公開中コメント一覧

826ページ中 1ページ目を表示(合計24,754件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 ... 826    [次のページ]  
▼番号書き込み日時書き込みURL点数
コメント
27,4032017-12-18 17:29:46/tunnel/kissaka/main2.html [コメント一覧]9
“逆パラペット”という表現ですが、パラペットは屋根に設けられた手摺りの様な装飾や壁状の立ち上がりの事を言うので、坑口が他より張出している事をそう表現するのはおかしな事ではないでしょうか?
27,4022017-12-18 15:50:55/tunnel/kissaka/main2.html [コメント一覧]10
素晴らしい!
27,4012017-12-18 12:25:28/tunnel/kissaka/main2.html [コメント一覧]9
「舞鶴市」の案内標識に描かれているトンネルのようなものは、下まで煉瓦模様が回っていることを考えるとトンネルではなく赤レンガ倉庫の窓でしょうね
27,4002017-12-18 11:48:18/tunnel/kissaka/main2.html [コメント一覧]9
青葉トンネルの入り口に県名や市町村名があるのが面白いですね。
普通はトンネルを抜けた先に県名や市町村名の看板があるんですけどね。
この地域の特徴でしょうか。
27,3992017-12-18 09:39:05/tunnel/kissaka/main2.html [コメント一覧]8
これは大変でしたね、机上調査が。
物資欠乏があったにせよ、地質さえ盤石ならば素掘りでも
成立するはずのトンネルがそれだけ崩れたという事は、
良くない場所を掘ってしまったのでしょうが、
それでも工事を強行して結局全てを無駄にしてしまったという事実は
狂った時代の狂った判断の当然の帰結であって、
「松籟洞」の美名で糊塗など出来る物ではそもそも無かったのでしょう。
そうした教訓がまともに伝えられていない現状に
蟻の一穴をほじくるこのレポが、
閉塞を打破する風穴を吹き抜ける松風とならん事を。
27,3982017-12-18 09:21:05/tunnel/kissaka/main2.html [コメント一覧]10
相変わらずの緻密な考察に感服しました。不幸?だった隧道も喜んでいると思います。
27,3972017-12-18 07:54:59/tunnel/kissaka/main2.html [コメント一覧]9
まさかの東口見付からず!(;´Д`)昔松尾寺の貨物設備見に行ったけど此処にこんな経緯があったとは。
27,3962017-12-18 03:12:27/tunnel/kissaka/main2.html [コメント一覧]9
「本当の高浜隧道の姿」は筆の滑りだと思いますが、それはさておき、
「松籟」は近くの名刹松尾寺と三松海岸にちなんだ名称だというのが、いちばん無難なところではないでしょうか。
27,3952017-12-18 01:22:14/tunnel/kissaka/main2.html [コメント一覧]10
舞鶴市民です。ワタクシもこの隧道は知っており、気になっておりましたが、舞鶴の図書館で史料を観ても、手がかりがありませんでしたが、福井県側にはいくらか文献があるのですね。我が街舞鶴を取り上げてくださり、ありがとうございます。
27,3942017-12-18 00:27:53/tunnel/kissaka/main2.html [コメント一覧]10
舞鶴市のイラストですが隧道ではなく、レンガ倉庫の窓だと思います。下に描かれた長方形の石もそれらしい感じです。
27,3932017-12-17 21:28:37/tunnel/kissaka/main.html [コメント一覧]10
型枠の跡が戸倉軍用トンネルとそっくりです。
27,3922017-12-17 20:20:51/bridge/oohata/main4.html [コメント一覧]10
安全な画面上の、過去の出来事なのにハアハアしてしまう。変態な意味ではない。
27,3912017-12-17 19:39:55/road/toume/main3.html [コメント一覧]10
これはすごい
27,3902017-12-17 19:12:55/road/spr130/main3.html [コメント一覧]9
なるほど
27,3892017-12-17 18:55:31/bridge/sibazaki/main.html [コメント一覧]10
渡りたくありません。大量の材木を用意して、敷きながらなら、渡る。
27,3882017-12-17 18:31:35/mini/232/main.html [コメント一覧]9
困離

!合
27,3872017-12-17 12:16:19/tunnel/kissaka/main.html [コメント一覧]7
>昭和20年代のトンネルらしく、内壁の一面に長方形の格子模様がついている。
>これは打設したコンクリートが固まるまで抑えていた矢板の模様であり、
>トンネルの工法を見分けるバロメータの一つだ。

トンネル覆工を含む古い現場打ちコンクリートの表面に見られる模様は、
矢板ではなく“さね板”(実板)の跡ではないでしょうか。

トンネル工事における矢板というと、
工事途中における掘削面からの土砂・岩石の剥落を防ぐために
支保工の裏側(外側)に挿入する板のことで、
覆工後には洞内から全く見えなくなる部材のはずです。

杉などの細長い板であるさね板を並べて面を作るコンクリート型枠は
合板のコンパネや鋼製型枠が普及する前の古い工法ですが、
近ごろはあえて木目の転写をデザインとして取り入れる
“杉板本実型枠”(すぎいたほんざねかたわく) などと呼ばれ、
化粧型枠の一種として使われることがありますね。
27,3862017-12-17 00:31:09/road/apr368/main3.html [コメント一覧]10
新城市在住の者です。
豊川へ通勤していますが、こんなところにこんな道があったとは。。
身の回りにもいろいろな道と、それにまつわる歴史がある、ということを再認識しました。
27,3852017-12-16 21:42:50/tunnel/kissaka/main.html [コメント一覧]9
う〜ん、坑口の画像が一部分だけ写したものばかりで全体像がよくわからん。
引きで撮った写真はないのか……と思ったら、ちょっと下がっただけで「もうこの有様」なんですね……。うむむ。

> 残っているのは分かるのに、画像として十分に記録することが出来ないのである。これは非常に口惜しいことだ。
全くです。反対側の状況に期待。
27,3842017-12-16 21:41:31/tunnel/kissaka/main.html [コメント一覧]9
他の未完レポはよ!と思いつつ
古い隧道ネタがあれば探索して少しでも目に触れてほしいというヨッキさんの気持ちもわからなくもなかったり、、、

もどかしい!とりあえず反対側坑門もアップして!
27,3832017-12-16 20:01:24/tunnel/kissaka/main.html [コメント一覧]10
この人工的に埋めてる土砂は新しいトンネル掘削時の残土だったりするのかな
27,3822017-12-16 16:20:50/road/r289_kassi2/main2.html [コメント一覧]10
前回のレポートから撤退されたトンネルの患部が気になっていたのですが、こんなことになっていたとは… 面白かったです!  M田市民
27,3812017-12-16 11:18:23/rail/senzu2/main14.html [コメント一覧]10
集材機には集材線が接続されていないようにみえたけど、
集材線が未だに緊張を保っているように見えるのは何故だろう。
27,3802017-12-16 03:03:09/rail/kouzuke/main4.html [コメント一覧]9
(´Д`)ノ 開通したのは私の婆さんの生まれた頃、軌道を拡幅したのは親父の生まれた頃。頑なにこの一本だけで勝負している上信電鉄侮り難し。婆さんも親父ももうこの世にはいませんが・・・。
27,3792017-12-15 22:04:58/road/aotowa/main8.html [コメント一覧]1
どうせここ見てないでしょう
マスコミに出てるからと言って塩対応しないでください
この先はどうでもいい内容なんですか
27,3782017-12-15 17:30:19/tunnel/aketi/main3.html [コメント一覧]10
先程wikipediaでいろは坂の頁を見ていたら明智バイパスという表現を見まして、ならば旧道があるのでは?と思い検索したら山行がにたどり着きました。
普段からよく山行がは見ていましたがこのレポートは初見でした。
しかし地形図もいい加減なもんですね。94年開通の道路が10年以上たっても反映されてないとは。
27,3772017-12-15 11:35:39/road/kpr515/main4.html [コメント一覧]5
ひさびさに読んだ
27,3762017-12-14 23:06:18/road/kakumagawa/main8.html [コメント一覧]10
文章が小気味良くてとても面白かったです。モフタヌキはかわいい。仙境都市は、継続的に生活可能かどうか全く無視したロクデナシ都市にしか見受けられませんでした(だから住み続けられず廃墟と化す)。あんな薄っぺらい建築、強風で壊れちまう。ところで、この記事で奥志賀スーパー林道を思い出したのですが、その旧道で奥志賀スーパー「廃道」なるものがあったらしいですが、そこを知っておられる方は今病気で話が聞けず。入り口その他全く不明、誰か知っておられる方がいれば良いのですが。
27,3752017-12-14 21:57:43/mini/232/main.html [コメント一覧]9
外に人通りがなくても、あちこちの建物内から監視されている可能性はありますよ。高齢化が進んでいる田舎の集落ではよくあることです。
日がな一日定位置に座って窓越しに表を通る人を眺めているご隠居、うちの近所にも何人かいます。そして彼らが一番集落内の異変に詳しかったりします。

マイナーがかかる部分については27346に同意。職場(北陸に所在、内5人が福井県嶺南出身or居住経験ありで若狭は身近)内で聞いてみましたが、舞鶴、若狭湾を知っていても大浦半島という半島名を知らない人がほとんどでした(半島名を知っていたのは福井県出身の1人のみ)
27338は舞鶴に何か思い入れがあるのかもしれませんが、地元でもない限り、例え地理的に近くても人の認識はこの程度です。
27,3742017-12-14 18:16:43/tunnel/kusagi/main7.html [コメント一覧]10
ついに、現役の道路行政に対する生々しい提言が行われるようになりました。ある意味行政の後押し的なところがあるから、すぐに弾圧とかはされないだろうけど、ある種の批判である事には変わらないから、今後の山さ行がねがの行き方が気がかりではあります。

826ページ中 1ページ目を表示(合計24,754件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 ... 826    [次のページ]  

この画面の説明