http://yamaiga.com/road/oobiso/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.54点 / 投票回数 1149人)

3ページ中 1ページ目を表示(合計77件)    1 | 2 | 3    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
51,4612023-02-28 02:42:05/road/oobiso/main7.html9
久々に読みました。ありがとうございました。
50,7992022-10-08 15:07:12/road/oobiso/main7.html1
360度カメラの動画でひんぱんに止まります。
パソコンで大画面で見ると確実に止まるので、スマホの小さい画面で見たら迫力も何もなくがっかりです。YouTubeみたいに別立てにして下さい。
データ量が無駄に多くなる割りに360度で見る意味がない、特にスマホの小さい画面で見てもほとんど何も分からないので勝手に動くのを止めてスルーしました。
昔の360度動画がない頃のが見やすかったです。ぜひご一考下さい。よろしくお願いします。
50,5362022-08-21 19:39:32/road/oobiso/main7.html10
そりゃまー、フツーの人が隧道が1本と勘違いするのは仕方ない(笑)
「長さ2丁」という事前情報があり、隧道が2本とは書かれておらず、片方の入口は崩落、もう片方は空いているが奥は真っ暗…となれば、閉塞した1本の隧道の両口と判断するのが、一般的な方の感性でしょう。
GPSの現在地と地形図をにらめっこして「いや2本かも」と閉塞確定の危険な穴に潜ったり崖をよじ登るのはコアなオブローダーだけです(笑)
50,4792022-08-15 11:02:14/road/oobiso/main7.html10
子規と漱石の行程図。利根川〜利根運河〜江戸川という河川交通路の完成直前だ!
50,3882022-08-05 16:27:32/road/oobiso/main7.html10
御宿在住の者です。一つの大河作品の様に夢中で読み耽ってしまいました。大変素晴らしいです。個人的にこの付近の探索は大変興味深いものであります。怪我など気をつけてからも頑張って下さいませ。
50,2132022-07-16 21:54:24/road/oobiso/main7.html10
当時の旅人や地元の人たちに愛されてたんですね〜。暗くて怖くて急坂だけど、峠越えの旧道より便利で快適だったのでしょうね。
50,2032022-07-15 21:27:30/road/oobiso/main7.html9
整備された平地はさておき、一般に山道は輓馬ではなくて駄馬が輸送の主流であったのだと思います。明治初期ならなおさら、戦前でも僻地においては、相変わらずだったのではないでしょうか。
そうだとすれば、三島氏の馬車道規格は、現実には理想にすぎなかったのではないでしょうか。
そんな無理をするくらいなら、現実的に駄馬で運べはよいわけですから。
50,2022022-07-15 14:06:50/road/oobiso/main7.html10
お疲れさまでした。西隧道再訪を楽しみにしています。
50,2002022-07-15 12:05:45/road/oobiso/main7.html10
机上調査編お疲れさまです。
某サイトで「正岡子規」は触れてましたが「夏目漱石」も通ったとは知りませんでした。
「実入隧道ルート」が開通するまでの20年以下の現役だった事も、勾配と隧道内部様子から想像は出来ました。
それにしても謎なのは、明らかに「実入隧道ルート」の方が、本来の街道だし、勾配も緩く隧道も短くて済むはずなのに、何故わざわざ隧道も長く勾配もきつい「大風沢ルート」を選択したのでしょうか?
殆どメリットは無かったと思うのですが。
追伸 : 「大風沢」の読み方「おおびそ」ですが、強く記憶に残っている「静岡県道288号 大嵐佐久間線」の「おおぞれ」と勘違いしており、第6回で踏切のふりがなに言及するまで「おおそれ」と呼んでました(笑)。
50,1972022-07-15 10:19:10/road/oobiso/main7.html10
衝撃の動画でしたぞ…。
50,1952022-07-15 08:17:28/road/oobiso/main7.html9
やっぱしヨッキさんの机上調査は面白いですね.
ぐっと実地調査の味わいが深まります.
50,1942022-07-15 02:37:00/road/oobiso/main7.html9
明治16年に開通したという「新道」が馬車の通行を考慮していなかったっぽい急勾配というのは千葉の地域性であるのか。
(勾配が馬車を想定していなかったと仮定すると、竣工当時の隧道断面サイズがどうだったのかも気になりますね)
山いがで頻出する「三島道」のイメージとの違いの大きさを見ると、明治初期の陸上交通におけるグランドデザイン
的なものがどの程度共有されていたのだろうかという疑問があらためて湧いてきます。
明治の馬車道時代については資料も少なく、国土交通省のウェブサイトにある「道の歴史」というコンテンツでも
ほぼ無かった事のように扱われているありさまですが、いつかヨッキれん氏の著作などで概観される時が来るでしょうか?
50,1932022-07-14 22:41:55/road/oobiso/main7.html10
10:21時点の現在地の地図が違うみたいですね。だいぶ巻き戻ってます。

ワンコの電信柱の写真にある落石注意の標識に目を引かれました。
確かに山が近いとはいえ、こんな住宅地の中でこの標識は見たことがない。しかもデカい!
50,1912022-07-14 18:10:16/road/oobiso/main6.html10
最終回の次が最終回(←いらない)。
このレポートはハラハラドキドキしましたし、久しぶりの冒険道路レポートで嬉しかったです。
50,1862022-07-14 04:15:22/road/oobiso/main7.html9
大風沢踏切は写真を拡大してみたら1.3mではなくて2.1mなので乗用車なら行けますね。
3ナンバーだと余裕ほとんどありませんが。
50,1802022-07-13 12:59:24/road/oobiso/main6.html10
コメ欄でドローンに言及している方がいらっしゃいますが、GoPro等のアクションカメラを導入しても良いのではないかと今回の動画の数を見て思いました。動画レポとか大変そうだけどぜひ見てみたい。
50,1792022-07-13 12:46:00/road/oobiso/main6.html10
記事は楽しいのですが、また文字や画像に広告が重なってしまって見えない現象が発生してますね…
50,1752022-07-12 16:40:16/road/oobiso/main6.html10
どうしてこうして中々強引感の溢れた道でしたね。
卓上調査編にも期待が膨らみます。
50,1732022-07-11 22:53:11/road/oobiso/main5.html10
本当に房総は最高だ!謎がいっぱい!人も居ない!
粘土がちの地質はヤバイし、山林は手入れされておらず鬱蒼として暗く、陰鬱さ全開だ…!
休耕田や古い水路マジ危険で最高に面白い!
50,1712022-07-11 21:10:44/road/oobiso/main5.html10
鍾乳石が成長するためには石灰分を含んだしずくが
鍾乳石の先に一定時間留まる必要がある。その為には
しずくが吹き飛ばされるほど通気してては難しい。
というわけで、隧道が閉塞してから鍾乳石が成長し始めたと
推測します。閉塞してから100年以上経ってるんだろうね。
50,1702022-07-11 20:42:17/road/oobiso/main5.html10
隧道が終わっても、未完にはしないでください(早月川の左岸道路)。
あと、これともう一本の隧道に入洞した動画があったと思います。
50,1692022-07-11 16:03:54/road/oobiso/main5.html10
流石は「机上調査事の達人」しっかりと「白浜鍾乳洞」に辿り着きましたね。
本文で触れてなければ、この欄で紹介するつもりでしたが、その必要はなかったですね。
現役の素掘り隧道は沢山ありますが、コンクリート吹付けされた物が大半なので、天然物かコンクリート由来かはもう判別不能でしょうね。
今後、素掘り隧道を訪れたときは、鍾乳石もチェックすることにします。
50,1552022-07-10 21:33:41/road/oobiso/main5.html8
とんねる水族館くんかわいい
地元住民から愛されてる感がして、えぇなあ
50,1532022-07-10 19:21:00/road/oobiso/main5.html10
遂にきた!
50,1512022-07-10 17:20:23/road/oobiso/main5.html10
動画にしては珍しく、2本目隧道に入ったときのテンションの高揚に思わず頬が緩みました。
50,1502022-07-10 16:49:20/road/oobiso/main5.html10
もしかして温泉的な?
50,1482022-07-10 03:08:29/road/oobiso/main5.html9
新実入トンネル開通を「平成25年(2013年)」としていますが、読んだ瞬間に「そんなに古いはずが無い」と思い調べて見ましたが、実際の開通は、令和元年10月(2019年)ですよ。
当時建設課に所属していた私は、地元自治体の建設部署に、県土木(所管は鴨川土木事務所か)から、開通前に「見学会の通知」が届いたのを覚えています。
実際、私はまだ一度しか通った事がありませんし。
「旧実入隧道」は、珍しい「素掘り吹付けの国道隧道」だったのですか、旧道化(おそらく市道に格下げ)してしまいました。
50,1472022-07-09 17:57:44/road/oobiso/main4.html10
巨大橋そばの謎の穴は、尾根の上から海上を見張る軍orスパイの隠れ家?
50,1452022-07-09 15:12:01/road/oobiso/main4.html10
まききさん、掘って中に入っていますよ
50,1432022-07-09 05:26:55/road/oobiso/main4.html1
広告の数が酷すぎて読みにくい

3ページ中 1ページ目を表示(合計77件)    1 | 2 | 3    [次のページ]  

この画面の説明