http://yamaiga.com/road/ennakouji/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.63点 / 投票回数 5505人)

16ページ中 8ページ目を表示(合計464件)    1 ... 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 ... 16    [前のページ] [次のページ]  
番号書き込み日時▲書き込みURL点数
コメント
26,2712017-08-13 05:22:13/road/ennakouji/main13.html10
高野龍神スカイライン、オススメです。廃道やないけど。
26,3232017-08-19 07:46:51/road/ennakouji/main13.html10
今からでも有料でいいから管理自転車道として整備して貰いたい景色です。それこそツール・ド・塩那が出来るような名所になりそうなのに。
26,5052017-08-30 18:50:49/road/ennakouji/main13.html10
満足感ハンパないレポートでした(笑)
26,6672017-09-17 01:42:01/road/ennakouji/main13.html10
内容が濃くて読破するのにかなり時間が掛かりました。
塩那道路からの景色はとても美しかったのですがどこか、寂しさを含んだような不思議さに私は引き込まれました。

道路の廃道化工事が進み、道の機能はほぼ失ってもあの自衛隊の碑は半永久的に残り続け、遠い昔、大勢の隊員が確かにこの地に道を拓いたのだということを伝え続ける。
そして誰も道に寄りつかなくなって何十年何百年後、また「風変わりな情熱」を持った誰かによって再発見されることでしょう。そう願っています。碑は伝える為、見られる為に存在するものだと私は思っています。

素敵なレポートをありがとうございます。私もすっかり塩那道路の虜になりました。また読みにきます。
26,6742017-09-17 17:39:17/road/ennakouji/main13.html10
先月、某漫画の聖地巡礼で訪れました。塩原側から封鎖されているゲートまでクルマで行きましたが、その先の様子をレポートから知ることができました。現在は、ゲート奥にコンクリートが並べられており、地元の方(軽トラ)でも入れないようになっていました。
この道路には、こんな歴史や紆余曲折があったことを、このレポートで初めて知ることになり、とても感慨深い思いです。
工事用道路のレポートも拝見させてもらいました。動画の中に熊除けの鈴のような音が確認できますが、熊や他の動物に遭遇したことはありますか?
順次、他のレポートも拝見させてもらいたいと思いますが、くれぐれも命を大切にお願いしますね。ありがとうございました。
27,0292017-10-26 18:12:09/road/ennakouji/main13.html10
気になっていた工事用道路が見られて楽しかったです
27,3702017-12-14 03:36:57/road/ennakouji/main13.html10
(´Д`)ノ 早起きの鳥さんの囀りとヨッキさんの息遣いしか聞こえないご来光のシーンが感動的でした。もう一つ感動したのが自衛隊の工事大隊長のご子息からのメールでした。男は多くを語らずですね。
27,6832018-01-18 10:12:54/road/ennakouji/main13.html10
プレハブ小屋には蛍光灯や換気扇、配電盤があったようですが、肝心の電源はどこにあるのでしょうね。
宿泊する時にだけポータブルな発電機を持ち込むのでしょうか、
それか自動車のエンジンを活用するのですかね。
28,8842018-05-13 20:41:02/road/ennakouji/main13.html10
横川からあがる工事用道路があったことや、三島通庸がつくった山王峠から塩原に出る道路があること、ぜんぜん知らなかったです。機会があれば生きたいですが、一人で行く勇気はないな・・・
29,0222018-05-26 19:28:39/road/ennakouji/main13.html10
激笹藪 本当にお疲れ様でした。行けないと分かっていても見に行きたくなる景色です。
29,8412018-08-29 04:05:07/road/ennakouji/main13.html10
すばらしいっ
30,0062018-09-17 17:37:35/road/ennakouji/main13.html10
昨日、塩原側の封鎖ゲートまで行ってきました。
どなたかの投稿でも書かれていましたが、ゲートの向こう側にはコンクリートブロックが横1列に並べられ、ゲートに付けられた大きな鍵を開けても4輪車は入れないようになっていました。
でも、ゲート横のバリケードを更に迂回して入っている踏みあとはハッキリと見られ、チャリならまだ持ち込めると確信できました。
30,0692018-09-27 16:21:02/road/ennakouji/main13.html10
絶景の写真に心奪われる素晴らしいレポでした!
30,4822018-11-23 07:17:13/road/ennakouji/main13.html10
あんな高所に道路が建設されているという光景と事実に、身震いしました。
30,5362018-11-29 21:42:13/road/ennakouji/main13.html10
めちゃくちゃ面白かったです。
体力やべーっすね。
31,2482019-03-08 17:50:18/road/ennakouji/main13.html10
高度も内容も最高でした!まさに圧巻。2019年の今はたとえゆっくりでもより自然に還って行ってるのでしょうね。
31,6612019-05-05 20:23:51/road/ennakouji/main13.html10
シンプルに面白かった
19,0292015-05-30 18:46:06/road/ennakouji/main2.html10
いいぞ!
19,0312015-05-31 01:24:14/road/ennakouji/main2.html10
「廃道ファン」「イニDファン」的にも塩那は憧れの聖地ということで、今回のレポはそんな聖地へ向かって登って行く期待感が溢れているような気がします。
19,0322015-05-31 05:21:17/road/ennakouji/main2.html8
正確に道をなぞるのを信条にして無かったっけ?
19,0402015-06-01 14:41:44/road/ennakouji/main3.html10
山旅倶楽部の地図,素人の私などには等高線の影のお陰で直感的に判りやすく出来ていますね。感心しました。
19,0422015-06-01 17:29:30/road/ennakouji/main3.html10
>「立つ鳥跡を“徹底的に”濁さずな」自衛隊の工事部隊
ということは、橋梁などは仮設構造だった可能性が高いのでは。
車道用廃木橋は、林道用の物で有る可能性が高いかと(昔は上流にもワサビ田などが有ったか?)
重機などのヘリボーンも、現在良く見かけるチヌークが“陸自の装備になった”のは比較的最近なので、当時の陸自ヘリでは性能的に厳しかったかと思いますし(高地はヘリの天敵)。
19,0442015-06-01 21:00:01/road/ennakouji/main3.html9
自衛隊が拓くということは、実践(実戦)でいえば“後続の部隊が確実に通れることが最優先”だったりしそうですし、他にはない土留めだったり…もしかして木橋の素材も現地調達だったりするんでしょうか。
しかもここは本筋じゃなくて工事用道路ですし。より自衛隊色が強いかも。そういう痕跡がたくさん感じられたら面白いですね。

19,0452015-06-01 22:04:12/road/ennakouji/main3.html8
第3回
しょっぱなから[ かかっているけど渡れない木橋 ]とは
印象的な本番スタートになりましたね
でも4年ちかくお倉入りしてたということは
スカッと爽やかなラストとは行かないのかな
19,0462015-06-01 23:46:26/road/ennakouji/main3.html10
塩那道路関係レポ、首を長くしてお待ちしておりました!非常にワクワクしています!
19,0472015-06-02 07:30:42/road/ennakouji/main3.html9
廃木橋ステキー( ゜∀゜)o
19,0512015-06-03 13:53:57/road/ennakouji/main3.html10
確認済みとは思いますが、国土地理院の空中写真アーカイブ(昭和51年)には鮮明に写ってますね。
19,0532015-06-04 01:11:44/road/ennakouji/main3.html9
ヘリで重機を運び入れた可能性はほぼ0です。
当時のヘリの性能、航空法、部隊運用とコストから考えれば。

19,0542015-06-04 01:35:45/road/ennakouji/main3.html9
レポートの導入が、塩那道路というより、清水国道的な感じですね。
19,0562015-06-04 21:10:55/road/ennakouji/main3.html10
始まった
by丸山熙人

16ページ中 8ページ目を表示(合計464件)    1 ... 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 ... 16    [前のページ] [次のページ]  

この画面の説明