神岡軌道 第二次探索 (土編 第4回)

公開日 2009.10.17
探索日 2009. 4.27



↑ なんだかちゃちな橋だなぁ。 なんて言ってはいけない。

確かに今回は大きな橋の遺構を2つも見てきた後だけに、こんなに小さな橋だったかと思ったのは事実だ。
しかし、この橋はnagajis氏との思い出の橋じゃないか。
思い出は大切だよ。うん。

なんか、慰めなくてもいいものを無理矢理ほじくったら、卑屈な気持ちになってきた(笑)。

この橋を渡って、次なるステージは… (→)

約1kmの長途を有する、小区間(3)(赤い部分)へ突入だ!
この区間も当然のように「国道とべったり」なんだが、前の小区間(2)での成果を思えば、期待できないことはないと思う。
出発前よりは遙かに期待感は増していた。

出でよ! 遺構!!




  からの脱出


2009/4/27 15:51 

この景色には当然見覚えがある。
赤沢の小ガーダー橋を渡るとすぐに、ガッチリ封鎖された隧道の坑口跡があるのだ。
前回の探索においては、ここが封鎖された隧道との最初の遭遇であったが、今回はより正確な言葉で表現することが出来る。

この隧道は、「グラウンド」から数えて2本目の隧道であると。(他にシェッドが1本あり)



ということで、前回同様に旧線跡を迂回する。

二度の探索で、神岡軌道の随所に旧線があったことも確信へと変わっている。

そして、




前回、その異貌に強く心惹かれた「出口」へ到着。

ここまでは普通1分くらいの行程だが、途中でおにぎりを食べたので、6分かかった。

それにしてもこれは本当にイイカンジに熟成されてるなぁ。

コンクリートというのは、自然界にある素材を適当に組み合わせて作られている。
だから、朽ち続ければやがて自然界との外見的差異が曖昧になっていくのだろう。
髑髏の眼窩のような横穴が素敵過ぎるぜ。





15:58 《現在地》

隧道から200mほど歩くと、見覚えの無い景色の中に、見覚えのある電柱が現れた。

前回、引き返した地点である。

季節って、本当におそろしいね。




前回のレポートから、引き返しの部分を抜粋。

同時に相当数のやり残しもありそうで気持ちが悪い。

これを自覚しながら引き返したことは、オブローダー的には失態である。

しかし、これは許して欲しいよ…
この藪はないよ。


ということで、
こっからは前回未踏のエリア!



うむむむむ…

夏場はこの辺、一体どうなっちゃうんだろうねぇ。

そんな他愛のないことを考えながら、若葉の萌えに呑み込まれつつある路盤跡を進んでいった。
至って順調である。
しかし、このまま成果がなければ、順調も虚しいと感じるだろう。

私は、これまでの予想外の成果に当てられ、ちょっと欲張りになってしまった。





で も、




そんな欲張りさんをも落胆させないのが、

神岡軌道クオリティ!


早くも、新たなる隧道発見なのである!


ほんと、たまりませんなぁ。




おっふふふふ…

うふうふふふ…

春が来てますよ。
春の廃道、最高。
これまた良い具合に風化している。

問題は、抜けてるか否かだが…。





抜けて無くても無問題もーまんたい!!

こいつは隧道のように見えて、実は「スノーシェッド」だったのである。

土被りは、皆無だ。




中に入る前に、下を見た。

ずっと下の白い部分が、国道スノーシェッドの屋根である。
そして右に見えるカッコイイ未塗装ガードレールの6連装は、雪崩を誘導するための“すべり台”である。
雪崩が来たら、「どうぞシェッドのあるところを通ってね」とやる訳だ。

わずか巾60cm少々の軌道に命を乗せて運んでいた神岡軌道が、どれほど険しい輸送環境におかれていたかということを実証するような国道の重防備だと思った。
もっとも、無雪期の風景を見てこんなことを言っても、真に迫ることは難しいだろうが…。




シェッド内へと侵入。

ちゃんと貫通していた。
この構造物が受ける外圧といえるものは、毎年の雪の重さと雪崩の衝撃だけであるから、ぶ厚いコンクリートがそうそう破壊されないのも頷ける。

きっと細田氏がここにいれば、こう言うだろう。

「雨とか雪の日に、この中で一日のんびり過ごしてみたいすな」。

その気持ち、分からないことはないが、運悪く実際に雪崩が上を越えるところにでも遭遇したら、すっかり白髪に変わってしまいそうだ。



そして、北口よりも穏やかな顔をした南口へと貫通した。

前回と今回の探索を合わせると、東猪谷から当地点までのほぼ全ての路盤を実踏したが、発見累算された隧道の数は8本、スノーシェッドは4本である。
なお、隧道とシェッドが連接している物は隧道としてカウントし、旧線の隧道はカウントしていない(一箇所だけあった)。

これは、本格的に隧道祭りを開催する必要がありそうだ。
そのくらいの勢いがある。



そして、振り返る。

個人的に、これがこのシェッドのベストショットだ。

もし雪のない国ならば、こんな大仰な構造物は絶対に必要なかったろうなと思う。

シェッドの谷側に建てられた蛇腹のようなバットレス(控え壁)が、無骨な雰囲気を一層と醸していて好ましい。
きっとそれは安全の面からも、車を停める位置の確保の難しさという意味からも、難しいことであるが、厳冬期の姿を見てみたいと思ってしまった。



スポンサード リンク
ちょっとだけ!ヨッキれんの宣伝。
遂に「山さ行がねが」が書籍化します!過去の名作が完全リライトで甦る!まだ誰も読んだことの無い新ネタもあるぜ! 道路の制度や仕組みを知れば、山行がはもっと楽しい。私が書いた「道路の解説本」を、山行がのお供にどうぞ。 ヨッキれんやトリさんの廃道探索シーンを一流のスタッフが命がけで撮影した、日活の廃道ドキュメンタリーシリーズ第1弾



 電気ショックに ご用心?


16:09

現在地はこのあたりか。
GPSを携帯しているわけではないので、こういうノッペリした地形のところでは、少々自信がない。
とにかく、赤沢からは300mくらい進んだところと思われる。

風景は久々に樹林帯へと移り、廃線後に設置された電信線と二人きりの静かな散歩の風情となる。
時期が良いと、山の中では何をしていても気持ちが良いものだ。




しかし、こんな穏やかそうなところにも、“安全の担保”は存在した。

しかも相当に古びており、崩れたままにされている。

私は石垣と柵との間に進路をとった。
それは、ほとんど選択の余地のないことであった。




柵も、電柱も、そして立木も、路盤上にある物が尽く薙ぎ倒されていた。

その光景さえも美しかったが、間もなく私は少しばかり…

“嫌な場面”に遭遇した。




電 線 が  邪魔…。

いや、これは電線ではなく、電信線であったはず。

でもでも、電信線だって中を流れているのは電気です。

しかししかし、どう考えてもこの電線はもう、生きてないよね?

 生きてないよねぇ?

 ……。

どこか目に見える範囲で断線でもしていてくれれば確信を持って大丈夫といえるのだが、意外にピンと張っていたりして、ゴムの被覆も新しげに見えてしまったりする。

結局しばらくの間私は、“美術館に盗みに入ったルパン三世がセンサーの赤いレーザー光をかわすアノ場面”よろしく、極めて不自然なムービングを強いられた。
臆病者のムーブである。




ちょ




またきた!


なんだなんだ、俺たちの目は節穴か?!

去年はいくら見上げも、一本も隧道なんて見えなかった。

緑のヴェールは、マジで侮り難しだな。
地形を見て判断とか、その辺にも変に自信持っていたけど、その見立ては大甘だったらしい。


まあ、今さら良いんだけど…。

妙に暗く見えるのが、ちょっと気がかりか??