http://yamaiga.com/rail/iida_sakuma/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.71点 / 投票回数 1196人)

7ページ中 1ページ目を表示(合計184件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
31,3302019-03-17 23:48:18/rail/iida_sakuma/main5.html10
一昨日、夏焼側バリケード付近まで行ってきました。
夏焼隧道の傍にある幅員2.0m制限の標識はこちらの写真よりもさらに倒れて木の葉に埋もれるような状態になっていましたが、今、撮ってきた写真を確認すると支柱にうっすら「静岡県」の文字が見えるので県道の標識(隧道または廃道区間に対するもの)ではないかと思いました。
31,3272019-03-16 23:58:01/rail/iida_sakuma/main6.html10
飯田線 旧線を探してたどり着いた者です
めっちゃくちゃ!面白かった!!
すごい歴史的資料ですよ
30,7312018-12-24 19:50:34/rail/iida_sakuma/main6.html10
災害時の短期間だけの船車連絡と聞いて、御殿場線の横浜-清水仮設航路を思い出しました。
30,5052018-11-25 19:22:47/rail/iida_sakuma/main5.html10
夏焼集落、遂にほぼ廃村化した模様。
夏焼隧道も荒廃が進んでいるようで、遠くない未来に廃隧道化しそうです。
30,4742018-11-22 14:41:56/rail/iida_sakuma/main6.html10
愛知県は地元だが、三遠南信は別世界。国道152号の雰囲気が好きでよくドライブします。拝見させて頂いてつくづく奥三河含む三遠南信は秘境だと感じました。この地で、人の生活があった、名残を、良くここまで辿ったものだと感心しております。これからも楽しく拝見させて頂きます。
30,3202018-11-06 10:17:14/rail/iida_sakuma/main6.html10
大嵐駅の写真に写る蒸気機関車は構内入れ替え用の機関車なのでしょうね。
随分小型のタンク機関車に見えますし、連続20‰超えの急勾配での貨物列車の牽引は難儀だと思われますし。
また、隧道内のトロリ線は極めて簡素な直接吊架だったようで、
隧道の断面は国鉄規格に準ずるとしても一回り小さかった可能性があります。
レールセントルで更に一回り小さくなった箇所では電車も最徐行で恐る恐る通過したといった話もあります。
29,9072018-09-06 01:41:08/rail/iida_sakuma/main6.html10
以前はありませんでしたが、この道、googleストリートビューで辿れるようになっていますね。撮影担当の方、山行がをご覧になったのでしょうか。
水位はレポートよりもさらに高いようです。
29,7762018-08-23 03:15:46/rail/iida_sakuma/main6.html10
(´Д`)ノ 読み応え有り過ぎ、甚○さんも大喜び!

途中から水没のトンネルなんかどうでもいいから早く帰り支度した方が・・・なんて思っていましたが、翌日ちゃんと残りも調査しに行く几帳面さが頼もしいです。
29,1502018-06-14 17:13:49/rail/iida_sakuma/main6.html10
とても読み応えがありました。廃道の様子、度重なる崩壊現場の乗り越え、旧飯田線隧道群の出現、自転車と荷物の回収譚など、どの場面も臨場感があり探索(冒険)を追体験することができました。
28,3012018-03-23 01:07:11/rail/iida_sakuma/main5.html10
9代目ルーキー号「出先で果てて申し訳ない。」
28,2742018-03-21 11:04:21/rail/iida_sakuma/main6.html10
いつも楽しく読ませていただいております。
さて、私が昨年オートバイで現地に行ったときに大嵐駅前駐車場でお会いした方に聞いた話では、当該階段は船着場に至る道との事でした。今回の記事で、さらに深い事情を知ることができ、感動しております。また、ダムができる前の同地は、現在の湖面より遙かに深く、鷹巣橋の100m以上下に川面が有ったそうです。
27,7382018-01-23 06:59:58/rail/iida_sakuma/main6.html10
お疲れ様でした。大嵐駅脇の点滅通行止め標識をサークルKと見間違えて背筋が凍った記憶があります。ご愛嬌の缶ビールは昭和60年発売のペンギンズメモリーバージョンですね。
27,2012017-11-23 18:44:46/rail/iida_sakuma/main6.html10
冒険奇譚に出来るだけの文才と調査に基づくウンチクは、素晴らしい!TJARの様にNHKスペシャルあたりで取り上げて映像に残したいですね。ありがとうございました。
27,0862017-11-03 17:01:52/rail/iida_sakuma/main1.html10
レポそのものは最高傑作だと思います。
何度見返したか分からないくらい。
ただ、佐久間隧道坑口の古い写真(
main1.html)、電車がかなりトンネルから前に出たところで撮影されているようです。左上、信号ケーブルらしき線のところをじーっと見ていると分かります。さほど"キツキツ"ではなさそうですよ。
27,0492017-10-29 17:32:07/rail/iida_sakuma/main6.html10
以前から佐久間湖湖畔の県道288号線は地図を観て興味がありましたが・・・このレポートのおかげで自分が訪れたような気分にさせていただきました!ありがとうございました(^o^)
26,6632017-09-16 19:57:45/rail/iida_sakuma/main6.html10
今や、秘境の代名詞ともなっている
小和田、大嵐に関する秘境の裏話
ありがとうございます。
26,4292017-08-25 22:28:08/rail/iida_sakuma/main6.html10
ワンダホー
何回読んでも実にワンダホー
ってよく考えたら夏焼隧道の旧坑門の一部かどうかって話を積み残してるじゃないですか!もう一回行きましょう!
26,1322017-07-24 17:24:44/rail/iida_sakuma/main6.html10
ビールのイラストは、パピプペンギンズです。1985年頃、松田聖子のCMで人形がありましたが、未成年にキャラクターが大人気なのが問題となり、自粛という形で終わったと思います。自分もキャラクターグッズいろいろ持ってました。高校生でしたので親に捨てられましたけど(笑)
1985年といえば昭和60年。通行止めを無視して入った若者のゴミ何だと思います。肝試し感覚だったのかも知れませんね。
25,7022017-05-22 23:49:07/rail/iida_sakuma/main5.html10
面白かった。本当に面白かった。
車の免許を取ったばかりの頃、ただ闇雲にドライブしていて、ここにも来てるんだよね。
この先どうなってんだろうって思ってた。
これからも面白いレポートお待ちしてます。
無理しないで無理して下さい!
25,5172017-04-23 14:47:28/rail/iida_sakuma/main6.html10
いやぁ相模原市緑区と似てますね。
湖もあって廃道もあって政令指定都市とは思えないとこもあって。無理やりくっつけたそうですが、、、
25,2902017-03-26 23:11:40/rail/iida_sakuma/main6.html10
佐久間は私の曾祖母、曾祖父が住んでいた所ですが、本当にあのあたりはとんでもない道だらけですね…
こんな道が政令指定都市にあるとは…
24,4202016-12-18 13:40:40/rail/iida_sakuma/main6.html10
ルーキー号ご愁傷様です。ちゃんと最後まで亡骸を連れて帰ってもらえて喜んでるんじゃないでしょうか。 往時の写真はやはりどんな言葉よりも説得力がありレポートをより深みのあるものにしますね!どんどん取り入れてください。 最後の読者さんの証言コメントもかなり効いてます。当時の様子がありありと想像できました。
24,1212016-10-25 21:52:18/rail/iida_sakuma/main5.html10
飯田線は国鉄時代旧型の電車が入線しとても楽しい路線でした。
23,4442016-08-18 01:09:27/rail/iida_sakuma/main6.html10
愛知県豊橋市在住の55歳です。
高校2年で原付免許を取得、初めて向かったツーリングの行き先が佐久間ダムでした。1976年前後のことです。電力館の付近には大きな土産物屋があって、かなり賑わっていた印象があります。堰堤手前のトンネル内横坑には確かに公衆トイレがありました。
父母がまだ10代のころダム工事の関係で中部天竜に開設された食料品店の支店に勤めており、父は豊橋からオート3輪で食料を運んでいたということで、その同じルートをバイクで辿ろうと思ったのがきっかけでした。今回のレポートは当時の私のゴールからスタートして、私の父母がわずかながらもかかわったダムの工事で廃線となった飯田線の遺構をたどるということで、とても感慨深いものがありました。
23,0432016-06-26 23:39:46/rail/iida_sakuma/main6.html10
まじですごい 。 遭難しそうにならないのですか?
23,0352016-06-25 22:55:33/rail/iida_sakuma/main6.html1
まったく、お話にならない。おそまつすぎる。最低だ。0点、評価は1。
23,0092016-06-17 22:41:49/rail/iida_sakuma/main6.html10
凄い!
22,6682016-05-09 16:36:50/rail/iida_sakuma/main6.html10
佐久間ダムから、右岸を車で走りましたが、1車線のトンネル区間が次々現れて、カーブしている上、離合困難でふつうに怖かったですね。
水窪ダム行きましたか?
道があって車も通れますが、柵がないんです。
一方、山王狭真っ逆さま、一方ダム湖ですごく怖かったです。
青崩峠が、また、一番困難と思われた中央突破することとなり、トンネルの調査しているようです。
ヒョー越しには脇道がありますね。
ぎりぎり落ちそうな1車線の区間が、多くあります。
田んぼがあるので、ケットラ用でしょうね。
楽しいレポートありがとうございます。
私も地図にあるのに道がないと探したとき、電力館の奥のゲートを確認しました。
中がどうなっているのか興味があったので、今回のレポートはありがたかったです。
22,6672016-05-09 16:31:28/rail/iida_sakuma/main6.html10
佐久間ダムから、右岸を車で走りましたが、1車線のトンネル区間が次々現れて、カーブしている上、離合困難でふつうに怖かったですね。
水窪ダム行きましたか?
道があって車も通れますが、柵がないんです。
一方、山王狭真っ逆さま、一方ダム湖ですごく怖かったです。
青崩峠が、また、一番困難と思われた中央突破することとなり、トンネルの調査しているようです。
ヒョー越しには脇道がありますね。
ぎりぎり落ちそうな1車線の区間が、多くあります。
田んぼがあるので、ケットラ用でしょうね。
楽しいレポートありがとうございます。
私も地図にあるのに道がないと探したとき、電力館の奥のゲートを確認しました。
中がどうなっているのか興味があったので、今回のレポートは有りがたかったです。
22,5972016-05-03 07:36:33/rail/iida_sakuma/main6.html10
体を張った現場の確認と文献による歴史の調査、とてもとてもワクワクドキドキしながら読ませていただきました。

7ページ中 1ページ目を表示(合計184件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7    [次のページ]  

この画面の説明