http://yamaiga.com/tunnel/souunkyo/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.13点 / 投票回数 1386人)

7ページ中 1ページ目を表示(合計187件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
30,4192018-11-18 15:02:34/tunnel/souunkyo/main4.html10
偶然見つけたWEBサイトでしたが思わず読みふけってしまいました。
まず行ってみて、後から資料でも丁寧に確認しておられるところが探求者らしくて素晴らしいです!
そして何よりご無事に帰ってこられたことに惜しみない拍手を…。
また拝読しに参ります。
30,3652018-11-09 08:07:53/tunnel/souunkyo/main4.html10
1975年の土石流災害の頃には廃止されてた記憶。あのへんはどこを掘っても温泉だからトンネルとは相性が悪い。
30,0012018-09-16 23:24:17/tunnel/souunkyo/main4.html10
国道として利用してなかったんでしたっけ?私はほんの少ししか興味がないので深く掘り下げていませんが、トンネルに湯気が立ち込めて視界不良が酷いから使わなくなった筈ですよ。ビジターセンターあたりに聞くと詳しい筈。
29,9132018-09-07 12:30:02/tunnel/souunkyo/main4.html10
今回の地震で崩壊してないだろうか
29,6322018-08-07 19:55:54/tunnel/souunkyo/main4.html8
机上調査編は最後に公開になるが、これがあったからこそ向かったんだろうと思う。
29,6062018-08-02 18:36:25/tunnel/souunkyo/main4.html10
我を忘れるくらい夢中でレポを拝読しました。
心を動かされるレポだと思います。
よっきさん 素晴らしいです。
29,5962018-07-31 22:41:54/tunnel/souunkyo/main4.html7
>“神削壁”
すげーなこれ。
>現在危険防止のために封鎖されている
えー、どこどこ(地形図を見る
ああ、道路が地図上で抹消されている・・・壁の名前はあるのに・・・。
というか冒頭のマピオン地図を見ていなかったけど、層雲峡温泉って有名な大雪山の近くなんですね。
こりゃ見どころ多すぎてキリが無いんじゃないですかね。
まだほんの序の口って奴でしょう?
29,5832018-07-30 19:56:07/tunnel/souunkyo/main4.html10
幼い頃一度訪ねたことのある層雲峡に、こんな道路と森林軌道の歴史があったとは。
文中にもあるように、高熱隧道を想起させるようなトンネルの存在も不気味であり、かつ大地の息吹を感じさせるものです。
大変興味深く読ませていただきました。
29,5802018-07-30 09:36:06/tunnel/souunkyo/main4.html10
我が北海道では2年前の台風災害で記事と同じく風倒木被害が随所で見られますが、林業の衰退の影響なのか、ほとんど手つかずに見えます。林道も壊れるがままになっているところがまだまだ大多数ですし、新たな災害にならなければいいのですが…
29,5772018-07-30 00:05:05/tunnel/souunkyo/main4.html10
「王子とこじき」みたいな道路の入れ替え…
29,5742018-07-29 12:25:59/tunnel/souunkyo/main4.html5
この物件自体は興味深く、レポートも楽しませていただきましたが、軽率な行動が多いのではという感じはします。そこは非常に残念です。
水道の件に関して寛容な心をというコメントがありますが、「使わせてください」の一言があるのとないのでは、結果的に使用を許したとしても心情的には差がでるものでしょう。
29,5702018-07-29 05:47:35/tunnel/souunkyo/main4.html10
机上調査篇があって
深みのある熱いレポートになり楽しめました。
29,5682018-07-29 02:44:00/tunnel/souunkyo/main4.html10
宇部興産専用道路のような感じで運材トラックが走っていたのですね。
29,5642018-07-28 21:57:26/tunnel/souunkyo/main4.html2
ガスの件も水道の件も正直少し感覚がズレてきてるのかなと思いました。命あればこそ、そして社会からの理解あればこそです。
それはそうと、ほんの20年くらい前の北海道では、幹線道路でも未舗装2車線の区間が多々あり、道路地図にも明記されていたものですが、最近はさすがになくなったのでしょうか?
29,5632018-07-28 21:17:11/tunnel/souunkyo/main4.html10
お疲れ様でした。
29,5622018-07-28 20:57:06/tunnel/souunkyo/main4.html10
昭和52年頃って私が家族でかんぽの宿に泊まった年じゃないか。黒岳ロープウェイのったけど隧道は全くわからなかった。恐れ行ったぜ!
29,5612018-07-28 17:44:00/tunnel/souunkyo/main4.html9
昭和32年の地形図ですが、この図の「昭和30年図式」では、道路は管理による区分ではなく幅員による区分のはずです。この図式では、国道や県道の区別はされていません。
29,5582018-07-28 08:59:19/tunnel/souunkyo/main4.html8
不意の出会いも逃さない、よっきれんの嗅覚の鋭さを感じさせる良い1編でした。
29,5572018-07-28 03:44:53/tunnel/souunkyo/main4.html10
金属製の強固なバリケードが設置されていたが、温泉により溶けてしまったのでしょうか。
29,5552018-07-27 23:52:33/tunnel/souunkyo/main4.html10
林鉄の廃止に合わせて開通。県道の迂回路としても機能。
こんなに複雑な歴史が隠されているとは驚きました。
北海道の道路に疎い自分にとっては、一級国道の39号が大胆にルート変更しているのにもビックリ!
29,5542018-07-27 22:14:32/tunnel/souunkyo/main4.html10
神削壁を進むトラックの列は、実にかっこいいですね!旭川育ちなので、層雲峡もほとんど地元みたいなものですが、温泉街の裏にこんな歴史も隠されていたとは。面白い机上調査をありがとうございます。
ところで、旧林道(もとい、旧道道)は未探索という事ですが、いくらか下流の万景壁の近くにある廃橋は、さすがにご覧になりましたよねっ?
29,5532018-07-27 21:42:03/tunnel/souunkyo/main4.html5
北海道編第3弾は、道南函館市、国道278号線、日浦の旧道はどうですかね?
かなり命がけの探検になるかもしれませんが。
29,5522018-07-27 19:28:30/tunnel/souunkyo/main4.html10
感動的な画像の発掘!いつもの地味な机上調査と違う、秘められていたすごい歴史が見えますね。
29,5512018-07-27 19:17:17/tunnel/souunkyo/main4.html10
北海道に住んでます。楽しく拝見させていただいてます。北海道にも廃道、廃線たくさんあります。ぜひ、また来てください!
29,5502018-07-27 18:33:33/tunnel/souunkyo/main4.html10
まさかこの林道トンネルのレポで洞爺丸台風が登場するとは思いませんでした。深く調査するといろんな出来事同士に接点が見えてくるのですね!
29,5492018-07-27 18:20:41/tunnel/souunkyo/main4.html10
車で撮影時期を判別しようとしたら・・・
トラック:米軍払い下げのCMG CCKW(バスボディを載せた物がアンヒビアンバスの名で有名)
ジープ:多分三菱ジープJ20H系、昭和29年製造開始らしい
って事で全然特定できませんでした。残念。
29,5482018-07-27 17:24:46/tunnel/souunkyo/main4.html10
丸木橋で渡っていた頃を思えば、何としても道路が欲しかったのが判ります。林鉄の廃線跡だったとか。
色々濃いトンネルだたんですね
29,5472018-07-27 16:40:55/tunnel/souunkyo/main4.html10
硫化水素が危険だという書き込みが多いけど、本当にそんなに危険ならば厳重に立ち入り禁止にしているでしょう。
間違って子供が近づく可能性もある場所なんですから。

不法侵入とか書いている人もいますが、小屋に人がいたとしても外の水道を使わせてくれと言えば普通は使わせてくれるでしょう。
仮に敷地内に入ったことを咎められたとしても、すみません気が付きませんでした。すぐに出ますで問題ありません。

これくらい想像できませんか?

もちろん違法行為はダメなことですよ。でもある程度の余裕というか寛容さはあっていいでしょう。

本題に戻りますが、とても面白いレポートでした。
ラジオも拝聴しました。よっきさんの熱気が伝わってきてとてもよかったです。
これからも応援しています。
29,5462018-07-27 16:01:43/tunnel/souunkyo/main4.html10
とても面白かった。元林鉄かぁ。まぁ,林道の前身としては想定出来なくもないだろうけど,こんなにまで道々と林道が隣り合って平行して存在というのも面白いし,道々が廃となって,林道が国道になったというのも面白い。平行していても一般道とは別に林道が必要なほどトラックの往来が多かったんだろうなぁ。隧道も温泉地を避ける目的だろうとは想像していたが,短期決戦で使い切って放棄されたということか。それも林道らしい人生だな。しかし2千万石以上の風倒木とは凄いな。それを腐る前に運び出したというのもまた凄い。やっぱり北海道はスケールが違うわぁ〜。 (ぜ
29,5452018-07-27 15:08:33/tunnel/souunkyo/main4.html10
2200万石の風倒木とはまた無茶苦茶な話ですね。

でもそのおかげで、この欠陥トンネルが元を取ったとすれば、営林署にしてみれば千載一遇の出来事であったわけで、全く何がどうなるかさっぱりわかりません。

7ページ中 1ページ目を表示(合計187件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7    [次のページ]  

この画面の説明