http://yamaiga.com/road/tpr236_seihou/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.59点 / 投票回数 1581人)

7ページ中 1ページ目を表示(合計189件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
27,2122017-11-24 22:06:37/road/tpr236_seihou/main7.html10
ぜひ暗峠もミニレポレベルで走って見てください!
27,2092017-11-24 20:54:42/road/tpr236_seihou/main7.html9
第5回の謎の機械、2枚目画像トランスミッションと思われるところからシフトレバーらしきものが2本生えていることから四輪駆動車のエンジンと駆動系のように見えます。1枚目の画像にフロントデフとフィン付ドラムブレーキと見えるものも写ってますね。4気筒ですからジムニーではないですね。
27,2002017-11-23 18:12:26/road/tpr236_seihou/main7.html10
ヘアピンカーブの数は右左折合わせて地理院地図だと3回に略されてますが、googleとbingでは7回になっていますので多分そちらが実際の数だったのでしょう。
少し画像は荒いですがbingだとそのうち何回かが崖崩れにかかってるかのように見えなくも無いように思います。

でも上から撮った画像では、こんな無茶苦茶な道だったとは分からないですよね…。
本当に凄い道、凄い島なのだなと読ませていただいて実感しています。
27,1992017-11-23 15:28:00/road/tpr236_seihou/main7.html8
THETA360の画像はかなり重いので自動再生OFFの方が良いのではないでしょうか。(特に1頁に複数枚入れる場合)
スマホ、タブレットユーザーはかなりキツいと思います。
埋め込みコードを自動再生OFFで作り直すか、手動で修正するなら最初を「<blockquote data-mode="click2play"」(data-mode=…を追加)に修正です。
27,1982017-11-23 03:54:30/road/tpr236_seihou/main7.html10
九十九折1セットで丸々1回分書けてしまうとは、青ヶ島恐るべし!
27,1972017-11-23 01:58:31/road/tpr236_seihou/main7.html10
聞きしに勝る凄まじさですね。
この大崩落は机上調査で知識としては知っていたものの現場の写真は迫力が違いますね。ヤバい。

ところで、青ヶ島の東側には「廃港」が存在するのはご存知でしょうか。
こちらに通じる道も大崩落で通行不可だったはずなのでアレですが、東側の廃港の雄姿もいつか見たいです。(存在しか確認できず、現況も往時の画像資料も見つけれてないです…。。。)
27,1962017-11-22 23:38:18/road/tpr236_seihou/main7.html10
道路.zipの所はゼルダの伝説でプレイしたような
すごいなリアルであるんだ
27,1952017-11-22 22:36:03/road/tpr236_seihou/main7.html8
>この機械の正体について、皆様のお知恵をご意見を拝借したく、大きな画像を用意しました。

【大画像2】左下に写っているリアブレーキのドラム
https://blogs.yahoo.co.jp/geronimo_hit/36100247.html

【大画像2】右下に写っているブレーキマスターシリンダー
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m210596735

同じくクラッチマスターシリンダー
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w188062284

一枚目のエンジンとフロントブレーキドラムに加え、
すべて三菱ジープの特徴と一致しますね。
ショートホイールベースの幌車(屋根無し)っぽいですし、
おそらくJ54型の三菱ジープでしょう。
27,1942017-11-22 21:59:30/road/tpr236_seihou/main7.html9
何?この道路が這っている斜面は?
道がかつて道であったことに異議を唱える余地は無さそうに見える
また進行方向前後に向かって傾いている道を日本語で「坂道」と言うのは間違いなかろう
しかしこれも坂道の範疇に収まる道なのか?
27,1932017-11-22 21:22:44/road/tpr236_seihou/main7.html10
皆さんすごいな。ジープだとは思ったけど、エンジン形式とかまではわからなかったよ。
追加された2枚の写真で、たしかにフロントデフの前に丸いかたまりが見えますね。これがおそらくはフロントリーフの前端でしょうか。強靭な板バネがこの有様ですか…。
2枚目の写真に写ってるシートの後ろにはリアのホーシングも見えますね。
・・・見事なまでに、鋳物部品しかまともな形状を保っておりませんね。鋳物以外はここまで錆びてなくなってしまうのだとビックリです。
27,1922017-11-22 20:11:29/road/tpr236_seihou/main7.html8
あと一歩 ,そこにあるのは ,道か死か…。
27,1912017-11-22 20:02:14/road/tpr236_seihou/main7.html10
自転車で下りたかったとありますが、これ自転車で下っていたら、そのまま空中まで行ってしまっていたのでは?
27,1902017-11-22 14:43:16/road/tpr236_seihou/main7.html9
怖いです。 これはあれですね、キャタピラのついた運搬車で利用する道ですよね。
27,1882017-11-22 13:23:23/road/tpr236_seihou/main7.html10
息が詰まるような衝撃の眺め。「むう」と呟いたきりしばらく二の句を口に
できないでしょう。もしも生で見たならば。今後もどうか御安全で。

以下チラ裏。
黒部峡谷鉄道で紹介された…確か「パノラマ展望ツアー」だったか、終点
欅平より先にちょこっとだけ進めるツアーが以前ありました。この時の展望
台までの道も結構険しいと思いましたが、まだまだ甘いようで…。
27,1872017-11-22 13:17:21/road/tpr236_seihou/main7.html10
あちゃー。でもスゴイ!
27,1862017-11-22 13:11:59/road/tpr236_seihou/main7.html10
1枚目よく見たら木の根元にヘッドランプ1個…。
これジープのもの、そのものに見えます。
27,1852017-11-22 13:04:17/road/tpr236_seihou/main7.html10
機械の残骸はやはり三菱ジープではないかと。フレームは、1枚目写真のフロントデフらしきものの前の朽ち果てた塊がその名残と思います。
又、2枚目の手前に写っている円筒2つはブレーキフルードのシリンダーで、これの後方にマスターシリンダーがあって
そのマスターがボディの一部であるバルクヘッドに固定されていたはずですので、元々はボディもあったと思います。
シフトレバーのブーツが塗装されていたようですし、タイヤがホイール毎無いので廃車になったジープの
可倒式フロントウィンドウ、助手席、ホイール等の外せる部品を全て外して設置して索道の動力として使っていたのではないでしょうか。
27,1842017-11-22 12:59:31/road/tpr236_seihou/main7.html8
やっぱり道は無くなっていたのですね。

以前読んだ備長炭の炭焼き職人の証言集で、
自家製簡易索道のウインチとして
ホンダ・スーパーカブの後輪ハブにケーブルを巻いて
使っていたという話を思い出しましたが、
島の生命線たる港への経路にそいういう荒技を使いますかねえ?
使ってたら面白いですけどねえ。
27,1832017-11-22 12:05:37/road/tpr236_seihou/main7.html10
朽ちた機械、エンジンが三菱の4DR5でフロントブレーキがフィン付き、トランスファーレバーのブーツ形状からJ54ナロー(昭和45年〜52年)かと思われます。エンジンの動力を使ったPTO式ウインチが搭載された物もありましたので、据え置きにした上で索道の動力にした可能性はあるかも。単に不要となって捨て置かれたかも知れませんが。
27,1812017-11-22 11:17:03/road/tpr236_seihou/main7.html10
う〜んバイオレンスな廃道だ。寸断ぶりぱねえ。
27,1802017-11-22 10:37:30/road/tpr236_seihou/main7.html5
重杉(Win7@IE11)のため減点
27,1792017-11-22 09:24:34/road/tpr236_seihou/main7.html10
機械の残骸ですが、ジープではないかとの意見も有りますが、トラクターではないでしょうか?
エンジン自体は4DR系で間違い無いと思いますが、エンジン、ミッションと一直線上に一つだけ残ったシートと、復変速付きのミッション、懸架装置やシャーシが見られない事から可能性は有ると思います。
また、三菱のエンジンは佐藤造機、スズエ、シバウラ等にOEM供給もされていたので、その個体かも知れません。
27,1782017-11-22 09:12:20/road/tpr236_seihou/main7.html10
ひぃ〜〜っ!○○が引っ込みますですぅ。
27,1772017-11-22 09:01:46/road/tpr236_seihou/main7.html10
この大崩壊が先にあって、急遽索道を設置したのかもしれないですね。
しかし、この斜面にどうやって策動を通したんだ?とも思いますが。
あの斜面で軽トラ折り返し運転て言うのも考えただけでゾッとします。
27,1762017-11-22 02:51:24/road/tpr236_seihou/main7.html10
船から見える都道236号線の大崩落は、台風の仕業かと思っていたら、2001年の群発地震が原因のようですね。
急坂を自転車で下りたかったと書いていますが、死のダイブが待ち受けていましたね。
最新のウェブ地図に、何故か旧道が何の通行止め記号もなく掲載されています。それによると、ヨッキれんさんが断念した崩落道路は、通れた分も含め、海側4回、山側3回、計7段の切り返しのようです。
27,1722017-11-21 16:43:53/road/tpr236_seihou/main6.html10
動画、怖かったすっ。下を覗き込んだと、残所越を見たあと、どうしても外輪山全体が見たくなってしまうのが人情じゃないですか!そうしたら無意識に海老ぞりになって、奈落の底へ・・・・・怖っっ!!ところで三宝港は見えたけど、近いはずの、ただの通行止めの生きている大崩れ手前の道の気配すらないんですけど?
27,1702017-11-20 12:54:24/road/tpr236_seihou/main6.html9
続き気になる〜
導入2とかで掲載してる港からの旧道遠景写真に現在地がどこなのか入れて欲しいっす。
27,1692017-11-20 09:37:06/road/tpr236_seihou/main6.html8
>27,158

アライグマならいるかもしれないじゃんww

27,1682017-11-20 02:08:54/road/tpr236_seihou/main6.html8
“何かの機械の残骸” は三菱のジープで間違いないでしょうね。
長い歴史の間に色々なエンジンを積み替えて来た車ですが、
シリンダーヘッド側面に露出した冷却水通路等の特徴から4DR5系ディーゼルエンジンの自然吸気モデルと思われますが、
これはジープには1970(昭和45)年から1985(昭和60)年まで使われました。
オルタネーター(発電機)等の溶けて無くなるような物ではない部品が欠品していますので、
人為的に解体され部品取りにされていたのではないでしょうか。
27,1662017-11-19 22:17:44/road/tpr236_seihou/main6.html10
きたきた。きたよ。凄いなあ。先が楽しみ。海崖の感じは男鹿の道路に似てる気がするな。

7ページ中 1ページ目を表示(合計189件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7    [次のページ]  

この画面の説明