http://yamaiga.com/tunnel/honzongan/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.47点 / 投票回数 1222人)

4ページ中 1ページ目を表示(合計103件)    1 | 2 | 3 | 4    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
51,3322023-01-22 10:40:19/tunnel/honzongan/main3.html10
足駄橋と芦田橋、担当部署や人員のセンスを感じますね。
足駄が雪駄や下駄と同じような意味合いだとして、作業に使う下駄橋としての側面を持ちつつ、最終的には増結して本線橋となる存在。
架け替えた芦田橋(新)側に[芦田橋]の銘板、足駄橋側に[あしだばし]の銘板が付けば、利用者からは総てが『あしだばし』であり、工事関連部署では書面上での作業部位が『足駄橋と芦田橋が判別可能』、実に想像が膨らみます。
51,3012023-01-11 21:27:42/tunnel/honzongan/main3.html10
磐越西線が健在なのと、送電線がある事を思えば、JRの保線作業や電力会社の保守作業あたりの職に就けば合法的にバリケードの鍵を開けてクルマで入れそうですね。
若いうちに気付いておくべきだったと今更ながら後悔です。
50,8022022-10-08 22:13:16/tunnel/honzongan/main3.html9
「良き道」の看板の空撮写真、東西をつなぐという意味では「良き道」かもしれないが、どう見ても危険な道にしか見えない。
50,7912022-10-04 06:38:18/tunnel/honzongan/main3.html10
『最後まで大きな事故を起こさなかった道路管理者の勤勉と、それを許した本尊岩に宿る天の神の慈愛に、感謝したい。』

よっきれんのひととなりがよく表れているなあ。こういうところが大好きです。
50,7732022-10-01 10:21:23/tunnel/honzongan/main.html7
  【遅れてやって来た 『初代隧道の机上調査編』】↓
  (http://yamaiga.com/tunnel/honzongan/main.html#part2)
  に掲載された航空写真のオリジナルを大きく見たくて、
  国土地理院の【地図・空中写真閲覧サービス】(https://mapps.gsi.go.jp/)
  を見に行ったんですが、昭和22年の写真のどれを見ても
  掲載されている(http://yamaiga.com/tunnel/honzongan/sky_1.jpg)
  のように白くはっきりと道路が写っている物が無いので、
  仕方なく昭和31年の写真↓
  (https://mapps.gsi.go.jp/maplibSearch.do?specificationId=1182424)
  を見たら、こちらが掲載の写真と同じ物のようです。
  写真の左縁に『5MAY56』つまり『1956年(昭和31年)5月5日』と焼き付けられているので
  たしかに昭和31年の物だと思われますが、
  どうしてレポでは昭和22年とされているのでしょうか? 何か根拠があるのでしょうか?
  根拠があるのならばレポ中で解説するべきでしょうし、
  単純な誤記でしたら訂正されたほうがよろしいかと思います。
  近年のレポは資料の引用によって説得力を増した机上調査が大きな目玉となっていますが、
  肝心の資料の使い方が誤っていたのでは、レポの根底が崩壊してしまいますよね。
50,7612022-09-28 20:51:44/tunnel/honzongan/main.html9
 山さいかねが知って早数年、初めてコメントいたします。

 先ほど、「新しいレポートあるかな〜」とGoogle検索したところ、なぜか平沼様の最新ツイート(リンク付き)が表示され、興味本位でリンク先へ飛んで見ました。
 
 すると、私からはどうみても
 初代本尊岩トンネルの今は消滅してる側の出入口の写真
が(一枚だけですが)ありました。
 
 
 そちらですでに確認済み、さらに1読者の私の早とちり(オチ.別のトンネルだった…)だったら、申し訳ありません。
50,7362022-09-23 08:06:34/tunnel/honzongan/main.html10
国道49号はこれより新潟市寄りの三川というところでも不思議な指定区間がありますね。新道は揚川ダムを小花地大橋と黒岩トンネルで越えていくのですが、その黒岩トンネルの南側に旧道が並行しており、その旧道のトンネルの西側までの400mほどが国道49号と国道459号の重複区間として指定されています。トンネルの東側出口以降は国土地理院の地図からも道路自体が抹消されているので、この指定にどんな意味があるのか謎です。
50,7352022-09-23 07:29:30/tunnel/honzongan/main.html10
最初から今のように新潟県だったなら、三島通庸は手を出せなかったので開通は遅れてたんでしょうね
50,7332022-09-22 14:51:26/tunnel/honzongan/main3.html8
「足駄橋」は、拡幅して上下分離させるつもりだったのではないでしょうか…?位置的に旧橋を置き換えるには無理があるような…。
磐越西線は、万が一のことがあれば止めてしまえばいい、改良に費用をかけるほどの効果は期待できない、とされてるのでしょうね…。
どこぞの新幹線みたいに、道路と線路一体整備してくれればいいのに…。
50,7322022-09-22 13:21:22/tunnel/honzongan/main.html10
阿賀野川えーとこだ流域通信というサイトの
特集!阿賀野川ものがたり第1弾「イザベラ・バードの阿賀流域行路を辿る」
そのぅ薀ぅ鸚遒茲衄しい阿賀野川の船旅から新潟へ〔前編〕
に本尊岩周辺の写真が多く掲載されています。隧道の写真もあります。
https://aganogawa.info/archives/18476
50,7232022-09-20 23:26:29/tunnel/honzongan/main3.html10
それが良いことなのか悪いことなのかはわからんけど、「町が管理するか県が管理するか決めらんないんで国がそのまま管理してください」ってのが罷り通るのに驚き
50,7222022-09-20 17:02:39/tunnel/honzongan/main.html10
イザベラ・バードは本尊岩にローレライを彷彿したのでしょうね。帆掛け船の写真のほぼ真ん中のオーバーハングしている斜めの巨大な岩塊はいまでもあるのでしょうか。怖いです。
50,7212022-09-20 15:48:55/tunnel/honzongan/main.html10
素晴らしく読み応え見応えのある机上調査でした。
初代隧道の現役当時などの貴重な写真を沢山見ることができ、とても興味深く読むことが出来ました。
50,7182022-09-20 10:36:05/tunnel/honzongan/main3.html10
> 良き道たどれば良き郷あり
港北ニュータウンに同じ言葉の石碑があるようですね
そこには会長という肩書きの個人名が併記されているのでその人が考えたということ?
(他人の言葉の引用ならその名前を(も)書くような?)
検索すると地味にヒットするので、この言葉が広がる何かきっかけがあったのか
https://www.tsuzuki-sanpo.info/common/images/park/20/8.jpeg
50,7162022-09-19 23:10:12/tunnel/honzongan/main.html10
完結済みの古いレポートに机上調査を追加するのも良いですが、
未完結の古いレポートの完結もぜひよろしゅう。
青森自転車道とかその他色々、待っております。
50,7122022-09-19 17:52:57/tunnel/honzongan/main.html9
「図説新潟県の街道」によると、村松から沼越峠経由で津川に至る道は、脇往還として古くからあったようです。日本のスキーの元祖レルヒ少佐が明治になってからここを通っていますが、「岩越紀行(国立国会図書館デジタル)」によると、「岩越鉄道の工事中」であり、本尊岩隧道は「長さ二十余間」だそうです。不鮮明ですが、写真もありました。
50,7112022-09-19 12:11:38/tunnel/honzongan/main.html10
既に踏破した道について、資料調査を補足・充実させるのは、あるべきことのように思われます。
50,7102022-09-19 12:04:28/tunnel/honzongan/main.html10
会津の血をひくものとして,ご紹介戴き,また追跡調査も戴き感謝します. 驚異的です.圧倒されます.
50,7092022-09-19 11:44:08/tunnel/honzongan/main.html10
色々と溜飲が下がるところありでした。
50,7072022-09-19 00:13:22/tunnel/honzongan/main.html9
>このうち3世代目の道については記録は未見だが、鉄道が開通した時点で、
>昭和22(1947)年の航空写真に道が見えるこの位置へ付け替えられたと想定した。
この道ですよね?
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/o1061932226
https://auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/dr000/auc0308/users/9f200c7e03d604ab74ad659420c32368683e3f08/i-img456x650-1661606049tjmdcm163922.jpg
50,7052022-09-18 23:07:17/tunnel/honzongan/main.html9
>ミッチーも、最近は話題にされず油断していただろうが、私はまだミッチーを深く愛している。
また叫びましょうよ、「三島ーっ!」

いやすいません、あれは自分だったら恥ずかしいw
公開したよっきさんの男気と三島愛に感服。
50,6962022-09-14 23:42:12/tunnel/honzongan/main3.html5
磐越線白崎トンネル東口の山側を通る旧道が本尊岩の手前まであったようです
50,6942022-09-14 18:54:47/tunnel/honzongan/main3.html10
だいぶ以前(新道開通直後くらい)に当地へ出向いたときに、「味の関所彦惣(阿賀町大牧2741)」という地元料理店(確か蕎麦屋)に立ち寄りました。(現在は廃業されているようです)このお店の建物が、やれ歴代旧会津藩主の越後往還の休憩所だったとかで、歴史的価値があったようです。店舗の位置は、通行止めバリケのすぐ手前であり、そこから先に民家はありませんでした。よもやとは思いますが、そのお店へのアクセス性維持のために議員らの働き掛けで国道指定のままなのか、と邪推した小生でございます。
50,6922022-09-14 01:02:02/tunnel/honzongan/main3.html10
再訪記録、色々貴重な内容でした。ありがとうございます!
50,6912022-09-14 00:26:44/tunnel/honzongan/main3.html10
残った磐越西線は…
正直、只見線の如く沿線自治体や県が金を出さなきゃ厳しい。元々速度が遅くて快速列車も高速バスに完敗なので
50,6902022-09-13 14:59:44/tunnel/honzongan/main3.html9
今回のレポートは、いつものよっきれんさんが得意とする力づくの探索レポートではなく、国道の整備経緯とその後の位置づけについて、机上調査を中心とした読み応えのあるレポートで、大変面白かったです。
国道区間に指定されているかどうかというのは、地理院地図をはじめ様々な地図媒体において赤線で強調表示されるわけですから、地理学趣味的視点のみならず、エンドユーザー的視点からも重要な意味を持つわけですから、移管の協議が整わないからと言ってこのような盲腸区間が国道指定区間のまま放置されてしまうのは、道路マニア的には面白いですがエンドユーザー的には現国道とのダブルトラックになってしまうわけで、ルート選択での混乱が生じてしまうかもしれません。
で、何が言いたいかというと、初めて訪れる旅行者のために、管理主体などにかかわらず、その地域を通過するのに最適と思われるルートを示す概念があったらなぁ、と思ったわけです。そうすれば、例えば新滝山街道が国道になっていないからといって躊躇するドライバーは減るでしょう。要するに,「大人の事情」で道路使用者のルート決定の指標が恣意的に設定されるのはよくないのではないかということです。道路マニア的には、すごい楽しいので、毎年3月末から4月頭の国道指定区間の地方移管は楽しみにしてるんですが(笑)
50,6872022-09-12 23:20:04/tunnel/honzongan/main3.html10
国道が無事に役目を終えることができたのは手厚い国の支援のおかげ(というか国の直轄だから)ですね。
鉄道は…ただでさえ民営化で採算が問われる上に昨今のご時世、赤字ローカル線に多額の費用をかけるわけにいかず、かといって簡単に廃線にも出来ず。切ないですね。
50,6852022-09-12 18:06:26/tunnel/honzongan/main3.html10
鉄道の高架化で路盤を一部分づつコンクリ打設してる時とか、工事の途中で鉄筋が生えた状態になってるのは見かけますね。
50,6832022-09-12 13:07:06/tunnel/honzongan/main3.html10
探索済みの案件をほったらかしにしないヨッキさん。ステキです。
道路に少しでも興味がある会津・新潟の皆さんは、ゲート封鎖されてから少なくとも1回はゲート前まで行ったでしょ?(笑)。
自分も赤岩トンネルの新道が出来てからも旧道(本尊岩方面ね)が「赤い」のが気になっていましたが、こんな事情があったとは。
確かに京ノ瀬方面にお住まいの皆さんは、目の前の道路がどん詰まりな上に除雪もしっかりやってもらえないのでは、見放されているんじゃないかと思ってしまっても不思議ではないですよね。
何とか上手い事解決するように願っています。
あ、自分はゲート前(1枚目)まで行きましたがワルニャンはしてないです(笑)。
50,6812022-09-12 12:26:41/tunnel/honzongan/main3.html9
「国道49号 本尊岩隧道 再訪編-4」
旧道の管理責任をどこが引き受けるかで揉めているというのは、
それはそうなるでしょうねと納得のいく話ですね。
崩落の危険から急遽新道への付け替えが決まったために
調整を後回しにせざるを得なかったツケが回ったという感じでしょうか。
しかし、だからこそ速やかに国道の付け替えができて交通の安全を確保できたのですから、
スッキリしない現状もやむを得ない犠牲であったのかも。
現状で国が一応の管理を負担しているのもそういう事なのかな。と。

ところで旧道の管理をどこが引き継ぐにせよ、
廃道部分に取り残される道路構造物はどうするつもりなのでしょうか。
町では「本尊岩の部分の景勝を惜しむ声」が有り、
「現在では船下りによる観光利用を考えているようである。」という事ですが、
武骨なコンクリートのロックシェッドや、フラットスラブを無数の杭が支える桟橋などの
殺風景な人口構造物がただ朽ちて行く様子を川船から眺めるのは、
マニアックな特殊性癖の持ち主を除けば、良き観光体験とはなりそうに無いように思われますが、
撤去しようにも費用や安全性の面で相当に困難でしょうから、
地元にとってかなりお辛い状況が長く続きそうなのは気が重いですね。
本尊岩が太古の美しさを取り戻し、その上に晴れやかな虹が架かる時代が来ることを祈りたい。

4ページ中 1ページ目を表示(合計103件)    1 | 2 | 3 | 4    [次のページ]  

この画面の説明