http://yamaiga.com/road/hpr987/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.44点 / 投票回数 514人)

2ページ中 1ページ目を表示(合計40件)    1 | 2    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
54,5432024-07-07 12:32:22/road/hpr987/main4.html10
リアルな人間界と自然界の境界を、向こう側に踏み越えた感のある道路みたいなものを紹介してくれるのは、とてもありがたいです。
54,3242024-05-31 09:39:41/road/hpr987/main4.html10
野塚ゲートが既存のゲートでは長過ぎて斜めに設置されてるのが哀愁を感じさせた。
大群落ですが、私も54,258さんと同じくソバに見えました。
54,2852024-05-23 14:30:27/road/hpr987/main4.html10
草に草生やすな
54,2802024-05-23 00:33:22/road/hpr987/main4.html10
何というか、人類敗退の地という風景ですね。それでもかすれてしまいそうな道道に轍を残しているのはどういう車なのでしょう。ヒグマ避けですがクマ鈴やブザーは今ひとつらしく、陸上スポーツなどで使われるスターターピストルが効果的であるという動画をYouTubeで見たことがあります。
54,2792024-05-22 21:53:05/road/hpr987/main4.html9
中楽古林道も道道987号の茂寄ゲートまでの峠越えの狭隘なダート道道として未改良のまま放置されてる区間もレポなしかぁ,,残念,,がっくし。

まあ結局,帯広広尾自動車道が便利で災害にも強くて,歴史の徒花で中途半端に整備された不要な(そして不運な)道路という哀しい結末ではありそうですね。全く要らないやろとなった今は道道指定も外せば良いのに。。
54,2742024-05-22 19:14:35/road/hpr987/main4.html9
この度も我が地元北海道を取り上げていただきありがとうございます

この道道が指定された経緯については存じませんが、少なくとも国道不通時の迂回路としての指定構想はなかったのではないかと推定しています

自分はこの辺の広尾国道は数か月に一度通る道で、平面の地図で見ると海岸線からの距離は近いのですが、楽古川を渡る付近を除いて国道は海岸段丘の上にあり、たとえば博夫町役場の標高は海抜35mありますし、周辺が湾の地形になっていないことから、津波被害は想定していないものと考えて良いのではと思います

広尾町のハザードマップでも、十勝港周辺の低地と楽古川付近を除いた高台は津波被害を想定していません
https://www.town.hiroo.lg.jp/hazardmap/map.html?mode=0

ではどうしてこのような指定をしたかといえば、お手上げです

ただ、背景として、旧ソ連が崩壊した1990年代(平成に入った頃)からロシアの脅威が緩和されて、北海道に振り向けられる予算が減らされた時期で、昭和時代の計画が中途半端に終わっていることも関係しているかも知れません
ただ、主要国道の舗装や改良工事、冬季の除雪拡大(通年通行)は、昭和末期にくらべれば格段に改善されています

                                  F生
54,2692024-05-22 17:20:22/road/hpr987/main4.html10
国道236号が整備された時点で命脈断たれてるような・・
54,2662024-05-22 10:50:13/road/hpr987/main4.html10
ホント……資料少ないですね……
由来に関する過去の資料は見つけられませんでした。
北海道のサイトに、平成以降の記述はチラホラ見かけますが……

平成17年10月7日(金)北海道告示第747号
https://www.bunsho.pref.hokkaido.lg.jp/center/Koho/Pdf/1218#page=11
>平成17年10月11日午前9時に道路の供用を開始する。
>2 路線名 豊似広尾線


令和2年10月30日決定 道告示第671号
広尾都市計画(広尾町)
都市計画区域の整備、開発及び保全の方針
https://www.pref.hokkaido.lg.jp/fs/5/4/0/3/3/5/0/_/69%E5%BA%83%E5%B0%BE%E9%83%BD%E5%B8%82%E8%A8%88%E7%94%BB(%E5%BA%83%E5%B0%BE%E7%94%BA).pdf#page=3
>長期未着手の都市計画道路の見直しを含めた検討を進める。

https://www.pref.hokkaido.lg.jp/fs/5/4/0/3/3/5/0/_/69%E5%BA%83%E5%B0%BE%E9%83%BD%E5%B8%82%E8%A8%88%E7%94%BB(%E5%BA%83%E5%B0%BE%E7%94%BA).pdf#page=4
>3・4・7号9丁目通(一般道道豊似広尾線)、3・4・8号中広尾通(一般道道音調津陣屋線)、3・6・9号二見通(一般道道十勝港線)及びその他の都市計画道路を配置し、都市内道路網を形成する。


令和4年度 都市計画道路現況調書(広尾町)
都市計画道路路線別台帳
https://www.pref.hokkaido.lg.jp/fs/9/0/1/4/5/1/7/_/%E5%BA%83%E5%B0%BE%E7%94%BA(642).pdf#page=2
>路線名
>3.4.7(007)9丁目通


「長期未着手の都市計画道路の見直し」を行って「都市内道路網を形成する」のであれば、整備が進むと期待……いややっぱり厳しいですかねぇ……?


るくす
54,2642024-05-22 09:37:39/road/hpr987/main4.html10
最後の語りの部分、図を使用しなかったのは、省力化のために敢えてかと思います。リンク先の地図を見ながら文章を読めばokでしたので、ご報告です。それにしても、北海道の道は本州とは雰囲気も背景も違うものですね。
54,2632024-05-22 08:48:33/road/hpr987/main4.html10
北海道にはこの様な道がわんさか有りそうです。バイクで走っても通行止めは結構多いです。広いから使用頻度が低い所はこうなっちゃいますよね。
54,2622024-05-22 01:26:45/road/hpr987/main4.html10
いつもお疲れ様です。明治大正の北海道は、現在とは比較にならないほど、厳しい自然に翻弄される生活だったでしょうね。ちょっとでも安全に通行したい、という人々の希望が、このようなちょっとした道路にも詰まっているんでしょうね。ところで、最近、秋田県でもプーさんの人身被害が多発しているらしいですね。探索の際は、どうぞくれぐれもお気を付けください。
54,2612024-05-22 01:01:22/road/hpr987/main4.html10
さすがプロの推理だと思いました。
54,2582024-05-21 06:25:10/road/hpr987/main4.html10
”大群落”、ソバのように思えました。
放棄されたソバ畑?みたいな。最後の収穫の取りこぼしが代を重ねてこうなっていても不思議ではないです。
54,2502024-05-19 12:10:16/road/hpr987/main3.html10
上川地方で農家をやっていた親戚の周辺地図も、長方形の短冊が並んでいるコルホーズっぽい地勢だったなあ。農道が一直線に丘陵地に延びていく風景がそっくり。
54,2342024-05-15 23:30:02/road/hpr987/main3.html10
廃林道,最終的には徒渉してくれますよね!?
54,2322024-05-15 19:51:11/road/hpr987/main3.html10
北海道だと廃道よりも羆が気になって仕方ないw
54,2302024-05-14 15:48:48/road/hpr987/main3.html10
撤収、明断です。
朝方・夕方はクマが活発になる時間ですからね。
日没ギリギリまで粘るのは北海道においては一段とリスキーになります。
54,2292024-05-14 02:06:49/road/hpr987/main3.html10
第3-2回終盤で 15:07 に到達した橋のあたりを
googleマップ の衛星画像で見ると 
川の中に古い護岸の残骸のようなものが見えるので 
 
Google Earth Pro で過去の画像を見てみたら 
2014年10月には残骸の位置が右岸川岸で 
 
2017年5月と2018年1月を見ると 
橋を渡った先の路盤が流されて
川になってしまっていますね
 
2018年9月には現在の形に整える
工事が行われる様子が写っていますが 
 
橋そのものが流されなかったのは
剛運と言うべきなのかなぁ(w
54,2272024-05-13 16:36:27/road/hpr987/main3.html10
無理はしない。それが肝心。
54,2262024-05-13 16:32:45/road/hpr987/main3.html10
本州在住の自分には想像の域でしかコメントできないのですが、もし解離があれば御容赦下さい。
北海道の開拓地は人の手を離れると十数年程度で原野に戻ってしまうと聞いたことがあります。その為に、例え明治時代に決められた基準や区画であっても拠り所として大切にしているのではないかなと思います。
今回取り上げた未共用区間は比較的里に近いと思うのでまだこの程度(軽く見ている訳ではありませんよ)でしょうが、人里離れた未共用・廃道区間は一体どんな荒れ具合なのか....。
見てみたいけど、何よりも羆が居るので行きたくないですね。行っちゃダメですよ。
54,2242024-05-13 12:35:05/road/hpr987/main3.html9
14:44地点の南東側一帯、現況は林のようですが、登記上では、原野商法で分譲されたような区画割りがされているのが興味深いですね
54,2202024-05-12 16:00:42/road/hpr987/main3.html10
googleマップ見るとここには「石井牧場」があるとなってまして、
ピンにツイッターも紐づけされているんですが、石井牧場の
ツイッターを見ると「平成13年新規就農」になっているんですね。
もちろん、それ以前は未開の大地だったわけじゃなく、
前の牧場主から引き継いだのでしょうが、その引き継ぎの
際に「実は道道用地を提供するよう要請を受けている」って
話が出たのでは?

石井さんにしてみれば深刻なリスクで、何年もかけて
牧場を軌道に乗せたと思ったら道道で牧場が分断されて
しまったら全てが台無しになりかねない。だから、
石井さんは広尾町に
「道道用地を提供するつもりはないし、それを容認できないなら
 就農自体を取りやめる。ついては、道道が牧場を分断しない
 確約が欲しい」
と要求したのでは?広尾町にしてみれば酪農は重要な産業で、
道道建設よりも牧場の維持のほうが大事。だから、
石井牧場の外周道路を道道に指定して
「はい、石井牧場には手を出しません」
と形で示したのでは?牧場の西側と南側の道路は
本当に道道なんじゃないかなぁ。
54,2172024-05-12 01:08:04/road/hpr987/main3.html10
道民です、地図を見てて市街地以外にも碁盤の目状の道路があるのはそういう背景があったんですね

黒い毛並みに覆われた鋭い牙と爪の持ち主、めっちゃ鋭い眼光で睨んでますね、襲いかかられたらひとたまりもなかったことでしょう・・・人里にも現れますのでお気をつけて
54,2162024-05-12 00:33:17/road/hpr987/main3.html10
地理院地図だけに描かれた道道区間と花春第3ゲートとの間が気になります。
54,2152024-05-11 23:59:19/road/hpr987/main3.html10
基線は地形に合わせてかなりアバウトに引かれることもあったようですね。

https://www.kaitaku.or.jp/nfpvc/map.htm
たとえば、こちらは札幌市近郊の野幌森林公園の地図ですが、基線が描かれているもののかなり曲がりくねっています。
このあたりは元々沢の多い高台で、昭和の初期までは開拓地が点在していた名残かもしれません。
54,2122024-05-11 00:18:44/road/hpr987/main2.html9
で,結局SMD24の地図での道道の終端点は特に変化無し??想定現場付近の写真もなしですか??なんか気配がなかったのか気になる。
54,2112024-05-11 00:17:13/road/hpr987/main2.html10
いつもお疲れ様です。「熊だ! クマだ〜!」のビックリマーク標識だったりして…(笑)
54,2092024-05-10 09:53:24/road/hpr987/main2.html9
続きも期待
54,2082024-05-10 09:04:48/road/hpr987/main2.html10
区間・期間・理由を明確に示していない通行禁止って有効なのかなあ・・・。北海道のササ藪は、ヒグマはもちろんですがマダニ類も脅威です。複数人で藪こぎしたときは、必ずあとでお互いにボディチェックをしてました。お気をつけください。
54,2062024-05-09 20:59:59/road/hpr987/main.html8
皆いきなりクマーの心配ばかりなのがワラタ
そういえば広尾と聞いて、北海道においての鉄道廃線探訪って全くないですね。
北海道にも山がちなら林鉄くらいはあったと思うけど。
ほんのちょっとだけ触れたのは層雲峡くらいだったかな。
北海道の廃線は他に歩かれすぎていて張り合いがないのかもしれないが…

2ページ中 1ページ目を表示(合計40件)    1 | 2    [次のページ]  

この画面の説明