http://yamaiga.com/tunnel/aso/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.38点 / 投票回数 528人)

2ページ中 1ページ目を表示(合計44件)    1 | 2    [次のページ]  
番号▼書き込み日時書き込みURL点数
コメント
52,7472023-10-18 14:06:46/tunnel/aso/main2.html10
挿絵がいいねえ。草鞋を履いて浜まで抜けて、今日は阿曽で宿を求めよか。
48,7532021-11-26 16:47:50/tunnel/aso/main2.html10
嶺南は敦賀までお疲れ様です!!
46,6812021-01-12 18:00:51/tunnel/aso/main2.html10
「越前海岸南下作戦」で探索した他の面白い道もレポート公開を期待してワクワクです!ぜひ早く見たいです!また、この明治の「敦賀道」の件ですが、地形図を見ると、春日野隧道だけでなく、それより南の「桜トンネル」の旧道も短隧道が入り組んで面白そうです。さらに南の「大谷第2〜第5トンネル」も明治旧道らしいものが徒歩道として見えますね。それに「敦賀トンネル」の明治旧道はトンネル北口辺りで分岐した現県道204号でしょう。いずれもレポートを楽しみにしております!また、山中峠を現在通っている北陸本線旧線こと県道207号も面白そうですね!
28,7562018-05-04 01:15:11/tunnel/aso/main2.html10
ロックシェッドとつながるトンネルにはロマンがある・・・!
25,2872017-03-26 00:49:10/tunnel/aso/main2.html10
県道杉津停車場線をスルーしたのはなぜかな、どうせPAだからかな。
若狭湾の絶景は停車場時代と変わらないし、蕎麦が美味しいと評判のPAです。
25,2492017-03-21 22:19:34/tunnel/aso/main2.html10
お疲れ様ですぅぅぅぅぅぅ
23,2032016-07-21 16:32:46/tunnel/aso/main2.html10
面白いw(=゜ω゜)ノ これから頑張って♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪
23,2022016-07-21 16:28:50/tunnel/aso/main2.html9
面白いww(=゜ω゜)ノ これからも頑張って♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪
23,2012016-07-21 16:28:07/tunnel/aso/main2.html9
面白いww(=゜ω゜)ノ
23,2002016-07-21 16:27:12/tunnel/aso/main2.html9
面白いww(=゜ω゜)ノ
21,9492016-02-20 08:50:53/tunnel/aso/main2.html10
廃隧道の現役時の画像を発見した時ってとてもワクワクしますよね〜。
21,8242016-02-13 01:18:28/tunnel/aso/main2.html10
探索ありがとうございます!この隧道は冬季に蟹目当てに越前に行くたび気になって気になって気になって仕方のない隧道でした。冬は草が無い分見通しがよくてそれはそれは可愛い卵型のようなお洒落な坑門が見通せます。8号線ドライブの私の楽しみでもあるこの隧道の由来が分かり大変うれしいです。
21,7152016-02-02 16:27:11/tunnel/aso/main2.html10
キレイな隧道に感謝
21,7022016-02-01 22:32:59/tunnel/aso/main2.html10
中が素掘りの隧道の割には綺麗でしたね。
てんぱっぱ
21,6992016-02-01 19:44:02/tunnel/aso/main2.html10
以前、このあたりの鉄道廃線跡を巡る番組(=多分CS)の録画DVDを友人からいただいたことがありました。鉄にしろ車にしろ、この界隈の陸地に繋がった“道”を通すことの困難さを知りましたが、ここで改めてその思いが強まりました。
先人たちの苦心如何ばかりや…隧道ポータルの不思議な形状とともに感動の前後編でした♪

21,6982016-02-01 19:31:50/tunnel/aso/main2.html10
阿曽は「あそ」ではなく「あぞ」です。今から約50年ほど前のガキのころの夏休み、冬休みの従兄弟たちとの遊び場のひとつの登場に懐かしさがこみ上げてきます。北側の藪のひどいときは足元要注意です。波打ち際まで落ちます。挙野集落には昔の峠道の痕跡もありますがほとんど自然に帰っています。熊・猪・鹿・猿などの出会いもあります。(数年前、納屋に親子の猪が侵入し猟友会の出場があったり、五幡の敦賀市街側の江良(えら)集落には、家の裏の畑に熊が出没などなどあり)ここに記された阿曽へ抜ける峠道や先に書かれたウツロギ峠探索には足元だけではなく獣にもご注意を!

21,6952016-02-01 17:19:37/tunnel/aso/main2.html8
古くから日本の中心地だった近畿地方には道の歴史にも半端なく長い物があるのですね。
その長い歴史の中でもやっぱり明治時代の動きはとびきり激しいようで。
地図の上では簡単に示せる道の変遷ですが、このレポの隧道と前後の道だけでも、
地形の厳しさから来る難度は相当な物だったでしょうに、
それを実現できた時代の熱さというのはすごい。
当時の関係者の間ではいったいどんなドラマが繰り広げられていたのか・・・。
清水峠のレポでも思った事ですが、今となってはおぼろげにさえ掴み難いことがもどかしい。

ところでせっかく字数を割いてアーチの色々に触れるなら、
簡単なイラストでも添えていただけると読み易いかと思いますが。
https://www.youtube.com/watch?v=tGz9oda_W14
21,6912016-02-01 10:48:15/tunnel/aso/main2.html10
今年5月に自転車で通る予定です。記念撮影してきます。ところで、表は、Table 図は、Fig.を使います。「.」は、Figureを略すときに使用します。
21,6902016-02-01 08:23:07/tunnel/aso/main2.html10
次は、杉津から杉津駅まであったという石段を探索?
21,6882016-02-01 06:53:50/tunnel/aso/main2.html8
道路で走っているときに、あんな目立たないずいどう見つけてしまうなんて、ヨッキレンさんの観察力が、高いことがよくわかります!
これからもよろしくお願い致します!
21,6872016-02-01 04:28:55/tunnel/aso/main2.html10
一番最初の「現在地」の地図のリンク、間違ってないですか?
21,6842016-01-31 23:44:23/tunnel/aso/main2.html10
敦賀には親戚の家があるので度々訪れるのですが、金ヶ崎隧道意外は訪問したことがなかったので、いずれは訪れたいと思っていた阿曽隧道がレポートとして公開されて嬉しいところです
金ヶ崎隧道は敦賀市街地側からなら簡単にアプローチすることができるので、探索も比較的簡単かと思われるのでぜひレポートにしていただきたいです
21,6832016-01-31 22:38:34/tunnel/aso/main2.html3
海沿いの旧国道でしたか…。
21,6792016-01-31 20:38:07/tunnel/aso/main2.html10
思ったより凄い隧道ですね。
by丸山 熙人
21,6782016-01-31 19:59:54/tunnel/aso/main2.html10
待ってました歴史篇!
どちらかというと北陸道の敦賀奪還では無く敦賀の北陸道奪還っ
この辺は未すよね〜。成道や北陸本線の旧線などが入り交じって昔から気になる存在ではありましたが始めてちゃんと歴史知れました。12点ぐらい上げたいっすw
それにしても原発を嶺南に押しつけて嶺北の福井県が潤ってるイメージがあるので石川県と(原発に批判的な)滋賀県に分割のままが良かったなぁ。。
21,6752016-01-31 18:07:43/tunnel/aso/main2.html10
山行がレポで大化の改新なる言葉が出てくるなんて!
太古の道も守備範囲に収めるに至ったかーw
21,6742016-01-31 18:04:41/tunnel/aso/main2.html10
貴君の廃道にかける情熱もアツイ!!いつもながらスバラシイ!
21,6732016-01-31 17:32:02/tunnel/aso/main2.html10
敦賀には時々行くんだけど、こんな歴史があったなんて。
残る二本の隧道はどうなってるんですかねえ? にやにや
21,6722016-01-31 16:53:50/tunnel/aso/main2.html10
うーんよかった!
歴史と道、まさに道路趣味の原点ですな
夏の日本海の風景も最高
毛■が大大大嫌いなので私が夏場に行くことはないと思いますがね…
21,6712016-01-31 16:07:14/tunnel/aso/main2.html7
昭文社から2008年に出た「なるほど地図帳・世界に誇る日本の建造物」には、南口の写真が「黒崎隧道」として載っています。
その写真では、ヨッキさんの探索時のように草生してもおらず、坑口も綺麗なので、ここ10年くらいの間に荒廃が進んだのかもしれないですね。

2ページ中 1ページ目を表示(合計44件)    1 | 2    [次のページ]  

この画面の説明