持って疲れた体で行くところではないですね。とても参考になりました。情報、ありがとうございました。
29,1852018-06-18 03:07:26/road/titibuko/main4.html10
ここは現役時代でも途中まで入って後悔したかもしれないような道に見えました…。
28,6252018-04-18 10:57:18/road/titibuko/main4.html10
素敵です!
28,1082018-03-03 16:08:06/road/titibuko/main4.html10
ホントに死亡事故があった場所なので、自分はつり橋だけで終わりました。
その先がわかったので感激しました。
27,9062018-02-13 19:45:21/road/titibuko/main4.html10
まだ駒ヶ滝隧道が通れた頃、早朝に、そこを抜けて秩父湖北岸の湖岸道路を車で走ったことがあり、秩父湖橋も見ましたが、この一帯の光景には、車窓からでも何か不気味な佇まいを感じたのを思い出します。まさかその対岸にハイキング道路があるなど、当時は思いもしませんでした。紅葉シーズンなら、もう少し違う印象を持ったかもしれませんが。一連の日原レポートの妹分みたいな「ゾクゾク感」を味わえました。
27,7592018-01-28 22:42:31/road/titibuko/main4.html10
旧大滝村栃本の民宿村がすべて閉業した頃と重なっていそうですね。
27,2022017-11-23 20:16:44/road/titibuko/main4.html9
1981年、埼玉大学生だった私は山寮での実習の一環としてこのハイキングコースを一周しました。当時は整備されていてとても歩きやすかったことを記憶しています。
25,6082017-05-07 00:25:17/road/titibuko/main4.html10
素晴らしく面白いです。
さて、この記事にたどり着いたのも心霊スポットからです。稲川淳二さんが来ている埼玉でも有数な吊り橋を全くそのような話が無くレポートされていて驚きです。
ほんとご無事でなによりです。
25,0352017-02-22 22:24:48/road/titibuko/main4.html10
死んでもおかしくない()
24,4262016-12-19 13:28:39/road/titibuko/main4.html9
私が橋を渡ったのは川又までバスが来てなかった1960年代後半。雁坂峠往復の帰りだった。まだできたばかり対岸で休憩して帰ってきた。その後一周した記憶も有るが今はこうなっていたのですね。今後も楽しみに読みたい場所がいっぱいです。真倉切割を読んでいてここにたどり着きました。切り割りは今度行ってみよう
19,9152015-09-05 09:22:39/road/titibuko/main4.html9
貴重なレポートありがとうございました。

あまり変な所に行って呪われないよう気を付けてください(^^;
19,5612015-08-05 00:47:35/road/titibuko/main4.html9
私も通ってみましたが、難所で引き返しました。実際で見るともっと怖く見えますね。
19,2532015-06-21 15:23:33/road/titibuko/main4.html10
今はもう、駒ガ滝トンネルも封鎖され、吊り橋の向こう側も崩落が激しすぎて渡れません....とてもうらやましいです。
17,9002015-02-02 17:56:57/road/titibuko/main4.html10
ホントかウソか幽霊で有名ですが、知ってたんかな?
16,5712014-08-17 19:12:50/road/titibuko/main4.html10
2本のつり橋は自殺名所になっています(聞いた話ですが)。小生も4年ほど前に同コースを突破しましたが、ヘヴィでした。
近場ではR462、神流湖対岸にいいルートがありますよ。ザイルがあると安心できます。(うに)
16,4592014-08-07 08:40:15/road/titibuko/main4.html9
面白いです‼︎
大変だろうけどがんばってください! 僕は酷道がすきなので、すごいところを見つけたらUPしてください❗️
16,2192014-07-16 01:55:37/road/titibuko/main4.html10
このレポートを読み、昨日この廃キングコースを友人とともに2人で走破しました。
以前から、三峯神社への参拝にこの付近を幾度となく訪れておりましたので、非常に強い好奇心が沸いてきたからです。
ボクらは、このレポートとは逆側の秩父湖橋側から探索致しましたが、レポート探索時の2012年秋からまた少し状況が変化していたように思いました。
このレポートの1本目の橋は健在のままでしたが、2本目の橋は完全に滑落しておりました。
お恥ずかしながら初めての廃道探索でした。
完走した後に思えば、命の危険性と隣り合わせのこの探索は、冒険の末の強い達成感と、行って良かったという満足感をえることができました。
しかしその一方、二度と訪問したくないとの気持ちと、人には絶対にお勧めできないと強く感じたのも本当です。
数々の廃道をレポートされていらっしゃるヨッキれんさんは、本当に凄いと感じるばかりでした。
駒ヶ滝隧道も廃トンネルとなり、秩父湖周辺も時代と共に少しずつ変化を遂げていることを感じ、湖を後にしました。
長々と失礼致しました。
15,7432014-05-11 00:36:23/road/titibuko/main4.html9
あの斜面で写真を撮るのも怖い。無事ご生還おめでとうございました。そもそも、あんな所にどうやって道をつけたんでしょうかねえ。今度三峰に行ったら、遠くから見学します。
15,5212014-04-21 17:00:02/road/titibuko/main4.html10
悦になりすぎ、顔さらせ!
15,3182014-03-29 23:09:23/road/titibuko/main4.html7
ちゃんと準備してても危なすぎww

15,1652014-02-26 16:40:34/road/titibuko/main4.html10
本レポートの第2回ページの3枚目の写真で道しるべの羽根を読み忘れたとありましたが、そこには「吊り橋を経て秩父湖バス停・栃本・川又方面」と書かれています。
「廃キングコース」の状況に鑑みていざ書き換えようと思っても、今の有り様だとどう書くべきなのか答えに窮してしまいますね…。
14,9402014-01-23 20:15:22/road/titibuko/main4.html10
駒ヶ滝隧道、閉鎖されちゃいましたね
レポート読んでてさびしくなりました
14,8142014-01-04 18:39:10/road/titibuko/main4.html10
アドレナリンが凄く分泌され心臓がバクバクしています。
さすがよっきれんは難所突破のエキスパートですね。
私は8年前に日高竜門の旧道(1972年廃止)にチャレンジ
しましたが、最初から路面が崩壊していたのですごすご引き返しました。
ほかのオブローダーのレポートで我慢しています。
14,7492013-12-25 23:58:10/road/titibuko/main4.html10
短編小説を読んでるような・・・
ドキドキしながら楽しめました。

向かいたくはありませんが。。。
14,5722013-11-25 08:59:57/road/titibuko/main4.html10
2013年11月24日、大洞川吊り橋に行ってきましたが、県道の工事に伴う落石等で危険とのことで、埼玉大学山荘脇から吊り橋へのアプローチが立入禁止となっていました。また吊り橋自体にも入口にロープがかけられ、人が渡らないようにしてありました。
14,2162013-10-17 11:19:00/road/titibuko/main4.html10
すご!

4ページ中 1ページ目を表示(合計98件)    1 | 2 | 3 | 4    [次のページ]  

この画面の説明