山さ行がねが 道路レポート <11>


【道 路レポート分布図】


1011
トップページ


国道229号雷電海岸旧道群

ビンノ岬東口 前//
弁慶トンネル旧道/
<道路レポ214>

執筆中。

2018.4.26探索
2019.10.15更新
北海道岩内町
平均点:
投票数:

国道229号雷電トンネル旧道
(ビンノ岬西口攻略)

導入/1/2/3/4/5/6/最終回/
机上調査編
<道路レポ213>

雷電岬。こんなに恐ろしげな地名は、一度聞いたら容易に忘れないと思う。日本に稀な漢語調地名はインパクトが強烈だ。字面も忘れがたいが、これほどの名前に負けない地形も凄いのだ。ここは険しい。そんなところに、私がいつか、北海道に上陸することがあれば、真っ先に行きたいと思っていた国道がある。 その名も雷電国道。

2018.4.25探索
2019.10.5完結
北海道岩内町
平均点:
投票数:

新潟県道246号西飛山能生線
飛山ダム区間

1/2/3/4/最終回/机上調査編
<道路レポ212>

新潟県道246号西飛山能生線は、糸魚川市内で完結する一般県道である。 この県道には現在、通年通行止めとなっている区間が存在する。西飛山地内で、平成12(2000)年から継続して、「落石の危険」を理由とした「終日全面通行止め」規制が行われているのだ。 私はこの期間の長さから“察し”た。
封鎖区間の先に眠る、“幻のダム”を見にイクゼ!

2019.6.26探索
2019.8.13完結
新潟県糸魚川市
平均点:
投票数:

愛知県道505号渋川鳳来線
八昇峠旧道(巣山坂)

1/2/3/最終回/机上調査編
<道路レポ211>

愛知県新城(しんしろ)市の巣山(すやま)地区は、三遠(三河と遠江)の国境をなす弓張山地のただ中にある山村だ。名作アニメ映画「もののけ姫」の森林シーンの環境音が録音された地だというエピソードが、その森閑なる環境を物語っている。この巣山へと至る八昇峠に旧道があったことを、地形図から偶然に発見した私は17:37 2019/08/22現地へ向かった。

2018.3.25探索
2019.6.20完結
愛知県新城市
平均点:
投票数:

北千葉道路の未成ランプウェイ

前編/中編/後編/机上調査編
<道路レポ210>

北千葉道路は、市川市と成田市を結び、外環道(東京外環自動車道)と東関東道(東関東自動車道)を連絡する、完成8車線の準高速道路的な道路として計画されている。昭和42(1967)年に大部分の都市計画が決定されてから既に半世紀を経ているが、いまはまだ壮大な未完成道路である。今回紹介するのは、小室ICにある未成ランプウェイとみられる構造物だ。

2015.1.5探索
2019.2.19完結
千葉県船橋市
平均点:
投票数:

国道353号
清津峡トンネル旧道

1/2/3/4/最終回机上調査編
<道路レポ209>

2018年11月中旬、とても興味深い情報提供メールを頂いた。最初は、ふむ。これを機にそろそろ探索しても良いかな……と思ったくらいにして、まだ幾分ゆったりと構えていたのだが、読み進めると、このメールにはまだ続きがあって、その内容に大いに昂ぶらされた。

2018.11.30探索
2019.4.26完結
新潟県十日町市
平均点:
投票数:

富山県道72号 坪野小矢部線
石動狭区

前編/中編/後編
<道路レポ208>

富山県道72号 坪野小矢部線。 この道の秘めたる変態的要素は、まだ道路マニアにはあまり知られていないようだが、現地で目にした風景に、私は何度も笑顔を零すことになるのだった。終点の近くに架かる小矢部橋を大縮尺の地図で見ると、とてもおかしい線形を描いていることに気付くだろう…。

2018.11.13探索
2018.11.25完結
富山県小矢部市
平均点:
投票数:

国道229号
須築トンネル旧道

1/2/3/4/最終回
<道路レポ207>

陸の孤島。
少しばかり使い古された表現だが、それでも私はこの言葉だ大好きだ。耳にするともれなく、テンションが上がる。そして同時に、「いかほどのものか、名前負けではないか」を、自分の目と足で確かめてみたいという衝動に駆られる。
須築(すっき)。好きとか嫌いの話じゃなくて、「スッキ」という集落の名前。ここは筋金入りの陸の孤島であった。当時の道を紹介する。

2018.4.27探索
2018.10.20完結
北海道せたな町
平均点:
投票数:

宮城県道263号泉ケ丘熊ケ根線
根白石不通区

前編/中編/後編
<道路レポ206>

宮城県道263号泉ケ丘熊ケ根線は、仙台市泉区泉ケ丘と青葉区熊ケ根を結ぶ、全長約27kmの一般県道だ。路線の東側半分と西側半分では、路線風景が驚くほどに違っている。 東側は仙台市の巨大ニュータウンエリアである泉パークタウンの中心的な街路であり、ハイソな4車線道路として完成しているのだが、西側は奥羽山脈の山中を縫うように仙台市民の水瓶であるダム群を結ぶ険しい山岳道路となっている。そして、この1本の県道にある東西の風景は、平成30年現在も繋がっていない。

2012.5.15探索
2018.9.24完結
宮城県仙台市泉区
平均点:
投票数:

国道256号
飯田市上村の地形図に
描かれていない区間

///最終回/机上調査編
<道路レポ205>

国道256号は、岐阜県岐阜市を起点に、長野県飯田市に至る、実延長約221kmの一般国道であるが、飯田市内にある小川路峠は現在も自動車が通れない。その一部区間が今回のテーマだ。地形図や各種市販の道路地図によって様々な描かれ方をしている国道の真実を探る! そして私は、地図にない“幻の国道”を発見した!!

2011.4.21探索
2018.8.28完結
長野県飯田市
平均点:
投票数:

層雲峡万景壁の廃道群

//
<道路レポ204>

今回のレポートは、ちょっと変わり種。由来は異なるが近接している4つの廃道を紹介しよう。国道39号の上川〜石北峠間の来歴を辿ると、初めは上川から清川へむけて切り開かれた素朴な開拓用道路だった。それが層雲峡温泉や層雲峡を観るための観光道路として延伸され、さらに豊富な森林資源を開発する林道としての延伸があって、最後は道央と道東を結ぶ幹線道路として石北峠越えの延伸が果たされた。このようなダイナミックな変遷の影に埋もれた、4本のミニ廃道を紹介する。

2018.5.24探索
2018.8.8完結
北海道上川町
平均点:
投票数:

北海道道740号 北檜山大成線
太田トンネル未成遺構

1/2/3/4/5/最終回
<道路レポ203>

北海道道740号北檜山大成線は、道南部の渡島(おしま)半島にある久遠(くどう)郡せたな町内を走る、全長約34kmの一般道道である。太田トンネルの完成によって本路線が全通を果たしたのは、平成25(2013)年というかなり最近の出来事である。それまでは永い間“不通道道”であった。 そして、この数年前まで不通であった区間内に、思わず私が探索し報告したくなるような道が見つかった。

2018.4.27探索
2018.5.16完結
北海道せたな町
平均点:
投票数:

青ヶ島大千代港攻略作戦

導入/1/2/3/4/5/6/7/
8/9/最終回/解説編
<道路レポ202>

私が青ヶ島で一番行きたかった場所、大千代港。これはその挑戦の記録。しかし、最新の地理院地図に堂々と「地方港」の記号で描かれている港に、なぜ私が行きたいのか。愚問。もちろんそれは、廃道があるからだ。私の探索の腕を試し、同時に好奇心を最大に満たす、厳しい廃道探索の舞台があると確信したからである。しかも、事前に少しだけ歴史を知っただけで、その凄絶過ぎるストーリーに惚れ込んでしまった。青ヶ島という、廃道趣味者にとっては聖地的な凄みを持つ小世界の中においても、大千代港こそが最強の存在だと思っている。

2016.3.5探索
2018.4.6完結
東京都青ヶ島村
平均点:
投票数:

滋賀県道130号 岩室神線

前 編/中 編/後 編
<道路レポ201>

このレポートは、一人のオブローダーが神へと至る道を示すものである。

2016.10.15探索
2017.11.28完結
滋賀県甲賀市
平均点:
投票数:


【道 路レポート分布図】


1011
トップページ


レポ
目次
道路 廃線 隧道 橋梁 ミニ
レポ
変 な
もの
掲示板 トッ プ
ページ