この掲示板への書き込みは、管理人の承認後に公開される設定です。
問題のない書き込みは通常48時間以内に反映いたしますが、管理人の都合によりこれ以上遅れる場合があります。
また、次のような書き込みは公開しない場合があります。
 【作者が独り占めしたいオイシイ情報】【誹謗中傷やプライバシーに迄Iに関わるもの】
なお非承認の際の連絡はしておりませんのでご了承ください。


山行が 掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.6411] Re: まさに、お宝です。 投稿者:Woo   投稿日:2011/11/10(Thu) 19:53:21

路傍の石さん、こなつさんコメントありがとうございました。

> まったく同感。おどろきました。1930/11/27撮影とは。小牧発電所の運開6日め、しかも流木争議の真っ最中です。

単に「活況を呈する流材の様子」と思っていましたが、そんなに緊迫した背景があったわけですね。

それから気楽に「利賀旧橋」と申してしまいましたが、路傍の石さん、ひでさんのコメントをよく見ますと、この画像の橋は、1930(昭5)年竣工、34(昭9)年には流出した旧々(廃)橋で、この後に37(昭12)年と、48(昭23)年の2代の架橋があったということになりましょうか。48年橋はヨッキさんのレポートでほぼ全貌が分かりましたが、2代前の旧橋(37年)は、意外にも素性(スペック、架橋場所、廃止の経緯等)が不明確です。「利賀大橋」、「仙納原大橋」、「長崎大橋」と名称候補も錯綜してます。さすが利賀、奥が深い。
ヨッキさんも、
> このお話は、遠からず「その」レポートの時に書かせていただきます。
とのことで期待大です。

いやぁ、本当っに「山行が」って楽しいですね!


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー