http://yamaiga.com/mini/274/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.68点 / 投票回数 338人)

1ページ中 1ページ目を表示(合計20件)   
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
53,9992024-04-11 00:52:00/mini/274/main2.html10
近くの越後金丸の旧道(例の鬼県令様の作品)の入り口まで最近行ったので、今度はここに行きます!面白かった!
53,5182024-02-14 14:21:20/mini/274/main2.html10
ワーレントラス橋の遺骸だったのかー。どーして、これを回収しわすれたんだろにゃ。おかげで平沼さんの謎解きカードに加わることになって、陸奥の災害をまた、一つ知ることができた。さんぱち豪雪。。昭和38年の豪雪被害で村を見限って出て行くひとが増え続け、道路がついて、人口流出が加速して廃村?になった話も平成のおわりごろ知った。僻地に付いた全国の鉄道もそのお手伝いをしたがやろうにゃあ。なんぞ悲しき。
52,8692023-11-07 20:38:34/mini/274/main2.html10
この記事を執筆いただきありがとうございます。
私が探していた遺構でした。
10年ほど前に何処かのHPでこの橋の残骸に触れている記事を見かけ、
親族に縁がある地でもあった事からその後近くへ行った際に探しましたが見つけられず。
どのHPだったかも覚えておらず検索してもヒットしなかった事から別の場所と勘違いしたかと思っておりました。
米坂線については以前より赤字路線である事から廃止の話が昔からあったそうですが、113号線が不通となった際に米沢へ抜けるルートが無い事から廃止を免れていたという事も聞いたことがあります。
復旧について遺恨のない結論が出ることを祈るばかりです。
52,3782023-08-18 21:50:24/mini/274/main2.html10
資料調査に基づく検証、相変わらず素晴らしいです。
2度の天災を克服した米坂線ですが、3度目はどうなってしまうのか、憂慮されます。
52,3522023-08-15 21:09:17/mini/274/main2.html10
赤芝橋のレポートが歴代トップクラスに大好きだったので、近接地の今回は読み始めから非常にワクワクしました。そして、赤芝橋のレポートに負けず劣らず、読み応えのある記事でした。

「現在の橋梁は、なんと大井川橋梁から移されたものだった!」→(あれ?そうなると冒頭に出てきた第7径間の年号、昭和10年は変じゃないか……?)→「第7径間は、離れた場所の跨道橋を繋げたものだった!」の流れに興奮しました。
52,3312023-08-12 14:04:17/mini/274/main2.html10
現在遊歩道は、ほぼ壊滅状態です
52,3262023-08-12 08:09:23/mini/274/main2.html10
まさに災害との戦いの結果なんですね。
52,3112023-08-10 01:57:07/mini/274/main2.html10
ミニレポにしては濃い内容です。まさか東海道本線の橋梁が米坂線に転用されているとは思いませんでした。
52,2942023-08-09 06:49:42/mini/274/main2.html10
内容はすばらしいです。
令和4年の豪雨水害で不通となった米坂線。あれから1年経った今、この復旧の歴史レポートには考えさせられます。
52,2932023-08-08 23:37:18/mini/274/main2.html9
興味深かったです(ややこしかったw)。盛土が洪水を下流に流せなかったってのはあって築堤が撤去されて橋になったって部分もあるんでしょうな〜。
52,2862023-08-08 12:14:40/mini/274/main2.html10
転落した機関車8620型48639号機は引き上げらて昭和33年に廃車になるまで稼働しました。http://d51498.com/db/8620/48639
52,2852023-08-08 05:57:30/mini/274/main2.html10
この第四荒川橋梁の話はニヒトアイレンさんのHPで見て知っていましたが、上路トラスの資料は初めて見ました。また他のHPで赤芝渓谷以外にも羽越水害で落ちた橋桁が残っているという話を聞いたことがあったので納得しました。こんど見に行きたいと思います。羽越水害では他にも荒川に掛かる鉄道橋が流されているので他にも転用橋桁があるかもしれませんね。
52,2802023-08-07 14:17:04/mini/274/main2.html10
甚大なる自然災害が増え続けている異常気象下の昨今、今後もこの様な「遺構」が増えていく事もあるのでしょうか。
52,2752023-08-07 08:54:48/mini/274/main2.html9
多数の誤植を報告します。
「第4荒沢橋梁」が4箇所ありますが、当然「第4荒川橋梁」です。何処の山だよ(笑)。
囲み文の中に「横根山トソネル」2ちゃんねる(現在は5ちやんねるか)かよ(笑)!
「昭和42(1967)年に、本橋の主径間は、開業以来の下路トラスから、(より年式の古い中古の)上路トラスへ更新されていた」は、ここだけ「下路」と「上路」が逆になってます。
内容は大変面白く、机上調査も詳細で楽しめました。
誤植部分の訂正をお願いします。
52,2742023-08-07 02:46:34/mini/274/main2.html10
ミニレポでしたが内容の濃さは通常レポとしても遜色ないですね
52,2732023-08-06 16:09:46/mini/274/main.html10
わくわく
52,2662023-08-06 07:43:28/mini/274/main.html8
何かで見たと思ったら東海道本線上り線の大井川橋梁ではないか。
現橋に架け替えられた後に転用された5,6径間のうちのひとつですね。
転用前最後の姿が「こだま高速度試験」に映ってます。
ぎりぎり明治(1911年)製なので旧橋が米坂線用に新造されたものならそっちの方が新しいのか。

なお東海道本線下り線の現橋は1915年製で橋脚は初代から引き継いでいるので1889年製のはず。
52,2652023-08-06 07:42:00/mini/274/main.html10
すごい!
52,2642023-08-06 07:28:13/mini/274/main.html10
よく戦争末期に回収されなかったと思います。
鉄道のすぐ下、本気になれば回収は容易でしょう。
関係者は当然知っていたはずですが、犠牲者を悼む為、全員当局に対して知らんぷりを決め込んだのでしょうか?
52,2632023-08-05 21:46:39/mini/274/main.html10
続編も楽しみにしています

1ページ中 1ページ目を表示(合計20件)   

この画面の説明