http://yamaiga.com/tunnel/naranoo/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.65点 / 投票回数 915人)

3ページ中 1ページ目を表示(合計70件)    1 | 2 | 3    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
52,2382023-08-02 19:47:10/tunnel/naranoo/main2.html10
利賀村の東隣の大長谷村にゆかりのあるものです。
昭和の市町村合併で八尾町と合併したことでもはや地名はありませんが、大長谷は明治から戦後まで1600人も人口がいた大規模な村でした。
いまでこそ50人程度のすさまじい限界集落ですが歴史解説の項にあるように楢の尾〜薄尾峠から大長谷の島地(ここには旧小学校があった村の中心地です)に通すルートは地形上の優位さもさることながら隣の人口豊富な村につなげるという意味でも非常に理にかなってるように見えます。
トンネルの線形からみてもあのまま直進して大長谷につなげてほしかったなぁ…
もちろんひいき目ですけどね。
51,2232022-12-24 00:06:58/tunnel/naranoo/main2.html10
利賀村の一連のレポートを拝見してから、どうしても自分で行きたくなってしまい、先日(2021年12月)ついに足を踏み入れました。

道の駅まで車で行き、徒歩で楢尾隧道の前まで行きましたが(大変な坂でした)、入り口に簡単なバリケードが用意されていて、気軽には入れない雰囲気になってました。
49,5452022-04-05 21:06:22/tunnel/naranoo/main2.html10
利賀に行きたくなりました(0゜・∀・)wktk
49,1682022-01-28 23:17:22/tunnel/naranoo/main2.html10
水路…!誰よ利賀村の一休さんは…!感心してしまったわw
47,2782021-03-16 02:16:54/tunnel/naranoo/main2.html10
>35,687さん>当時の加越能鉄道バスの塗装が分からない限り断定はできませんが...動画の1:07あたり、後輪の後ろに「ス バ 能 越 加」って書いてないですかね?30回くらい再生と一時停止を繰り返してみましたが(笑)、たぶん間違いないのではないかと…
45,3842020-09-03 21:24:58/tunnel/naranoo/main2.html10
>>29447さんURLの動画の説明欄に、S36年ごろの秘蔵映像とあります。そして、3:30頃〜、バスから先生が下りるシーンのところのナレーションが「越中八尾を出た乗り合いバスが止まりました。本校の〇〇先生が富山から運んできた教科書が、峠を越えてこの停留所まで迎えに出てきた子供たちの大歓迎を受けています」とあります。そして、このバスは、googleで「富山地鉄 ボンネットバス」と検索してヒットするバスの塗装と似ているので、>>29447さんの情報から推測するにこれは富山地鉄のバスでしょう。そして、映像冒頭のバスの塗装はそれとは異なります。加越能鉄道の当時のバスの塗装は残念ながら検索してもわかりませんでしたが、前述の情報からするに、冒頭のバスは加越能鉄道のものであり、つまりは牛岳車道由来の旧道の映像ではないでしょうか。当時の加越能鉄道バスの塗装が分からない限り断定はできませんが...>>29383さん上で述べた「峠を越えてこの停留所まで迎えに出てきた子供たちの大歓迎を受けています」のナレーションからして、このシーンはいつもはこのトンネルを通らない子供たちが富山から教科書を持ってきてくれた先生と一緒に通るトンネルは、>>29383さんのいうように「楽しい非日常と日常を隔てるゲートでもあった」のでしょう。
44,5682020-06-12 11:12:18/tunnel/naranoo/main2.html10
全レポート、大変楽しく拝読しております。日頃通る道の傍に道らしきものが見えるが何処へ行くのかなと思いながら、足が不自由になり、歩けなくなった私には、あの道と思いながら拝読とております。とくに国道158号など、昭和50年代後半に免許を取得した私にとって、旧道の半分は、以前の道と楽しく拝読しております。 むりなお願いかも知れませんが、富山県道59号富山庄川線の後日談は、どうなったんでしょうか。皆さん途中まではチャレンジしておいでですが、山田川を越えた人は居ないような…。昭和40年代の地形図では、繋がっているのですが…。 すいません揚げ足取りで申し訳ありませんが、石川県道長浦小牧線のレポートで、うそつき石川県青看で、『中島漁港臨港道路』の部分。漁港は正確には『漁港施設道路』となり、「運輸省」関連の蘊蓄を記載されていますが、正確には「農林水産省」の管轄道路となります。もっとも管理は漁港の管理者である現在の七尾市ですが… (蛇足でした。ごめんなさい。) 今後もますます楽しみにしております。頑張って下さい。
44,1512020-05-10 18:37:18/tunnel/naranoo/main2.html10
工事用道路かダムは2031年に完成するとか
44,1062020-05-07 00:25:02/tunnel/naranoo/main2.html10
最後の動画が再生できなくなっているようなので残念。自分も含め文明の恩恵を受けることに慣れてしまい、わずかなことですぐに文句を言う軟弱な現代人の心に浸透させたい内容です。
42,7212019-11-15 22:38:21/tunnel/naranoo/main2.html10
行きたくなりました。ありがとうございました。
28,9012018-05-14 01:57:36/tunnel/naranoo/main2.html10
利賀村の楢尾隧道 後編+歴史解説編にある【ほんとの空 〜利賀村秘蔵映像〜 】のYoutubeのリンク先が変わっているようでしたので、お知らせします。
https://www.youtube.com/watch?v=4BavWoYQ1hA

動画の冒頭で出てくるバスは、平沼氏が探索していた旧道を走っているのでしょうかね?
栃折隧道を抜けて来たのか、雪道を徒歩で配達する郵便屋さんの姿も…。
最後は、小学生をトラックの荷台に満載して旧道を走る光景に驚愕してしまいました。^^;
28,5402018-04-13 21:06:38/tunnel/naranoo/main2.html10
ほんとの空のURLがリンク切れとなっていますが、現在は以下のURLから見ることができます。
http://hmoobtube.xyz/NEJhdldvWVExaEEz
28,4562018-04-07 05:40:25/tunnel/naranoo/main2.html10
謀ったなw
27,2452017-11-27 19:38:52/tunnel/naranoo/main2.html10
年の半分も雪に閉ざされる村で、こんな立派なトンネルを自力で開削するのは経済的に不可能、それに鉱山ならともかく農村に何百メートルもまっすぐ掘る高度な開削技術はあるか?という事を考えると、最も合理的な解はやはり陳情となる。だが利賀村の凄みはただの陳情ではなく用途変更を見込んだ遠大な計画にあると見た。このしたたかさは厳しい環境に鍛えられた結果だろうか?
25,6902017-05-21 15:26:39/tunnel/naranoo/main2.html10
感動しました!とにかく浅くない。
牛岳車道〜利賀村の一連のレポートは現場での観察眼と事前事後の資料調査は凄いとしか言いようがないです。資料の読み込みも行政の制度的なこともきちんと把握した上で紹介されていて、そこいらの不勉強なマスコミの記者とは雲泥の差があると思います。
自分は富山県在住なので、利賀村の状況や歴史的なことはある程度は知っていますし、実際に利賀村には何度か行ったことがありますが、“目から鱗”なことがたくさんありました。大事な(?)週末を潰してしまいましたが悔いはありません(笑)。
まだまだ全国いろんな土地のたくさん面白そうなレポートがあるようなので楽しみに順に見て行こうと思います。ありがとう。
25,6012017-05-05 20:21:08/tunnel/naranoo/main2.html10
この隧道が現役だった最晩期に観光バスで通過しました。
学校行事で利賀少年自然の家に宿泊したときで、確かバス4台連ねて通過しました。待避場所で対向バスとすれ違い、子供心に迫る壁面にぶつかりそうで怖かった記憶があります。そのとき同乗していたガイドさんが、「あと少し遅ければ新しいトンネルが通れたのだけど、残念ながらまだ開通式前です。繋がってはいるけど、まだ通れません」と説明されたのを覚えています。
25,4582017-04-12 11:44:20/tunnel/naranoo/main2.html10
謀ったなw
25,2692017-03-23 21:11:24/tunnel/naranoo/main2.html10
「政治とは夢の実現である」
万人に良き夢ならば・・ね。
25,0772017-02-28 21:39:44/tunnel/naranoo/main2.html10
北陸旅行のついでに、利賀村に寄ってみました!楢尾トンネルの寸前まで除雪されてましたが、坑口で高い雪壁になってたため侵入は断念しました。
坑口から中を見たところ、貫通はしていましたが、坑口すぐのコンクリが一部崩落してました。本当は中に入って見たかったのですが…
24,0592016-10-12 12:00:12/tunnel/naranoo/main2.html10
現時点では最後の動画が見られなくなっててすごく残念です。貴重な動画、復活できないですかねぇ?
22,4762016-04-16 22:44:40/tunnel/naranoo/main2.html10
富山在住の中学3年です。レポートみて感動しました。地図で見ていると、楢尾トンネル2本あるのなんだ?ってなってたのでこんな歴史があったなんて感動しました!
20,2042015-09-28 05:44:56/tunnel/naranoo/main2.html10
いやあ凄い村ですね、富山県の行政担当者にはなりたくないものです。
そもそもなれないんだけど。
気性が荒いのは利賀村に限らないです、
交通網に関しては利賀村がダントツでしょうけど。
今は猫を誉めちぎっても見ず知らずの他人は泊めないでしょうね、
冬季に村ごと孤立してた時代だから出来たのでしょう。
家に鍵をかける習慣が無かった頃の話だと思われます。
19,5742015-08-07 18:02:53/tunnel/naranoo/main2.html10
なんともマインクラフト的な道で
19,4112015-07-16 20:10:02/tunnel/naranoo/main2.html10
利賀村、存在も知らなかったこの村のレポートに言葉もありません。
つい近年まで徒歩での暮らしを営んでいた日本を想い、また、立派なトンネルの道と引き換えにダムに沈む旧道を想います。
合掌。
18,4292015-03-31 20:56:23/tunnel/naranoo/main2.html10
歴史解説編に掲載されている『富山県広域道路地図』の画像、斎場の脇に2本のトンネルが描かれているようですが…あれはなんでしょう…?
17,9782015-02-15 13:10:10/tunnel/naranoo/main2.html10
公共事業の本質を端的に言及された締め、お見事です。
17,9422015-02-09 01:22:46/tunnel/naranoo/main2.html10
おもしろかった!!!
17,4332014-12-07 09:29:51/tunnel/naranoo/main2.html10
感動しました。
今後もこのような調査レポート楽しみにしております。
お疲れ様でした。
17,3652014-11-27 21:09:18/tunnel/naranoo/main2.html10
動画が見れなくなっています。
17,1952014-11-06 11:16:57/tunnel/naranoo/main2.html10
素晴らしい!道ひとつひとつに歴史あり。
しかし、ここまで壮大な物語があるとは驚きです。

3ページ中 1ページ目を表示(合計70件)    1 | 2 | 3    [次のページ]  

この画面の説明