http://yamaiga.com/rail/motokiyosumi/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.63点 / 投票回数 5384人)

24ページ中 4ページ目を表示(合計691件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 ... 24    [前のページ] [次のページ]  
番号書き込み日時書き込みURL▲点数
コメント
23,9842016-10-05 06:51:31/rail/motokiyosumi/main5.html9
第5回時点での第2古老証言によるトンネル想定ラインって実際とはぜんぜん違う(違った)んじゃないですかね
23,9872016-10-05 09:35:43/rail/motokiyosumi/main5.html9
ん−残念、転に期待
23,9922016-10-05 16:38:07/rail/motokiyosumi/main5.html9
明日の行動があったのか
濡れたズボンが凍ってしまうぞ
24,0312016-10-07 18:01:49/rail/motokiyosumi/main6.html9
コメント見てて>>心眼を用いれば廃レールが・・・なんかそういわれたら見えてきちゃたよTT
24,0412016-10-08 17:46:02/rail/motokiyosumi/main6.html9
行け、よっきれん!
朗報を待っている。
24,1712016-11-13 05:29:31/rail/motokiyosumi/main8.html9
あ〜〜〜!
24,1752016-11-13 09:14:38/rail/motokiyosumi/main8.html9
あぁ〜 なんか、レポートが読める幸せを感じながら、ものすごく心がザワついています。残念なのは第一次探索のレポートしていない箇所が多すぎ? してくれていれば「あんなところに隧道あるわけないじゃん!」と、ヨッキ氏と一緒につっこむ体験ができたかなぁと。疑似追体験の楽しみを作ってくれると嬉しいです。
24,1772016-11-13 10:15:15/rail/motokiyosumi/main8.html9
つづく、の下のバナーがたまたま、amazonの「大掘り出し物市」でわらったっw
24,1962016-11-13 21:46:28/rail/motokiyosumi/main8.html9
もう人が入っていないであろう谷がひそかに倒木や土砂で堰き止められている現状
大雨の時に決壊して押し流され別の場所に引っ掛かって更に大規模な障害に成長したりして
やがて下流を襲う危険は無いのだろうか
下流にダムしかない所は良いかもしれないが
24,1972016-11-13 21:53:22/rail/motokiyosumi/main8.html9
確かにあってもおかしくない等高線図
24,1992016-11-13 22:08:56/rail/motokiyosumi/main8.html9
早く次を読ませてくれ!
24,2002016-11-14 00:00:28/rail/motokiyosumi/main8.html9
PCからヨッキさんの雄たけびが聞こえたw
24,2042016-11-14 09:38:15/rail/motokiyosumi/main8.html9
こんな場所によくぞ軌道を通そうと思ったもんだわ。
現役時代の写真が見てみたい。
24,2532016-11-19 19:41:44/rail/motokiyosumi/main9.html9
どっかのトモロ岬廃道みたいに出口の上にサツマイモみたいな石がブラブラしてなくて良かったな
24,2692016-11-21 00:37:59/rail/motokiyosumi/main9.html9
黒ベタ、文字白抜きの画面は穴の中の出来事ってことなのね。やっと理解できましたwww
24,3212016-12-01 15:30:15/rail/motokiyosumi/main10.html9
かなり複雑な高架を組んでいたんでしょうか。終点に何があるのか期待。する?
24,3312016-12-02 08:35:25/rail/motokiyosumi/main10.html9
雨が降ったら大変なことになりそう
24,3322016-12-02 11:15:43/rail/motokiyosumi/main10.html9
執筆!
がんばれー!!
24,3342016-12-03 12:40:11/rail/motokiyosumi/main10.html9
ここはどこだ! の写真 レールかと思ったw
24,3432016-12-06 06:19:31/rail/motokiyosumi/main10.html9
本来の和人は、建物はどうせ壊れるから建て替える前提で建てる発想で、そうして木造建築をやってきましたから、
粘着式の車両を走らせるのに適した高低変化の少ない線路を組むのにも、高低変化の少ない水場に木桟を組むというのはオーソドックスな発想だったのではないかと思います。

実際に最初の営業鉄道路線であった汐留桜木町間にしても、海沿いを木桟も組みながら開通させたようですし。海沿いが急峻な崖であれば岩盤を穿ってトンネルを通すしかなくなるかもしれませんが、遠浅の海沿いであれば木桟の方が容易です。

とりわけ木材が大量にあるうえに土木技術をもつ者が身近な状況であれば、壊れてもすぐ直せるので合理的です。往時は復旧工事の資金にも困らないくらいに事業が回っていたのでしょうし。
それをわざわざ掘込みやトンネルにする方がむしろよっぽどのことだっただろうと思います。壊れたら埋まりますし、地質などによっては難工事になります。

だから、比較的平らな川床の上に木桟を組むのは今の我々には意外だったとしても、往時であれば驚くこともない発想だったかもしれません。
今のJRや国交省なんかだったら、壊れる前提で造りはせず、意地でも壊れにくいものを造ろうとするでしょうから。しかしそれは現代人や欧米人の発想だと思います。

他方で、そこの地形を見ても掘るしかなかったのでしょうけれど、こんなところにトンネルを掘ったということには驚かされます。
そこまでして敷設したかった相応の理由や、相当の執念があったのでしょうね。
24,3472016-12-07 05:10:27/rail/motokiyosumi/main10.html9
おつかれさまです。10の最後の現在地の拡大写真を見ると、もう少し歩いたあたりに「谷の分岐っぽい平場」が有るように見えます。(隧道の時と同じで)たぶんそこが終点かと・・・惜しい。
24,3652016-12-08 09:05:20/rail/motokiyosumi/main10.html9
終章へ続く、ですね。
24,3872016-12-13 21:24:10/rail/motokiyosumi/main12.html9
うわぁ、この穴、、おつかれさんです。。
24,3962016-12-16 13:58:43/rail/motokiyosumi/main12.html9
ロープは持ってこなかったのですか?

まあ、ロープを使っていたら使っていたで、お約束の展開だったかもしれませんが、、、
24,4102016-12-17 14:56:17/rail/motokiyosumi/main12.html9
写真から恐怖感が伝わらないのが残念です。が、ずるずると滑ってしまったら。。。
24,4122016-12-17 20:48:59/rail/motokiyosumi/main12.html9
無事でよかったですー
24,4212016-12-18 19:11:46/rail/motokiyosumi/main12.html9
ズボン脱いで頭に乗っけて入水すればよかったのでは・・・何ならパンツも。誰も見てないよね、多分。
24,4222016-12-18 20:14:03/rail/motokiyosumi/main12.html9
ワラ>(むしろ、入るよね?という論調がおかしいんだッ!苦笑)
お察しの通り。
気付けば凄い世界にいますな,我々w
24,4322016-12-20 06:58:55/rail/motokiyosumi/main13.html9
お疲れさまです
思いのほか長編モノになりましたねえ(笑)
24,4362016-12-20 09:56:58/rail/motokiyosumi/main13.html9
無人潜水艇(ドローン)が欲しいですね。

そのうちに、中国製のもの(米軍仕様)が安く出回るのではないでしょうか。期待することといたしましょう。

24ページ中 4ページ目を表示(合計691件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 ... 24    [前のページ] [次のページ]  

この画面の説明