http://yamaiga.com/road/ennakouji/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.64点 / 投票回数 5744人)

16ページ中 2ページ目を表示(合計462件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 ... 16    [前のページ] [次のページ]  
番号▲書き込み日時書き込みURL点数
コメント
18,9892015-05-25 21:21:05/road/ennakouji/main1.html7
そっか、塩那は「えんな」って読むんでしたっけね。
ttps://www.youtube.com/watch?v=yCrAPuUnSwA
18,9902015-05-25 23:57:10/road/ennakouji/main1.html10
なんかたぎってきますねw
18,9912015-05-26 00:16:55/road/ennakouji/main1.html10
行け〜〜
力の限り行け〜〜
根性見せてみろ〜〜
18,9922015-05-26 00:32:58/road/ennakouji/main1.html10
あの廃木橋は林道由来と思います。工事用仮設道路を自衛隊が作ったのなら、橋も仮設橋だったもかもしれませんね。で、工事完了して仮設橋を自衛隊が持って帰った後、改めて誰かが道路拡幅とかコンクリート橋設置を行ったのでは?
18,9932015-05-26 01:49:21/road/ennakouji/main1.html10
これはまた大型レポートが来ましたな!楽しみにしております
18,9942015-05-26 03:21:58/road/ennakouji/main1.html10
探索から4年も寝かせた成果に期待w
18,9952015-05-26 05:18:38/road/ennakouji/main1.html10
Googleマップのストリートビューでも、横川聚落から塩那道路が見えますね。そうですか、あそこまでですか。期待しています。
18,9962015-05-26 09:49:43/road/ennakouji/main1.html10
初めましていつも楽しく拝見させていただいています。今回の道路 塩那スカイラインは30年程前にバイク(sx200)で走破しました 当時はお盆期間 全面工事休止で普通に通行できました 深山ダムから田島高校に抜ける大川林道が崩落していて塩那より抜けるのが苦労しました。当時自衛隊の碑のそばに鉄板の地図表示がありなんとなく深山に向かって左側に道らしきものがありましたが すぐに藪で通行不可でダメでした。今回の道当時のアルバムを見ながら 拝見しています。マルヤ 追、この近くの121号旧道 山王トンネルの上、山王峠越えの旧道も今はえげつなくなっていますよ。(^^)V
18,9972015-05-26 17:15:28/road/ennakouji/main1.html10
こんなものを発見しました
http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000139604
おそらくヨッキ氏がされた質問だと思いますが。
18,9992015-05-26 20:46:42/road/ennakouji/main1.html9
キチンとした道があることの保証がないところを、標高差920mとは・・・。
私も登山をする手前、かなり過酷な行程であることは分かります(^^;
滑落などの遭難には、くれぐれも気をつけて下さい。
困難な場所へと挑むときの頼もしい味方、山行が合調隊の登場もまた期待しています。
一人で無茶はしすぎないで下さいね。
山で命を落としてはいけない、というのは全ての入山者に共通する心構えですから。
19,0002015-05-26 21:41:23/road/ennakouji/main1.html9
>この山域で行方不明や滑落事故が多発しているというのが、脅しなのかそうでないのかは分からないが

林道好きです。しかも自転車で、ゲートを越えて走ってます。
場所にもよりますが、山菜関係の利権などで余所者に対してこのような警告ってのがありますね。あと、本土でのクマ出没とかの警告もそうですよね。むしろこっちを多く見かけました。
産廃投棄防止ならゲート閉鎖されてますし、徒歩などで入れるところの場合は…と。山菜のありそうなところに警告看板あり、と。

山菜は地元の方々の現金収入につながる大事な山の資産ですし。でもまあ、実のところ脅し警告ではなくホントにクマの出るところもあるんでしょうが。

19,0012015-05-26 22:32:17/road/ennakouji/main1.html9
地形図には軌道として書かれていたことはないとされていますが、もしかして本当に軌道だった時代があるのかもしれませんね
富山県の例ですが、立山砂防軌道に限らず現在でも車道としては整備されずにいるダムの資材輸送路としているところ(黒部の「上部軌道」ではありません)があるそうです
19,0022015-05-27 00:09:55/road/ennakouji/main1.html10
わくわく
19,0072015-05-28 10:15:47/road/ennakouji/main1.html9
途中で廃レールが出てくると,やっぱりドキッとしますね!!
19,0092015-05-28 18:47:29/road/ennakouji/main1.html9
関東で9月に霜が降りるとはすごいな
東でも雲取山なら10月に雪が降るというのも納得
19,0102015-05-28 19:53:38/road/ennakouji/main1.html10
面白い
19,0162015-05-28 22:11:40/road/ennakouji/main1.html10
久々に木橋を見させて貰いました。
by丸山熙人
19,0292015-05-30 18:46:06/road/ennakouji/main2.html10
いいぞ!
19,0312015-05-31 01:24:14/road/ennakouji/main2.html10
「廃道ファン」「イニDファン」的にも塩那は憧れの聖地ということで、今回のレポはそんな聖地へ向かって登って行く期待感が溢れているような気がします。
19,0322015-05-31 05:21:17/road/ennakouji/main2.html8
正確に道をなぞるのを信条にして無かったっけ?
19,0402015-06-01 14:41:44/road/ennakouji/main3.html10
山旅倶楽部の地図,素人の私などには等高線の影のお陰で直感的に判りやすく出来ていますね。感心しました。
19,0422015-06-01 17:29:30/road/ennakouji/main3.html10
>「立つ鳥跡を“徹底的に”濁さずな」自衛隊の工事部隊
ということは、橋梁などは仮設構造だった可能性が高いのでは。
車道用廃木橋は、林道用の物で有る可能性が高いかと(昔は上流にもワサビ田などが有ったか?)
重機などのヘリボーンも、現在良く見かけるチヌークが“陸自の装備になった”のは比較的最近なので、当時の陸自ヘリでは性能的に厳しかったかと思いますし(高地はヘリの天敵)。
19,0442015-06-01 21:00:01/road/ennakouji/main3.html9
自衛隊が拓くということは、実践(実戦)でいえば“後続の部隊が確実に通れることが最優先”だったりしそうですし、他にはない土留めだったり…もしかして木橋の素材も現地調達だったりするんでしょうか。
しかもここは本筋じゃなくて工事用道路ですし。より自衛隊色が強いかも。そういう痕跡がたくさん感じられたら面白いですね。

19,0452015-06-01 22:04:12/road/ennakouji/main3.html8
第3回
しょっぱなから[ かかっているけど渡れない木橋 ]とは
印象的な本番スタートになりましたね
でも4年ちかくお倉入りしてたということは
スカッと爽やかなラストとは行かないのかな
19,0462015-06-01 23:46:26/road/ennakouji/main3.html10
塩那道路関係レポ、首を長くしてお待ちしておりました!非常にワクワクしています!
19,0472015-06-02 07:30:42/road/ennakouji/main3.html9
廃木橋ステキー( ゜∀゜)o
19,0512015-06-03 13:53:57/road/ennakouji/main3.html10
確認済みとは思いますが、国土地理院の空中写真アーカイブ(昭和51年)には鮮明に写ってますね。
19,0532015-06-04 01:11:44/road/ennakouji/main3.html9
ヘリで重機を運び入れた可能性はほぼ0です。
当時のヘリの性能、航空法、部隊運用とコストから考えれば。

19,0542015-06-04 01:35:45/road/ennakouji/main3.html9
レポートの導入が、塩那道路というより、清水国道的な感じですね。
19,0562015-06-04 21:10:55/road/ennakouji/main3.html10
始まった
by丸山熙人

16ページ中 2ページ目を表示(合計462件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 ... 16    [前のページ] [次のページ]  

この画面の説明