http://yamaiga.com/koneta/koneta_206.html の公開中コメント一覧

(平均点 9.04点 / 投票回数 366人)

2ページ中 1ページ目を表示(合計37件)    1 | 2    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
28,4372018-04-06 12:06:45/koneta/koneta_206.html9
再訪マダー?
27,4462017-12-24 22:51:13/koneta/koneta_206.html10
遠州廃ものねだり、見させていただきました。

これ見てヨッキ氏、いかないわけにはいかないような気も、、、
26,3702017-08-22 00:52:04/koneta/koneta_206.html9
他の方のコメントにもあるように「遠州廃ものねだり」さんで初代隧道のレポがありますが、相互リンクされている「くるまみち」さんでももっと最近(昨年1月)に初代隧道に入られたレポがあります。
両側の坑口ともに崩落等で狭くなっているようなので、何年後かには閉塞してしまう可能性もありますね。
26,2862017-08-16 03:12:10/koneta/koneta_206.html10
地元なので興味深いです。
再訪及び初代隧道のレポお待ちしてます。
26,0812017-07-14 00:12:11/koneta/koneta_206.html9
そう言われれば両方とも真上になんか穴ありそーな感じ。昔はどんな地形だったんだろ〜〜?
25,7142017-05-24 21:52:11/koneta/koneta_206.html10
青田隧道、岩井寺隧道を高校時代に通学で使っており楽しく読ませて頂きました。希少なものとは知らず隧道、旧道に興味を持つ前だったのが惜しい位です。初代牛渕隧道を初め、掛川菊川地区の再訪をお待ちしております。
25,6322017-05-11 23:29:38/koneta/koneta_206.html9
掛川に住んで十数年になります。
掛川近辺に古い隧道が多い理由のひとつに二宮金次郎の像で有名な報徳思想が農民や篤志家に共感を得ていたのではと、感じています。(大日本報徳社の本部は掛川市です)
今後も楽しみにしています。
22,9102016-06-01 08:10:58/koneta/koneta_206.html10
う〜ん

旧隧道…見てみたいですね。
19,3772015-07-09 20:53:49/koneta/koneta_206.html8
前の方もおっしゃっていますが、トンネルの両側の入り口上部にやはり影が見えます・・・。ただの影かも知れませんが。

再訪を楽しみにしています!
19,2302015-06-20 12:54:17/koneta/koneta_206.html8
ハヤクシロー
待ってるよ〜
18,7972015-05-09 18:46:24/koneta/koneta_206.html10
素敵な佇まいの隧道ですね。
他の方の文字解読も参考に記念碑を訳してみました。

牛淵隧道係于明治二十五年之開鑿
爾来従経年所修繕費漸如行人危険亦伴之
於是乎有■者胥謀建新道開鑿之計而成者即此隧道也
于茲記其来歴併録関係者之氏名以為記念

牛淵隧道ハ明治二十五年ノ開鑿ニ係リ
爾来経年ニ従リ修繕スル所ノ費(つひえ)漸加シ行人ノ危険モ亦之ヲ伴フ
是ニ於テ有■者胥ヒ謀リ新道開鑿ノ計ヲ建テヽ成スハ即チ此ノ隧道ナリ
茲ニ其ノ来歴ヲ記シ併セテ関係者ノ氏名ヲ録(しる)シ以テ記念ト為ス

牛淵隧道は明治25年の開鑿で作られたもので
以来経年により修繕費が次第に増加し通行人の危険も伴うようになった
そこで<有■者>が協議し新道開鑿の計画を建てて完成させたのがこの隧道である
ここにその来歴を記し関係者の氏名を併記して記念とする

二行目の「如」は恐らく「加」ではないかと思います。
再探訪レポが今から楽しみです。
18,7832015-05-07 21:30:32/koneta/koneta_206.html6
旧隧道は「遠州廃ものねだり」さんのレポートで確認できたので、
再来訪の必要はないかと
18,7412015-05-04 21:45:52/koneta/koneta_206.html6
最初の入り口の写真と、出口の写真の坑口の上に、どちら側にも穴っぽい影があるような気がするのは多分、写真に写った植物の影なのかと思ったり思わなかったり?
18,7292015-05-03 09:25:21/koneta/koneta_206.html9
この隧道の真上にあるらしく、崩れてはいるけどギリ通り抜けられるというウワサです
18,7112015-05-01 09:20:51/koneta/koneta_206.html9
お手軽良物件ながら派手ないたずらとかがないのが嬉しいですね。Aバリだけだし子供の遊び場になって将来有望なオブっ子養成施設になってそう(笑
しかしいかにも土被り浅そうなトンネルなのにどうやら上部にさらなるお宝が眠ってたようで、よっきさん悔しい展開だけど読者としてはこれはこれで楽しい展開です。よっき氏の再訪を待つ!
18,6832015-04-29 21:45:20/koneta/koneta_206.html10
解読案をひとつ。
一行目:明治二十五年「之」開鑿
三行目:即「此」隧道也

で二行目ですが
...行人危険亦伴之「於是」乎有○
ではないかなと。於是乎が「そういうわけで」とかいう
感じで、有○と次の行頭の者胥謀をつなげて
「有志の者(あるいは有力者とか)がみな謀って」という感じに
なるのではないかと。
18,6812015-04-29 20:13:51/koneta/koneta_206.html9
>>緊急証言!(2015/4/24)
はい今すぐ出発
18,6642015-04-28 23:25:40/koneta/koneta_206.html10
是非、初代を見てみたいです。
再訪よろしくお願いします!!!
18,6582015-04-26 18:01:02/koneta/koneta_206.html7
旧隧道は地図で見る限り切り通しの反対側がくさいですね。
18,6572015-04-26 04:07:50/koneta/koneta_206.html9
緊急証言に工工エエエエ(´Д`)エエエエ工工
18,6552015-04-25 04:56:56/koneta/koneta_206.html10
Aバリ封鎖が… 目の前においしいおかず並べられてお預けくらっているような…(笑) どにゅ〜ん
18,6502015-04-24 19:26:28/koneta/koneta_206.html10
短い隧道にもこれだけの謎が。道路の世界はほんま恐ろしいでぇ…。
18,6462015-04-24 17:57:42/koneta/koneta_206.html9
真上に旧隧道、といっても写真には影も形も有りませんね。
情報元のサイトを見ても、良くぞ直登一発で探し当てたものだと……。
再訪期待の9で。
18,6422015-04-24 10:05:56/koneta/koneta_206.html10
若干曖昧ですが地元なのでこの路線のことを簡単に説明すると、旧菊川町or旧堀之内町中心部と、郵便局もある牛渕地区or旧牛渕村中心部を結ぶ路線で、かつその先を東進すると東名牧之原IC直近の仁王辻交差点で旧道の国道473号線にぶつかる、牧之原台地に登る路線の一つであり、牧之原ICを潜って大曲交差点をから県道235号線に抜けると駿河湾沿いの旧榛原町中心地に出る道でもあります。
堀之内には1889年に東海道線の駅が出来ていますし、堀之内を西に抜けると、旧東海道への連絡路や掛川市に出る県道37号線もありますので、お茶を出荷するのに重要な路線であったことは確かでしょう。昔は海産物を焼津あたりから仕入れて行商するおばちゃんがよく我が家にも来ていましたが、そういう物のルートとして使われた可能性もあると思います。三キロほど南を塩の道が東西を結んでいたりしますし。旧々隧道のはなし、今は削られて一部平らになっていますが、あそこは旧本所村/小出村/牛渕村の村境になっていた尾根が通っていて、より古い隧道がある可能性はありますね。旧トンネルの西側の分岐のとこにある家の裏あたりが怪しいかな。
18,6412015-04-24 09:17:45/koneta/koneta_206.html9
続が来ることを期待し、今回はとりあえずの9点を献上しますw
18,6402015-04-24 08:58:44/koneta/koneta_206.html8
牛渕隧道の真上に旧隧道が現存してるとのレポがありますね
「遠州廃ものねだり」
18,6392015-04-24 08:26:38/koneta/koneta_206.html9
いつも楽しく読ませていただいております。
本文内で「淵」と「渕」の件が書かれていましたが、正字と略字の関係です。
「淵」…第一水準(正)
「渕」…第二水準(略)
他の漢字でもありますがこの文字は国に振り回されてます。
私が知る限り2回改訂が入り、第一水準と第二水準を交互に行き来してます。
私の苗字にこの漢字が含まれているため、子供〜学生の頃は結構、振り回されました。
両親が結婚した時期はお役所が頑張ったらしく「淵」は「渕」でのみ受け付けるよう通達がでていたそうです。
戸籍は「淵」なのに住民票は「渕」…
役所で結構、ありました。
まぁ、今では笑い話ですが。
ちなみに、今は「淵」に統一されています。
水準漢字の入れ替えがあった跡、役所が勝手に台帳文字を一括返還したらしくいつのまにか変わってました。
いや〜、コンピュータは偉大ですね。
巨大な電卓とは思えない(笑)
18,6382015-04-24 07:10:25/koneta/koneta_206.html8
遠州廃ものねだりさんのレポートで見たことがあります。
是非再訪をお願いいたします。その際は詳細な歴史考察も交えてね。
18,6372015-04-24 03:54:10/koneta/koneta_206.html10
こういう、土木系の篆額のある碑文を見るとわくわくします。
碑文補足です。
1行目…明治二十五年「之」開鑿…
2行目…危険亦伴之「於」□乎「看」□
3行目…即「之」隧道也…
でしょうか。
18,6362015-04-24 02:50:49/koneta/koneta_206.html10
こんばんは、いつも楽しませていただいています。
初代隧道については↓に情報がありますね。
http://yaplog.jp/haimononedari/archive/265
これを読むかぎり、場所は旧隧道の真上で、だいぶ崩落が激しいもののこの時点では貫通していたようです。

2ページ中 1ページ目を表示(合計37件)    1 | 2    [次のページ]  

この画面の説明