http://yamaiga.com/rail/motokiyosumi/ の公開中コメント一覧

(平均点 9.63点 / 投票回数 5384人)

24ページ中 1ページ目を表示(合計691件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 ... 24    [次のページ]  
番号書き込み日時書き込みURL▲点数
コメント
24,9232017-02-14 10:55:19/rail/motokiyosumi/main15.html1
ちょっと待って!!!!

大変です!!!!!!!

しかも説明無し!!!!


分岐Aの東の水没隧道の位置変わってませんか?????
やはりここがトビミケ氏が通った軌道隧道だったのですね。


25,2162017-03-15 11:23:14/rail/motokiyosumi/main19.html1
長年楽しみに拝見させていただいております。今回のレポートも、詳細な調査過程が分かり、読者として楽しめました。しかしながら、遺構のありのままの状態に対して、過度に人為的な変更(堆積物にパンチをする)などを加えることは、不必要な破壊行為であると考えます。非常に残念な気持ちになりました。今後は、ご一考いただければと思います。今後も記事を楽しみに拝見させていただきます。
24,2682016-11-20 21:44:08/rail/motokiyosumi/main9.html3
文章よりも洞内写真をもっと見たいです。
23,9982016-10-05 23:32:54/rail/motokiyosumi/main5.html5
これは森林鉄道ではなく、簡易索道ではなかったかと。@鴨川在住の山の中をよく知っている人曰く
24,1022016-10-22 15:40:49/rail/motokiyosumi/main7.html5
7はまだでしょうか、と7から書いてみる。
24,3122016-11-30 23:56:34/rail/motokiyosumi/main10.html5
GPSワープしてますなー
24,3132016-12-01 01:41:02/rail/motokiyosumi/main10.html5
全く別の事柄を調べていて偶然知ったのですが、昭和15年に発生した落雷による大手町火災で、当時の官公庁の幾つかが被害に遭っており(当時、大手町は官庁街だったらしいです)、その中に東京営林局が含まれていて全焼しているようです。
火災当時、既に廃止済だったと思われるこの林鉄の公的な資料がほとんど残っていないのは、この火災の影響もあるのではないでしょうか。
そもそもどれ程の書類の持ち出し避難が可能であったのか分かりませんが、廃止済となれば避難時の持ち出し優先順位も低そうですし。
24,4532016-12-21 20:04:48/rail/motokiyosumi/main13.html5
今後は潜水具を購入して、行動範囲を広げたらどうでしょう?
24,1632016-11-10 12:23:21/rail/motokiyosumi/main7.html6
ここでの試行錯誤の仮定は省略する。
ここでの試行錯誤の過程は省略する。
24,4582016-12-22 21:05:05/rail/motokiyosumi/main13.html6
ヨッキの顔を大写しにした画像が現れた所でFireFoxちゃんが固まったぞ
そろそろ眉や鼻に白い物が生えてくる年頃だろう
23,8232016-09-24 01:00:14/rail/motokiyosumi/main1.html7
なにやってんですか…w
23,9282016-10-02 23:22:43/rail/motokiyosumi/main4.html7
崩落している左の支流、地形図を見る限りその先がトンネルのような、きれいな尾根が見て取れますね
23,9632016-10-04 06:30:31/rail/motokiyosumi/main5.html7
ありますよ、日本最古のコンクリート電柱が函館に。しかもまだ現役。
のちに似たような形の電柱が近くにもう1本立てられたので、四角柱の電柱が2本ありますね。
函館は水道も電力も早いです。今の函館市電も戦前は、函館水電という電力会社が経営していました。その電柱を立てたのも函館水電。
23,9672016-10-04 13:35:17/rail/motokiyosumi/main5.html7
残念!!水没!!
24,1872016-11-13 17:17:24/rail/motokiyosumi/main8.html7
あっ!
早く!!
24,2262016-11-19 03:16:48/rail/motokiyosumi/main9.html7
机上調査期待
24,3512016-12-07 10:09:01/rail/motokiyosumi/main10.html7
廃レールを谷止めなどに浸かっていた可能性も

廃レールを谷止めなどに使っていた可能性も
24,3552016-12-07 17:34:37/rail/motokiyosumi/main10.html7
敷設された場所出でそのまま埋没しているわけでは

敷設された場所でそのまま埋没しているわけでは
24,9472017-02-16 10:10:26/rail/motokiyosumi/main15.html7
新しい朝が来た〜の写真良いです!
23,7962016-09-22 20:54:38/rail/motokiyosumi/main.html8
行け、よっきれん。
23,8332016-09-24 14:14:03/rail/motokiyosumi/main1.html8
アナ雪
23,8482016-09-25 17:35:59/rail/motokiyosumi/main1.html8
| 流石に板の配置は2枚重ねを基本とした、橋的表現ならカンチレバー方式(?)とでもいうもの

これ、プロの技、というよりも、梁の間隔と板の長さが異なるため、手前を梁にあわせれば、先端はカンチレバー風になる、というだけの話ではないでしょうか。

それにしてもこの板、何らかの方法で固定しているのでしょうか。写真からは、ボルトや針金のようなものはみえないのですが、まさか接着したということですか? 固定してなければ、風で飛んでしまいそうな気がするのですが、、、
23,8532016-09-26 04:42:55/rail/motokiyosumi/main2.html8
こんな狭くて切り立って曲がりくねった谷にどうやって線路を通したんだろうなあ・・・?
こういう地形ばかりなら、林鉄が流行らなかったのも道理でしょうか。
23,8842016-09-29 15:35:29/rail/motokiyosumi/main3.html8
ドキドキしますねえ。なるほど桟橋に線路を敷くとは…相当軽い車両でないと厳しいでしょう。となると人力ですかな。
23,9202016-10-02 13:57:32/rail/motokiyosumi/main4.html8
第4回
うーん、仮称・トロッコ谷にはトンネルはありませんでしたか。
ほかに地形図で見て500m級のトンネルがありそうな所となると、
ゴルフ場頓挫地下の谷の奥から稜線の下を潜って
郷台畑とかいう集落っぽい場所近くの谷に抜けるルートがぁゃιぃかなあ?

ところでスタート地点の片倉ダム湖には、
川廻しの水路トンネルがふたつと、
旧県道のトンネルがひとつ水没してるみたいですね。
県道のは低水位時にボートで通れて扁額も残っているようですが、
水路のほうは水面上に現れることは無いのでしょうか?
23,9242016-10-02 17:30:02/rail/motokiyosumi/main4.html8
辛いんです。読むのが。読むと終わってしまうじゃないですか〜 今回はそれくらい入れ込んでます(笑)
23,9482016-10-03 19:57:14/rail/motokiyosumi/main5.html8
あれあれぇ?
第四回のラストでは、第五回は起承転結の承の後半だと書いてたような・・・

あ 第四回 改変されてるぅ〜

転は? 転はどうなるn?!
23,9692016-10-04 14:48:54/rail/motokiyosumi/main5.html8
長いレポ。のはずなので、ここから期待してますよ。
23,9792016-10-04 20:44:58/rail/motokiyosumi/main5.html8
> そして、この表情である。(→)
おっさんや  おっさんがおるで
23,9902016-10-05 13:00:31/rail/motokiyosumi/main5.html8
おー、おつかれさまです。

24ページ中 1ページ目を表示(合計691件)    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 ... 24    [次のページ]  

この画面の説明