http://yamaiga.com/tunnel/tanne/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.54点 / 投票回数 1396人)

6ページ中 1ページ目を表示(合計168件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6    [次のページ]  
番号書き込み日時▲書き込みURL点数
コメント
46,0242020-10-30 12:21:07/tunnel/tanne/main.html9
ピラミダル、なるほどです。良い道が残っていましたね。
46,0252020-10-30 13:10:46/tunnel/tanne/main.html10
これまた興味深い場所ですね。回を追う毎に何が出て来るのか…今回も固唾を呑んで楽しみに拝読させて頂きます。
46,0262020-10-30 13:14:08/tunnel/tanne/main.html10
10:52 《現在地》のリンク先が【Not Found】になっています
46,0282020-10-30 16:03:05/tunnel/tanne/main.html10
『新潟廃報』の更新が止まり、それこそ、廃止されてしまったので、ずっと気になってる隧道でした。楽しみです。
46,0292020-10-30 17:10:36/tunnel/tanne/main.html7
レポ化されたということは、最低でも痕跡発見ぐらいは成果があったということですよね辿り着くまでが長そうな出だしですが、期待大!
46,0302020-10-30 18:01:24/tunnel/tanne/main.html10
母の実家じゃないか・・・お盆のお墓参りついでに寄ってみよう(激藪)
46,0312020-10-30 18:17:33/tunnel/tanne/main.html7
柏崎なら全然探索の範囲内です!!ワクワク((o(^-^)o))
46,0322020-10-30 18:25:18/tunnel/tanne/main.html9
新しい冒険が始まった。楽しみだ。それにしても、なんでこんな場所にトンネル掘ったの?
46,0332020-10-30 19:45:53/tunnel/tanne/main.html10
地元民です。だが知らんかったわ。波打ち際を攻めるのかと思っていたんだけど。
46,0342020-10-30 20:42:08/tunnel/tanne/main.html10
何でこんなところに長さのある明治隧道が、というのか今回の冒険の肝でしょうか。新潟、柏崎、明治ときますと、あの清水国道の影がチラつきます。
46,0362020-10-30 22:55:51/tunnel/tanne/main.html9
SUZUKIのアルトっぽい廃車ですね。そっくりな廃車が実家の裏庭にあったので懐かしさを感じてしまいました。
46,0392020-10-31 10:11:15/tunnel/tanne/main.html9
里山と春の日差し いいですねえ
46,0402020-10-31 10:35:13/tunnel/tanne/main.html9
廃車体はスズキ・アルトの二代目だと思います。ストリートビューでコンクリートプラント出てますね。奥の窪地との関連は低そうな感じがします。
46,0432020-10-31 15:40:42/tunnel/tanne/main.html10
いいねぇ
46,0442020-10-31 15:54:49/tunnel/tanne/main.html10
続きが楽しみです!ところで碑を建立したのは「大和田講中」となってますが、「中和田講中」の間違いですよね。
46,0462020-10-31 18:52:54/tunnel/tanne/main.html9
[新潟廃報]。消えてしまってかなり経ちますね。太郎丸隧道や栃窪隧道等もレポートされていたと記憶しています。新潟県の廃なものを詳細に記録されており、読みごたえのあるサイトでしたね。急に更新が停まって無くなってしまったので、ショックでしたが、その心を継いでよっきさんがレポートしてくれるとは!新潟廃報管理人さんも、嬉しく思っていらっしゃるはずてす。ワクワクします。今後に期待しています。
46,0472020-10-31 20:18:32/tunnel/tanne/main.html10
よっきれんが苦手な藪地獄ですか!相手は明治の隧道、その先にはたして光があるのか。
46,0492020-11-01 00:37:08/tunnel/tanne/main.html9
この辺りは山が海までせり出していて、それを谷根川が削って深い谷になっている。柿崎-柏崎間を行き来する場合、海岸ルートは昔は難所だっただろう。難所を迂回しようにも柏崎のシンボル米山が鎮座してるから山ルートはかなり遠回りになる。なのでこの辺に明治かそれ以前の隧道があってもおかしくないですね。
46,0512020-11-01 10:41:47/tunnel/tanne/main.html10
A71アルトですかね?
46,0532020-11-01 19:50:23/tunnel/tanne/main.html10
新潟県は十二社の信仰が篤い印象があるのでそれと関係があるのでしょうかね?(十二夜塔
46,0542020-11-01 20:18:29/tunnel/tanne/main.html10
ちなみに、「4WD」と書かれている車は、CC72V型アルト4WD(2代目)ですね。2代目アルトの中でも前面から後期型なので1986-1988年ころのモデルです。同時期には同型モデルでフロンテと言う5ナンバーのタイプ(当時のアルトは4ナンバーで商用車扱い)がありましたが、グリルの車名がいまいち判別できないのですが(破損などで交換された可能性もあります)少なくとも当方の持っているカタログを見る限りではTWINCAMモデルを除きフロンテの3ドアは設定されていないこと、またリアクオーターウィンドに保護棒(当時の4ナンバー登録車では必須でした)がついていることから「アルトであると」(ダジャレ…)判断できます。当時、4ナンバーの「物品税」などが安かったので圧倒的にアルトの方が売れましたが…いつからということですが、(まあ現在もそうかもしれませんが)こういった軽自動車はおおよそ10年くらいで値段がつかず廃車になることが多かったので、20年以上はここにいると思います(廃車と言うのは下取りとか売却で中古車として出回らないということです。知っている車屋さんのヤードには550ccの軽自動車で10年くらいで廃車になってその後20年位放置してある軽1BOXや軽ボンバンがあります。逆に新しめの車だとリサイクルが制度化されたためか?解体に回るそうです。軽トラに限っては、20年でも使うケースが多かったそうですが)
46,0602020-11-02 16:28:31/tunnel/tanne/main.html10
のっけから楽しみです♪遠い道のり!?
46,0622020-11-02 22:33:20/tunnel/tanne/main.html9
ここまでの感じから、なんとなく今回はイージーそう、なんて感じてしまった私の目はフシアナなんだろうなあ。(期待)
46,0682020-11-04 10:02:04/tunnel/tanne/main.html10
十二夜塔ですが、いくつか確認できます。Googleで “十二夜塔” -二十二夜塔 と検索(コピペしてみてください) すると、出てきます。
46,0692020-11-04 10:42:40/tunnel/tanne/main.html10
宮ケ瀬の村道10号橋への道のような果てしない道のりの再来か!?
46,0772020-11-06 05:28:34/tunnel/tanne/main.html9
北陸自動車道の真上に一本橋が道路真上に通ってますが橋の両脇は森の中でGoogleマップではさっぱり見えないですがこの山道のところにつながっているのでしょうね。北陸道は切りどうしの所であって両サイドには切立った丘の様になっております。
46,0782020-11-06 10:43:01/tunnel/tanne/main.html8
・・隣町だ。今度行ってみよう。
46,0802020-11-06 21:38:35/tunnel/tanne/main.html10
谷根(たんね)という文字を見てピンと来た私は、新潟廃報の愛読者でした。ひろみず氏も興味深いレポートを多く掲載されていましたが、一番もやもやした終わり方だったのが、この谷根隧道と記憶しています。(ついでに言うと、太郎丸隧道も若干疑問符がつく終わり方でしたが、それも2012年に山行がで解決してくれましたね。)十数年越しで謎が晴れるとするならば、廃道サイト好きにとっては冥利に尽きるというものです。おそくら今回、そう派手なレポートにはならないと想像しますが、個人的には、日原とぼう隧道や八甲田の田代隧道レベルの期待を込めて、続きを待ちたいと思います。
46,1802020-11-14 22:20:06/tunnel/tanne/main.html10
日蓮系なら十二夜は入滅日みたいだし山岳信仰系でも十二講がある同一のものかは知らんけど寺で二十三夜はやってた?らしい
46,2682020-11-30 14:53:23/tunnel/tanne/main.html10
わが郷土上越地方はレポ不毛の地なのでこのレポはうれしかったです。千頭林鉄が10年越しに有終の美を飾ったことだし、第2回更新待ってます!

6ページ中 1ページ目を表示(合計168件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6    [次のページ]  

この画面の説明