http://yamaiga.com/road/kakumagawa/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.56点 / 投票回数 2075人)

8ページ中 3ページ目を表示(合計227件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8    [前のページ] [次のページ]  
番号書き込み日時▲書き込みURL点数
コメント
22,7802016-05-16 20:07:20/road/kakumagawa/main2.html9
このネーミングに興味深々となり、調べてみれば…今でもHPは健在ながらアクセスルートが…“蓼科仙境都市を目的地に設定すると《遠回り》の道が案内されます”と(爆)。
遠回りどころか…ふふん♪反対側のふもとにあるお寺をまずの目的地に…まあ苦肉の策なのかな?

結構、ブラックみたいですね、ここ。で、東京事務所はいいとこに構えてますよね。まあ、人力で向かうところではなく、普段は運転手に運ばれてる人が家族サービスでBNWのハンドルを握って…そゆとこでしょうね(爆)!



22,7832016-05-16 22:35:44/road/kakumagawa/main2.html9
どう見てもクマーですありがとうございます。
22,7852016-05-17 03:39:01/road/kakumagawa/main3.html10
オープニングにビックリ!
22,7862016-05-17 03:45:38/road/kakumagawa/main3.html10
鬼怒川チック
22,7872016-05-17 08:33:34/road/kakumagawa/main3.html10
くまかも?しかかも?かもしかじゃーん
ヤラレタ〜
22,7882016-05-17 09:09:06/road/kakumagawa/main3.html10
前回本物のクーマーかと思いましたが、カモシカでしたか。
いきなりでクスッと笑いました。
こんな黒いカモシカもいるんですね。
道の方は素敵道が続いてる様で、次回も楽しみです。
22,7892016-05-17 09:14:51/road/kakumagawa/main3.html10
Z字カーブで良いじゃん
22,7902016-05-17 09:22:58/road/kakumagawa/main3.html10
カモシカってあれだけ鈴を鳴らして歩いても逃げないんだね。
22,7912016-05-17 11:21:06/road/kakumagawa/main3.html10
林道の西側に広がる「学者村別荘地」という怪しげな場所も気になるのですが……仙境都市と違って地理院地図にしっかり載っているし。帰りに通ったんですよね。ググっても笠取峠と穂高しか出てこないんだよなぁ。
22,7922016-05-17 17:47:22/road/kakumagawa/main3.html6
クマーーでなかったから0点にしたいが
カモシカの珍しさに超大幅加点
22,7932016-05-17 20:02:00/road/kakumagawa/main3.html10
看板がいい味を・・・
22,7952016-05-17 21:18:16/road/kakumagawa/main3.html10
懐かしい鹿曲林道。ここまでは周囲の景観(料金所跡)や橋など通行可能当時のままですね。
閉鎖の前年にも仙境都市側から下りましたが、あの頃も度々閉鎖があって、路面状態はけっこう荒れていました(降雨後だったので特に)。
普段は余りアクセスのない「仙境都市」のキーワードで検索されている方が11日からいきなり増えていたので、驚いて覗きに来たらこちらでレポートが始まっていたのですね。楽しく拝見しています。
22,7962016-05-17 22:53:50/road/kakumagawa/main3.html10
わくわく、と同時に、じれったい
22,7972016-05-18 00:42:55/road/kakumagawa/main3.html10
鉄道ならスイッチバックといいますね
22,7982016-05-18 00:46:53/road/kakumagawa/main3.html10
やばくないやつでよかったw
22,7992016-05-18 01:16:02/road/kakumagawa/main3.html8
クマでは、なかったのですね。
前回の終わりでは、ドキドキしちゃいました。

なかなか立派な切り通し
西伊豆スカイラインでも、チョコチョコ 似た様な切り通しは有りますが、
道幅の違いと、法面が、もっと緩やかなので、こんなタイトな感じはしませんが、
雰囲気は似てますね。

22,8032016-05-18 07:16:26/road/kakumagawa/main4.html10
オフトピックですが、第4回に登場した山小屋風廃屋に置かれていた洗濯機。右側に付いているハンドルを回すと2個のゴム製のローラーが回転し、そこに洗濯物を挟んで水をしぼり取るという“手動脱水機”付きですね。
昭和40年代(1960年代後半)によく見かけたものです。
22,8042016-05-18 07:19:24/road/kakumagawa/main4.html10
結構来てますなぁw 徐々に「廃」というより「滅」になって来たw (ぜ
22,8062016-05-18 08:54:35/road/kakumagawa/main4.html10
7:41の現在地がリンク切れ
22,8072016-05-18 11:38:01/road/kakumagawa/main4.html10
遠、遠い…。ホントに遠い…。
22,8092016-05-18 13:12:23/road/kakumagawa/main4.html9
お疲れ様です。やっぱりレポートはこうでなくっちゃ
22,8102016-05-18 13:14:47/road/kakumagawa/main4.html9
航空写真で見ると、養蚕でもやっていそうな建物がありますね。

ひょっとしてこれ、「天空の廃道シリーズ・第二弾」でしょうか。
22,8112016-05-18 14:31:13/road/kakumagawa/main4.html10
続きが早く見たいですね、待ってます。
22,8122016-05-18 15:53:09/road/kakumagawa/main4.html10
バブル後期頃?小諸駅(当時は佐久地域最大の駅)前のビル看板に「蓼科仙境都市」とデカデカ看板がありましたね。小諸から向かうと、県道40号等を経由して最短距離で現地へ迎えたのが林道鹿曲川線でした。 蓼科アソシエイツスキー場(98年ごろ廃止)へ向かうのもこの道でした。
22,8132016-05-18 16:14:32/road/kakumagawa/main4.html10
現役時代はどれくらいバスが走ってたんでしょうね…
22,8142016-05-18 19:30:24/road/kakumagawa/main4.html10
久々のわくわく感。こりゃいい。
22,8152016-05-18 20:40:19/road/kakumagawa/main4.html8
『寝室から天井を見ると、一部が二階に吹き抜けている。外見からも二階建てなのは分かっていたが、どこから登るんだ?』

・・・これ、掘り炬燵の跡でしょ。(笑)

22,8162016-05-18 21:26:37/road/kakumagawa/main4.html10
あーらま。
22,8172016-05-18 22:10:49/road/kakumagawa/main4.html7
裾野っぽくて動物も棲みやすそうな前半から
後半はいかにもな山道に・・・
と思ったら ぅゎぉ はい・どおも
22,8182016-05-19 00:18:17/road/kakumagawa/main4.html10
スゴいですねー、カーブミラーまでがひどい!
そして隧道が早く見たいです。
廃墟好きでもある私からすると、時々廃墟探索も入れてもらえるととても嬉しく、また読みごたえもあります。

8ページ中 3ページ目を表示(合計227件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8    [前のページ] [次のページ]  

この画面の説明