http://yamaiga.com/tunnel/ayado/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.39点 / 投票回数 1233人)

3ページ中 1ページ目を表示(合計66件)    1 | 2 | 3    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
31,1792019-02-27 09:33:00/tunnel/ayado/main2.html10
睡眠時間を削って一気に読んでしまいました!ありがとうございます。
30,4692018-11-22 08:45:02/tunnel/ayado/main2.html10
よく調べて、とても興味深いです。最後まで読まして頂きました。文章力も素晴らしい。
30,2132018-10-20 09:30:31/tunnel/ayado/main2.html9
もし上越線開通後にも踏切を設けて通れた時期があったとするなら、今ある道跡はその際に掘り下げられている可能性が大です。
おそらくその時に隧道も壊されているのでしょう。
なぜなら、わざわざ隧道を掘るためにこの部分だけを突っ込み勾配にする必要など無いからで、
本来の隧道は工場敷地と同レベルに隧道の道床があったものと推測されます。
それでも掘り下げの際、上越線の上下線の間に頑固に隧道を残していたとするなら、
30,1082018-10-04 22:34:23/tunnel/ayado/main2.html10
平沼さん、清水国道、隧道探査、お疲れ様でした。
私は、廃線跡が元々好きで、たまたま開いたこのサイトのおかげで、廃道に興味を持ちました。
まだ14歳なので一人で探索する事はできないのですが、
いつか清水国道や、奥羽本線赤岩駅周辺等、行ってみたいです。
これからも読ませていただきます。
29,1952018-06-20 02:29:18/tunnel/ayado/main2.html9
(´Д`)ノ 読んじゃいましたぁ
27,6722018-01-17 01:15:20/tunnel/ayado/main2.html9
清水国道シリーズから日にちをまたいでここまで読みました。
隧道がまったく残っていないのは残念ですが…。
綾戸巌穴については本で読もうと思います。(まだ途中)
27,4732017-12-27 14:15:07/tunnel/ayado/main2.html10
ヨッキ様。
初めまして。数年前からこちらを拝見させて頂いておりました。
素晴らしいです!
登川は小生の趣味の釣りであの集落を身近に感じる事が出来、また登川の奥がどの様になっているのか、いつも思いを馳せていました。
これからのオブローダーも楽しみにしています。
26,8942017-10-15 17:07:24/tunnel/ayado/main2.html10
とにかくセンス抜群です!
26,1012017-07-18 20:13:44/tunnel/ayado/main2.html10
ここまで食い下がる情熱と心意気に脱帽です。
久々にネットの記事を追い掛けてしまいました。
26,0652017-07-10 19:05:11/tunnel/ayado/main2.html10
わくわくしながら読ませていただきました!
25,9202017-06-26 01:37:53/tunnel/ayado/main2.html10
大変すばらしい長編冒険ものでストーリや
予想した隧道などの検証など
物語になっていて感動いたしました。

読んでいて、心がスッとする内容。
国内が汚い言葉で乱れている中
頭の中から綺麗になりました。
応援しております。
25,5192017-04-23 19:04:56/tunnel/ayado/main2.html10
素晴らしい歴史探訪でした。
清水国道アタックのレポートから半日、PCモニタから離れられませんでした。
貴重な知的興奮をありがとうございました!
25,4072017-04-07 08:45:53/tunnel/ayado/main2.html10
せっかくなら現在でも通れる道を国道再指定してほしいですねwもちろん本線も残しつつ、、
24,3072016-11-28 15:42:31/tunnel/ayado/main2.html10
酷道で検索して偶然辿り着きましたが、本当に読んでゐて楽しかったです。便利になる反面味はひの無くなってゆく道の今昔を確認する事は趣味の域を脱しないかもしれませんが、大変有意義な事だと思ひます。個人的にも山道を走ると何時も思ってゐたことなので、一例として非常に参考になりました。感謝します。
24,0802016-10-17 11:04:37/tunnel/ayado/main2.html10
この前、偶然に国道291号線が途中で無くなっていることにカーナビで気付き、新潟県側から最後まで行ってみました。その後、清水峠に興味を持ち、このサイトに辿り着きました。NGT48を見に、埼玉と新潟を一般道で往復しているので、道路の写真は全て見覚えがあり、さらに国道291号線に興味を持ちました。
21,3992016-01-09 11:52:11/tunnel/ayado/main2.html10
残念!
21,0072015-12-12 00:34:43/tunnel/ayado/main2.html10
おぉ!!
20,2842015-10-09 21:11:58/tunnel/ayado/main2.html10
群馬県内にはこのほかにもオートガードが現存しているところがあります。
 群馬県安中市の国道18号扇橋の片側(県道132号を渡る陸橋です。安中市文化センター近く)
 県道12号(旧国道17号)の橋(大原病院やスーパー・アイザワ高崎飯塚店の近くです)
20,1172015-09-22 15:30:08/tunnel/ayado/main2.html10
面白かった!
18,7372015-05-04 17:04:40/tunnel/ayado/main2.html10
「欄干がガードレールでなくて、最近は滅多に見なくなった「オートガード」であることが特徴的だ。」とありましたがオートガードが国道18号の群馬県安中市内の中央体育館付近の
県道132号線を跨ぐ陸橋(橋名はおうぎばし)に今も有ります。高崎から国道18号を走ってくると右側にあります。
17,9332015-02-07 02:55:54/tunnel/ayado/main2.html10
夜中に見てしまいました、感動巨編。
14,9622014-01-28 12:20:08/tunnel/ayado/main2.html9
隧道が現存して無くても、往時の雰囲気が感じられて楽しいレポでした。
ここは計画中の「綾戸バイパス」北側分岐点になる予定ですよね?
そしたら10年か20年後には丘も周辺も全く変わって、痕跡すらわからなくなったでしょうから、現時点で現地調査が出来てよかったのではないかと思います。
14,6422013-12-07 14:11:15/tunnel/ayado/main2.html10
隧道跡の探索への参考に
 道路跡などを探る場合、各法務局で『公図』を取り、そこに所有者などを閲覧して書き込み、1枚の地番図を作成することが、有意義なものと思われます。
 レポートの線路横断の部分に関しても、旧道部分は、その所有が私有地ではなく、国または赤線(国有地)になっています。そして、それにより、明らかに道路があった形跡を探ることができます。是非、参考にしてみてください。
(建設関係の仕事をしており、郷土史家を趣味でしている者より)
13,8172013-09-12 01:17:12/tunnel/ayado/main2.html9
隧道現存せずなのに、けっこうおもしろかった。綾戸巌穴気になっちゃう!!
13,7182013-09-01 00:06:16/tunnel/ayado/main2.html10
家がR291沿いです。
すごく近所なので、変な高揚感を感じながら読みました。
なんだかありがとうございました(´・ω・`)
13,6892013-08-28 00:42:43/tunnel/ayado/main2.html10
現地はたしかに残念な結果でしたが、非常に読み応えのあるレポートでした。
あと、変なネタ(鬼太郎)の挿入は悪い癖なのでやめてください。接岨峡線旧道のブロークンハートネタ以来、レポートは素晴らしいのにネタが全体の雰囲気を損ねているレポートがまま見受けられます。どうしても笑いをとりたいなら「変なもの発見」でお願いします。
13,6312013-08-22 03:02:16/tunnel/ayado/main2.html10
微妙な生煮え感が残ってしまうのまた オブローダーのSAGA
13,6302013-08-22 01:33:27/tunnel/ayado/main2.html10
まさか、ここへ来て清水国道ネタに再開できるとは思いませんでした。
13,6272013-08-21 21:15:52/tunnel/ayado/main2.html10
> 立ち止まれば退去を求められそうな予感がして
ひょっとするとお説教が始まった可能性が。
セッキョウプラス動画 http://www.nicofinder.net/watch/sm17442230
愛(Love)よりも説教(Preach)を望む人向けのゲームです。
13,6262013-08-21 14:22:29/tunnel/ayado/main2.html10
非常に興味深い。けど、話題が横道に逸れ過ぎ ^^;

3ページ中 1ページ目を表示(合計66件)    1 | 2 | 3    [次のページ]  

この画面の説明