http://yamaiga.com/tunnel/naganuma/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.37点 / 投票回数 1178人)

3ページ中 1ページ目を表示(合計81件)    1 | 2 | 3    [次のページ]  
番号書き込み日時書き込みURL▼点数
コメント
17,6562015-01-02 16:00:44/tunnel/naganuma/main.html10
ワクワク。
都会のまん中にまだ現存していようもんなら、歴史的大発見ですよ。
ニュースで取り上げられちゃうレベルだと思います。
17,6592015-01-02 16:54:39/tunnel/naganuma/main.html10
これは2年ほど前の掲示板で出てた物件ですよね?ヨッキさんのご近所だからいつか出ると期待してました。私が三多摩住人てこともあるので、続きが楽しみです。
17,6642015-01-02 21:36:40/tunnel/naganuma/main.html10
高校時代の友達の家が映ってるw
まさかこの道が山行がで取り上げられるほどの由緒ある道だったとは!
早い段階で道が廃ったのは野猿街道が整備されたからじゃないですかね?
近世の野猿峠が荷車の通過困難な道だったので八王子に作物を届けたい和田村の農家はわざわざ遠回りな川崎街道〜北野街道ルートで行き来していたと何かで読みました。
なので明治になって野猿峠迂回ルートとしてこの隧道を作ったんじゃないでしょうか。
で、その後まもなく野猿街道がこの道以上の規格で整備されてしまい廃ったと。
17,6662015-01-02 22:07:22/tunnel/naganuma/main.html10
昔は平山城跡公園から長沼公園まで稜線を歩いていけたらしいです
17,6692015-01-03 05:38:19/tunnel/naganuma/main.html10
地元記事はコーフン最高潮!!
17,6702015-01-03 07:15:14/tunnel/naganuma/main.html10
このすぐ近くに最近まで住んでいましたが、こんな場所があるとは全く知りませんでした! 八王子は古くから栄えた街だし、周辺は峠道が多いので色々古道があるのかなとは思っていましたが、長沼に隧道なんて考えたこともありませんでした。ある意味、今までで一番わくわくしています。
17,6762015-01-03 18:44:30/tunnel/naganuma/main.html10
拙宅は春日橋のたもとにあり、今回のレポート写真の端にも写っております。まさかこんな近くに明治時代の隧道跡があろうとは思ってもいませんでした。後編を楽しみにしております。
17,6792015-01-03 22:22:54/tunnel/naganuma/main.html10
今日、現場見てきました。
17,6872015-01-04 18:19:32/tunnel/naganuma/main.html10
身近な探索は、それだけいっそうおもしろく感じられます。

都心から50km圏内ですが、物流業もしていた我が家では、戦前から自動貨車(トラック)のほかにも馬力での輸送もしていたので、
戦後も敷地内に馬頭観音供養塔を建てたことがあります。

また、多摩地域では馬頭観音は、運送とは直接に関わりなく、篤く信仰されていた、というような話しを小耳に挟んだこともあります(不確か)。
17,6912015-01-05 02:21:25/tunnel/naganuma/main.html10
くそ楽しみ
17,7042015-01-06 08:23:12/tunnel/naganuma/main.html10
わくわくする
17,7052015-01-06 11:31:56/tunnel/naganuma/main.html10
ここ地元です。信号の順番もこの小路だけ独立していて、昔から気になってましたが、まさかまさか、こんな一大物件が眠っていようとは!続編待ってます
17,7092015-01-06 22:27:55/tunnel/naganuma/main.html10
こちらの公園はgoogleストリートビューで園内散策ができるんですね!
実際に園内散策をしているようで楽しいです。
https://www.google.co.jp/maps/@35.637111,139.3693952,3a,90y,58.11h,99.76t/data=!3m5!1e1!3m3!1sbT80DpQNDu4PVYbVPfObTA!2e0!3e5
17,7132015-01-07 22:01:55/tunnel/naganuma/main.html10
てっきり柚木なら野猿街道の切通しにと思ってしまったので期待大です
17,7342015-01-12 20:35:13/tunnel/naganuma/main2.html10
学生時代から知っているエリアだけに、ヘェ〜の連続!
次回乞うご期待!してます。
17,7352015-01-13 00:23:01/tunnel/naganuma/main2.html10
は、早く次編を!
17,7382015-01-14 17:07:16/tunnel/naganuma/main2.html10
先日Twitterでご近所のご挨拶をさせて頂いた者です。近くのレポートで非常に興味深く拝読致しております。
一つ、馬頭観音の施主のお名前ですが「夢山」ではなく「菱山」かと思います。菱山姓は西長沼村、平山村付近に多い旧家の姓の一つなので間違いないかと思います。峠名については特段の情報は持っていませんが、中尾根と呼ばれる尾根にあたるようですね。また下柚木側については、地元で五輪谷戸と呼ばれている場所にあたるようです。焼場として用いられていたとか、かつては沼があったと伝わっている場所らしいです。
17,7482015-01-16 06:26:08/tunnel/naganuma/main3.html10
戦車隧道とか、まさかの展開。考察編が楽しみです。
17,7502015-01-16 18:14:56/tunnel/naganuma/main3.html10
戦車道をせんしゃどうと読んだ人が多いのではないだろうか
17,7512015-01-16 18:36:08/tunnel/naganuma/main4.html10
素晴らしいレポートです。
17,7522015-01-16 19:55:32/tunnel/naganuma/main4.html10
わくわくするレポート、素晴らしいです!それにしても素晴らしく勉強なさっているのに感動と尊敬の念を抱かずにはいられません。素晴らしいです!
17,7532015-01-16 22:03:24/tunnel/naganuma/main4.html10
明治隧道を見れなかったのは残念ですが、素晴らしいレポです!
17,7542015-01-16 22:29:36/tunnel/naganuma/main4.html10
国土地理院の空中写真閲覧サービスで1940年代の空中写真を見ると、隧道に至る道がハッキリと見える写真もありますね。
特に「531-C2-44」では隧道の長ささえ分かりそうなほどハッキリしています。
また、「531-C2-44」からちょっとたった時代の写真を見ると、坑門南側(下柚木側)の道幅が広くなり、線形も改良されている一方、北側の道が消えかかっている事から、南側に戦車トンネルがあったことも事実でしょう。
「USA-M829-6」は興味深く、南側坑門のあたりに緑の無いエリアがあります。一見すると土砂崩れが起きたように見えますが、例え隧道が崩壊しても写真のような大規模な土砂崩れは起きないと思われるので、南側坑門の辺は転回や切り替えし等の為にちょっとした広場になっていたのかもしれません。
1980年代の写真では、南側坑門前はすでに緑に制圧されており、坑門が開いていても誰も入らない廃な状態だったと思われます。また、北側坑門はもっと早い時期から至る道すら見えなくなっています。
以上のことから、隧道完成→北側の坑門が崩壊→戦時中に南側坑門付近を大胆に開掘し、戦車トンネルを掘る or 途中で閉塞していた隧道の南側坑門を改修して戦車トンネルとする→戦後、戦車トンネルは放置→宅地造成時に跡形もなく坑門消滅という流れだったのではないでしょうか・・・?
地図は偉いですが、航空写真も偉大です。
17,7552015-01-17 02:18:55/tunnel/naganuma/main4.html10
お見事!!!
17,7582015-01-17 12:28:58/tunnel/naganuma/main4.html10
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/大型イ号車
「戦車道で使われた(その後保管されていた)戦車」といえばwikiにこんな記事があります。「倉庫」というのは長沼峠のトンネルだったのでしょうか……?
17,7592015-01-17 14:39:18/tunnel/naganuma/main4.html10
昭和16年の航空写真を見て気がついたのですが、北側、西の方に細い別の道があるように見えます。山にぶつかって消えてますが、その部分が影になってますね。
はっきりとはわかりませんが、今回の隧道と何か関係がある…かも知れません。
17,7652015-01-18 01:49:26/tunnel/naganuma/main4.html10
長沼側(北側)の明治隧道(新道)が、柿の木谷戸ではなくてその支谷である西の沢(中尾根をはさんで一つ西側の谷)を通っていたと仮定すると、陥没穴の位置はこの場合に想定されるトンネルの位置に重なるような感じがします。この可能性はどうでしょうか?
17,7672015-01-18 18:33:09/tunnel/naganuma/main4.html10
興味深いッス♪ヽ(´ー`)/
17,7692015-01-18 23:01:05/tunnel/naganuma/main4.html10
山いが歴9年目になる若造です。

今回の長沼公園隧道のレポは、久々に熟読させて頂いたレポでした。最近のレポは机上調査や考察が充実しており、大変読み応えのあるものとなっています。

一般人でも容易に迅速図の利用ができるようになったことは、情報社会の発展を垣間見れるとともに、オブローダーにとっても「手掛り」がつかみやすくなりましたね。
特に明治初期の道路に関しては精緻な調査が行われていないようなものが多いように思いますから、ヨッキ氏の今後のレポにも期待です。
17,7752015-01-19 20:50:36/tunnel/naganuma/main4.html10
今回はすごい! 水たまりに長靴濡らして突っ込むレポとは格段の差!

3ページ中 1ページ目を表示(合計81件)    1 | 2 | 3    [次のページ]  

この画面の説明