http://yamaiga.com/road/okutadami/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.07点 / 投票回数 5013人)

4ページ中 2ページ目を表示(合計111件)    1 | 2 | 3 | 4    [前のページ] [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
19,5782015-08-08 23:23:42/road/okutadami/main7.html9
 私もシルバーラインを通り奥只見湖の遊覧船乗りにいきましたが、帰路はシルバーラインは避け山道くねくね・・・さすがに助手席では酔い運転を交替しました。
19,5102015-07-26 21:46:14/road/okutadami/main7.html10
前から気になっていたトンネルでした。Googleで、「ヒト」を動かせないところだったので、トンネル内の様子が全然分かりませんでした。長い時間、お疲れ様でした。
19,4352015-07-20 09:18:55/road/okutadami/main7.html10
自分もシルバーラインは地図で見つけて凄いと思い車で走破したことがあります。

このような裏側を知ることができて嬉しく思います。

お疲れ様でした。
19,2812015-06-23 15:47:42/road/okutadami/main7.html9
いゃあ〜 凄いレポートで大いに参考になりました。限りない好奇心と突破する その向上心に刺激をうけました。今度 行ってみます。ありがとうございます。
19,1232015-06-13 12:17:30/road/okutadami/main7.html10
先日僕も○○○で行こうと計画していましたが、入口前まで行って初めて○○○通行禁止なのを知った次第でした。
新たな計画の参考になりましたし、紀行文としても面白かったです。
18,4052015-03-29 21:14:15/road/okutadami/main7.html10
有料道路として一般車が入れるようになった当初は、隧道内は素掘りのままのところがほとんどだったような記憶があります。(岩盤が堅いので発破で砕いたんでしょうかね)冬季の閉鎖期間中などにコンクリート巻き立てや出入口付近のスノーシェッドなどが増設されて近年の姿になってきたようです。
17,2352014-11-13 02:32:37/road/okutadami/main7.html10
素晴らしい!!
17,1632014-11-03 16:33:20/road/okutadami/main7.html9
一昨日通りました。なーんにも調べないでいったんで。正直怖かったデス。何かあったらどうしようと思ってましたが、本当に何かあったらどもならないところだったんですね。無事に帰還できてよかったわぁ〜。。
17,0702014-10-20 02:02:58/road/okutadami/main7.html10
何回も通ったけど、たいして気にもしていなかった。驚きです。バイクが走ってるのを見た事がありましたが、通行禁止だとは知りませんでした(笑)
16,8902014-09-22 08:14:21/road/okutadami/main7.html10
20年近く前に行ったこのトンネルが忘れられず、体験談が無いかと探したところ、このブログに出会いました。臨場感があって当時の緊張が蘇りました。丁度雪の少ない年で、八海山のスキー場に雪がなく、奥只見だったら滑れると聞き、何の情報も持たず向かったので、奥只見の終点に着いた時には、またこの道を帰るのかと思うと、スキーどころの気分ではなかったのを思い出します。
16,7862014-09-12 12:28:07/road/okutadami/main7.html10
大分もトンネル多い(日本一)のですが、こげぇには「ひえた!!!!」としか言いようがないです。
16,6602014-08-26 11:18:51/road/okutadami/main7.html10
詳細な観察に感動です。芝らしいレポートでした。
16,3862014-07-30 20:17:44/road/okutadami/main7.html10
素晴らしいレポートありがとうございました!
大峠や松ノ木峠のレポートもございましたが、どのレポートも心躍らせるようなワクワクするようなレポートでした。
これからも素晴らしい旅の記載をお待ちしております!
16,1312014-07-04 17:10:34/road/okutadami/main7.html10
実に面白いレポートです。
以前、春スキーができるスキー場はどこかと探して、ここにあるスキー場を発見、その時に通りましたが、その長さといい素彫りといい、そしてトンネル内にキリのような水蒸気が漂っていることといい、とにかくその怖さでは比べるものがないトンネルでした。
このレポートで、こんなに沢山の設備があったとは驚きです。
15,9342014-06-12 15:10:43/road/okutadami/main7.html10
ワォでした。今年の紅葉シーズンに行く予定にしていますが、トンネル恐怖症気味の私にはとても無理!様子が分かってよかったです。
14,6532013-12-09 13:29:12/road/okutadami/main7.html10
すごい!!すごい!!すごい!!すごい!!すごい!!すごい!!
14,1862013-10-15 14:51:44/road/okutadami/main7.html10
すごいトンネル
13,8322013-09-15 22:05:19/road/okutadami/main7.html10
奥只見ダムが着工して間もない昭和32年、大学3年生の夏、夏季実習生として1か月少々、ダム現場で生活しました。作業としては、ダム本体の完成後の堤頂の長さを、予め三角測量で測定することでしたが、毎日、登山をしているような大変疲れる作業でした。現場にはマムシが多く生息し、たびたび目の前に現れてヒア汗を流したものでした。このため真夏の暑い最中でも、作業服に長靴そして手袋をはめての作業でした。また宿舎の近くに泳ぎに格好の池があったのですが、何と原生虫のツツガムシが生息しているとのことで、遊泳は禁止でした。このあたりは降雪が多いことで知られていますが、当時は一冬に積雪が10メートルを超すとのことでした。実際に7月に現地入りした時にも雪が相当にありました。そんなことで現在「シルバーライン」と呼ばれている当時の工事用道路も、積雪を避けるためトンネルを多用しています。工事中のトンネルを歩いて見学したときには、掘削現場から氷がでてきたと担当者が話していました。トンネルの見学を終えて、その夜は大湯温泉で泊まったことを懐かく思いだしています。
この10月には50数年前の思い出を求めて奥只見湖に行くことにしました。「シルバーライン」はしっかり見てこようと思います。素晴らしい写真集を見せていただきありがとうございました。大変参考になりました。いろいろと調べましたが、このサイトがベストと思います。
小太郎:fujtak5463@nexyzbb.ne.jp
13,3532013-08-03 15:35:12/road/okutadami/main7.html10
とても貴重な体験で、スリリングに楽しく読ませて頂きました。私も道が大好きですし、貴方のアドベンチャーを支持します。有難うございました。
12,9712013-06-16 08:24:22/road/okutadami/main7.html10
全行程、ダム工事のために!!感満載の写真、満喫しました。いつか言ってみたい。あ、もちろん車で。
12,8042013-05-26 13:15:20/road/okutadami/main7.html5
ああたねぇ・・・・
昔、バ○クで突入しようとして、入り口で思い切り『放送』されたことがあります。
外を走るR352も当時は砂利道でバ○クは通行禁止、こちらにも突入したらヘアピンで転倒して逃げ帰った記憶が。
今は(雪が積もっていなければ)バ○クでR352は通れますがね。
銀山平からの入り口でバ○ク仲間(ドイツ人)が転倒した記憶も。
次回はR352を走破してください。

採点は・・・まあイリーガルなんで。
12,5462013-04-20 17:16:44/road/okutadami/main7.html10
全てにおいて最高!
これからも面白いレポート書き続けてください。
12,5242013-04-16 20:52:57/road/okutadami/main7.html10
よくやってくれた!
かたき討ち、ありがとう!!
12,3512013-04-01 22:34:47/road/okutadami/main7.html10
とても面白い!!!
11,6662013-01-06 21:35:42/road/okutadami/main7.html10
送風機ですが、運転してるのかどうかわからない、ならば停止しています。運転音はするので。制御盤も大したものではないでしょう。おそらく変圧器や送風機、照明の現場盤でしょう。
日本全国どこでも制御盤はTAKIGEN200番またはR200番という鍵で開きますが・・・制御盤を開けたところでヨッキさんが興奮するもの(笑)は入っていないと思われます。ましてや、感電死する危険があるので開けてはいけませんよ。
11,2992012-12-12 19:25:25/road/okutadami/main7.html10
新潟と福島の間の山深さをgoogleの航空写真で見て、ただただ、唖然……。すごいところに道路を通しダムを作ってきたんですね。まさに陸の孤島。ヨッキれんさんが事故なく通り抜けられて良かったです。
11,0412012-11-18 12:13:32/road/okutadami/main7.html10
楽しく見ることが出来ました。
サンクス!(^^)!
10,9592012-11-06 16:43:58/road/okutadami/main7.html10
(2012年)10月25日(木)に小出ICから国道352線で銀山平
まで往復しました。
往路は樹海ライン、復路はシルバーラインです。
樹海ラインは「紅葉が絶景で素晴らしかった。」です。
越後駒ケ岳は既に冠雪していました。
来年も挑戦したい気持で一杯です。
折立から銀山平まで、正確ではありませんが約20km強あったと思います。
道は狭く、クネクネしてカーブが多く、所々交差する箇所がありました。
今回向こうから全部で5台くらい来ましたが、幸運にも交差ポイントがやや広く、私が停止するだけで全て交差できました。
(私の車は全幅が1,780mm。交差は絶対無理と思われる箇所がありました)
工事は5ケ所くらいありました。3ケ所は誘導員の指示でそのまま通過し、2ケ所は停止させられました。待つこと5分間位だったと思います。
停止していた車は前にいた軽(夫婦)と後ろの私達夫婦です。
助手席に人がいると幅寄せに助かります。この国道で、一人運転は推奨できません。
復路はシルバーラインを走行しましたが、往路が強烈だったため、楽勝!でした。
10,9552012-11-05 23:04:22/road/okutadami/main7.html10
シルバーラインで検索して拝見しました。本日シルバーラインを通ってきました。長いすごい道のりでした・・・。何も知らずに走ってしまいもったいなかった。こんな道だったのですね!渾身のレポートとても面白かったです。
10,7742012-10-05 23:35:23/road/okutadami/main7.html10
25年くらい前、福島県の檜枝岐から352号を経由し、銀山平からシルバーラインを通って新潟へ抜けた思い出があります。352号線とシルバーラインがワンセットで、当時小学生だった私の記憶に強烈な印象として残っています。
好きな道の1つで、また行きたいのですが旦那に酷道を強要させるわけにも行かず、時々このサイトをのぞいて思い出に浸っています。

4ページ中 2ページ目を表示(合計111件)    1 | 2 | 3 | 4    [前のページ] [次のページ]  

この画面の説明