http://yamaiga.com/tunnel/tanne/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.54点 / 投票回数 1297人)

6ページ中 1ページ目を表示(合計164件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
39,9452022-01-19 00:39:51/tunnel/tanne/main5.html10
隧道を土木遺産として保存したくなるレポートでした。
38,6732021-07-05 22:49:51/tunnel/tanne/main5.html10
調査編も含めて特に面白いレポートでした。村人が整備したおらが村の道が、大昔には全国各地にあったのでしょう。旧旧道は今なお毎年刈り払われているというのも、大切にされていることが伺えて良いですね。
38,6042021-06-19 18:07:14/tunnel/tanne/main5.html10
上越市民です。いつも楽しく拝見させて頂いています。この「裏街道」について、谷根〜小杉 間は車道現存、蕨野集落は解村(上輪より車道あり)を確認していますが、小杉〜蕨野(大平?)〜小萱 と続く道がどうなっているのか気になります。(「裏街道の現状はどうなっているのか?」)今後の探索候補についての、御一考の素となれば幸いです。
38,6012021-06-19 09:09:19/tunnel/tanne/main5.html10
県内別地区に住んでおりますが、新潟県の人は昔からの山道などは今でも夏に「道刈り」と言って地元の人たちが集まって管理している場所が多くあると思います。旧道がしっかりと整備されているのはその名残だと思います。ここまで大きな道以外でも、ほんの小さな山道とかでも結構行われていますよ。現在でも山菜や熊や鳥撃ちなどで使うことが多いためですね。、
38,5772021-06-16 21:04:35/tunnel/tanne/main5.html10
「思い出したのでちょっと見てきた」みたいなノリで始まったのにこんな100点満点中300点みたいなレポート出されて驚いた。  素掘り素人施工の明治前期隧道が昭和後期まで耕運機や自転車通して使われてたのも驚きだし、高校社会部の調査が核心に触れてるのもなんだかエモい。しかし北陸道の裏街道なんていう早い時期に投資されるだけの役割もあった訳で作られた経緯も納得。
38,5332021-06-11 01:18:05/tunnel/tanne/main5.html10
新澤多三治氏については、以下の書籍にも名前が載っていますね。高齢者写真名鑑https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1182380/144大正天皇の銀婚式の際、全国の高齢者に対して天杯の下賜と表彰があったようですが、大正14年時点で90歳になられていて、表彰対象だったようですね。残念ながら写真は載っていないようですが……るくす
38,5122021-06-07 19:53:33/tunnel/tanne/main5.html10
俗に「出来の悪い子」ほど可愛いと言いますが、「出来の悪い隧道」がこれほど可愛がられている光景は本当に微笑ましいものがあります。家運を傾けてしまった点は気の毒でしたけれど、何十年ものあいだ大勢の人達の苦を取り除くことが出来て、新沢多三治氏も冥土で誇らしく思ってらっしゃる事でしょう。
38,4982021-06-06 00:54:51/tunnel/tanne/main5.html10
地元の話題で驚きました……谷根集落は現在も鯨波地区とのトンネルによる接続が行われているのですが、まさか明治中期にすでに隧道があったとは知りませんでした。
38,4882021-06-04 10:42:03/tunnel/tanne/main5.html10
廃道とか廃村が大好物なのでいつも楽しく拝見しています。今回は近所のレポとあって特別にワクワクしました(移住者なので云い伝えとか知りませんが)。北山の峠は今度ハイキングに行ってみようかな……あの辺の古道は興味深いです(トンネルはムリ)。貴重な情報を公開していただきありがとうございます🎵
38,4842021-06-04 00:35:45/tunnel/tanne/main5.html10
地元のあのトンネルの古さにもびっくり。同時に、一方は昭和に新しくされてるのにこちらは残念な現状ですね。
38,4822021-06-03 01:10:36/tunnel/tanne/main5.html10
完結しましたね!昔の人が努力して作ったものの、今はほとんど誰も使わないのは、勿体ない気がしてしまいます。土木工事や乗り物の技術が進歩してさらに便利になったためなので、喜ばしいことなのですけど。隧道ネコの家族にも会えて楽しいレポでした!
38,4782021-06-02 12:10:08/tunnel/tanne/main5.html10
めちゃくちゃ面白かった!!!感動しました笑
38,4642021-06-01 15:57:22/tunnel/tanne/main5.html10
なんたる感動..
38,4612021-05-31 12:45:24/tunnel/tanne/main5.html10
気持ち悪い隧道から出た、心地良い話でした。
38,4572021-05-30 22:18:56/tunnel/tanne/main5.html10
え、最後の資料高校生が調べたの?ということは一次資料があるか、古老聞き取りベースなのでは?
38,4562021-05-30 19:22:14/tunnel/tanne/main5.html10
米山参拝は野田ルートがメイン、蒲原周辺(講)が多かった模様。大正の鉢崎大平が使えるようになるまで、この傾向が続いたと思われる。三階節鉄道は時刻表が存在しておらず、時間計算が出来なかった。駅客とも、その前提で動いていた。鯨波大久保隧道(単線)に鉄道監視担当ばあちゃん?が居た話がある。不動明王は密蔵院(柿崎)の本尊。(江戸期)当山派が置いたと思われる。水神様でもある。密蔵院管轄の目印としての役割なのか不明。この方面は熊野権現が女人堂として機能していたとのこと
38,4552021-05-30 12:15:18/tunnel/tanne/main5.html10
38,858様新沢姓の人はいますよ。直接の子孫かどうかは別として。
38,4532021-05-30 10:02:55/tunnel/tanne/main5.html10
探索や隧道の発見能力も素晴らしいけど、この事後調査が加わることで、価値が大幅に上がるというか、他のサイトとは次元の違うレポートに昇華していると思います。
38,4522021-05-30 09:13:06/tunnel/tanne/main5.html10
調査力 描写力 が素晴らしい!
38,4512021-05-30 05:53:57/tunnel/tanne/main5.html10
レポありがとう!感動した!新潟県民より
38,4492021-05-30 01:39:26/tunnel/tanne/main5.html10
あの急坂を牛馬が通ったのか……
38,4472021-05-30 00:21:18/tunnel/tanne/main5.html10
毎回ですが、服を一枚一枚脱がせていくように(例えが下品ですみません)、その道の正体を解き明かしていくかの様な机上調査編は、現地のレポとは違う静かなゾクゾク感があって好きです。
38,4462021-05-29 23:20:46/tunnel/tanne/main5.html10
うおおおー泣けるー
38,4452021-05-29 21:48:09/tunnel/tanne/main5.html10
頑張って掘ったのに、何だか可哀想···。長野県トヤ
38,4432021-05-29 21:30:50/tunnel/tanne/main5.html10
漫画家の新沢基栄(ハイスクール奇面組の作者)が谷根の近くの出身ですね。少数姓だし、ご縁があるのかもしれません。出身高校も県立柏崎工業高等学校で、ご年齢的にも資料をおつくりになられたころの在学かな。
38,4412021-05-29 15:09:39/tunnel/tanne/main5.html10
新沢多三治氏の子孫や本家が谷根か周辺に存続しているのかな
38,4402021-05-29 12:44:03/tunnel/tanne/main5.html10
37,827のトレーラーは、大平ーおおだいらー部落で見た記憶があります。ちなみに米山薬師堂は山頂にあります。
38,4392021-05-29 12:37:14/tunnel/tanne/main5.html10
谷根蓑の別名「ノミシミノ」は、「のめし蓑」の訛ったものでしょうね。「のめし」とは、「さぼり」とか「手抜き」の意味です。例用:あこん家のあんにゃ(あんちゃ、とも言う)は「のめしこき」だすけさ(あの家の長男は、なまけものだからな)
38,4382021-05-29 11:20:18/tunnel/tanne/main5.html10
毎回ながら見事な調査!
38,4372021-05-29 11:08:22/tunnel/tanne/main5.html10
地元民・・・といっても長岡の者ですが、この付近を通過する北陸自動車道の上で県内高速バスの運転士をしております。普段仕事で呆気なく通過する上方BS〜柿崎BSの区間ですが、現代の高速道路開通に至るまでの間にこれほどまでの深い歴史が刻まれているとは知らず、たいへん興味深く拝読させていただきました。ありがとうございました。なお当該区間は現代でも地形の険しさを物語るように、新潟〜上越間の各停留所のうち最長の区間距離であります。また、道中最も個人的にオススメの風光明媚な区間でもあります。

6ページ中 1ページ目を表示(合計164件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6    [次のページ]  

この画面の説明