http://yamaiga.com/rail/nigorigo/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.63点 / 投票回数 3804人)

10ページ中 5ページ目を表示(合計297件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10    [前のページ] [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
18,8072015-05-11 12:42:17/rail/nigorigo/main12.html10
早く続きが読みたいです。待ってます!

18,5012015-04-09 20:44:06/rail/nigorigo/main12.html10
すばらしい!感動しました。続きが楽しみです。
18,0802015-02-28 21:55:17/rail/nigorigo/main12.html10
すごく素晴らしい
17,8042015-01-22 22:00:13/rail/nigorigo/main12.html10
大変楽しませていただきました
17,7462015-01-16 00:20:42/rail/nigorigo/main12.html10
すでに、いろんな人が情報を出していますが、鯖缶のSSKは旧清水食品(現:SSKセールス)のことだと思われます。(地元なのでたまにCMをやってるのを見かけますw)
(↓Wiki)
http://ja.wikipedia.org/wiki/SSK%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B9
17,6972015-01-05 16:30:44/rail/nigorigo/main12.html9
薄紫の花はスミレかな
きれい
17,6492015-01-01 17:14:23/rail/nigorigo/main12.html10
残念、ガッカリ! と思わせといて・・・憎い演出(笑)
17,6482015-01-01 11:50:08/rail/nigorigo/main12.html10
スケジュール変更の決断は早い方がいい。
特に残りの行程をリラックスして進められる方向でのね。
17,6452014-12-31 11:36:07/rail/nigorigo/main11.html10
岐阜県にこんなものが残っているなんて…すごい!
17,6402014-12-29 20:57:47/rail/nigorigo/main11.html10
レポ10回の
塗装の下地に新聞紙の模様が浮き上がっていた。
ですが、標識の間に緩衝材として使った新聞だと思いますよ
17,6372014-12-29 10:42:55/rail/nigorigo/main11.html10
こんなに山奥でこれほど立派な隧道があるとは、なんとも驚きです!

17,6322014-12-27 20:50:48/rail/nigorigo/main11.html10
トンネルにレールがある林鉄跡を初めて見ました
すごい
これは重要文化財ですよ!
17,6102014-12-24 14:51:36/rail/nigorigo/main11.html10
地形図的に「隧道が有るかも?」と思っていましたが、やはり存在しましたか。
この先にも尾根が有りますが、隧道か、切り通しか、迂回かは微妙な所か。
17,6082014-12-24 09:49:10/rail/nigorigo/main11.html10
コーフンッ!
17,6052014-12-24 00:53:08/rail/nigorigo/main11.html10
その内大怪我しそう。

本格的に探索用の軍手を探してみては?

ホームセンターに行って野口1人出せばそれなりのモノが買えてお釣りが出ます。
とりあえず、
アトムゴムライン
アトムの赤色のゴム張りの手袋
コメリで売ってる素手感覚革手袋の3つはカメラのボタン操作がしやすいです。

手首のガードだけならリストバンド、腕時計

あと、軍手の親指と人差し指の部分を切った物も便利ですよ。
17,6042014-12-24 00:20:41/rail/nigorigo/main11.html9
自分も探索中に手首怪我したなぁー。
たいした怪我じゃなかったけど結構血が出た。

利き手の手首怪我すると探索中どころか生活面でも後引くだよね、治るの遅いし、たまに血が滲んできてドン引きされるし、痕残りやすい。



錆びた空きカンや標識や欄干を触ったりするなら面倒でも軍手を装備した方がいいですよ。





17,6032014-12-23 22:32:36/rail/nigorigo/main11.html10
隧道キターーー!!
17,6022014-12-23 20:56:47/rail/nigorigo/main10.html10
これで半分なのかー
17,6012014-12-23 20:46:30/rail/nigorigo/main10.html10
昭和のかおりがしますね。
熱い!
17,5972014-12-23 12:34:26/rail/nigorigo/main10.html10
私も基本素手派ですね
ナイロン軍手、木綿、指なし、豚革と使いましたが
汚れるときは表にゴムの付いているガーデニング用を使ってます。
17,5962014-12-23 10:14:28/rail/nigorigo/main10.html10
標識の新聞の文字って、包んであった新聞が風化してインクだけ残ったのでは?
鏡像反転しているように見えるんだけどな。
17,5952014-12-23 08:10:37/rail/nigorigo/main10.html10
軍手とヘルメットは慣れが肝要。徐々にで良いので癖をつけて下さいませ。怪我した時に有難味。
17,5932014-12-23 00:38:10/rail/nigorigo/main10.html10
こういう発見を追体験できるのはヨッキれんさんのお陰です。もう少ししたら近代考古学遺跡になるでしょうしねえ。
17,5912014-12-23 00:18:31/rail/nigorigo/main10.html10
久々のMOWSON開店、面白かったです。
ビールの件、当時はまだ瓶入りが普通で、缶入りと言うのは非常に珍しかったです。恐らくは現地へ運び込む時の重量と、空き瓶の回収の問題からわざわざ缶入りを選んだのではないかと想像しています。
缶切りで2カ所穴を開ける缶入り飲料、懐かしいなぁ。
たまに附属品の筈の缶切りが無くなっていたりして泣いた事も(笑)
17,5902014-12-23 00:15:52/rail/nigorigo/main10.html5
標識は・・・誰かがパクっていっちゃうんだろうなぁ・・・
はっきり図示したりせずに、わかりにくくしておくことはできなかったんだろうか・・・
17,5892014-12-22 23:17:03/rail/nigorigo/main10.html8
SSKの缶詰の製造者は、清水食品のもので間違いないかと
当時、清水市築地に本社を構えていたようです。
http://www.sskfoods.co.jp/home/company_cate/history
http://www.suzuyo.co.jp/suzuyo/verkehr/guide/canning_museum.html
17,5882014-12-22 21:58:35/rail/nigorigo/main10.html10
良いねぇ、この調子で続編に期待したいなぁ。
17,5872014-12-22 21:57:08/rail/nigorigo/main10.html10
地形図の等高線の間隔がこの先が如何様な場所か沈黙ながら雄弁に語っているかのようです。
17,5862014-12-22 21:15:38/rail/nigorigo/main10.html10
いいですねえ!ポイントが完全復旧したら楽しいだろうなあ。
後半戦もますます楽しみですが、レポとしてはまだ先の濁河川の渡河部分が気になります。
17,5852014-12-22 21:07:48/rail/nigorigo/main10.html10
サバ缶は現在も静岡市で盛業中の清水食品のものかと
http://www.ssk-ltd.co.jp/profile/establishment.html

10ページ中 5ページ目を表示(合計297件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10    [前のページ] [次のページ]  

この画面の説明