この掲示板への書き込みは、管理人の承認後に公開される設定です。
問題のない書き込みは通常48時間以内に反映いたしますが、管理人の都合によりこれ以上遅れる場合があります。
また、次のような書き込みは公開しない場合があります。
 【作者が独り占めしたいオイシイ情報】【誹謗中傷やプライバシーに迄Iに関わるもの】
なお非承認の際の連絡はしておりませんのでご了承ください。


山行が 掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[もどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 当掲示板に投稿された画像は、当サイト内の他のコンテンツに転載される場合があります。希望しない場合はその旨をご連絡ください。
  • 当掲示板のワード検索には不具合があり、正常に作動しない場合があります。
  • 24時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 当ホームページに無関係な商用書き込み、在宅ビジネス、ネズミ講やマルチ商法の勧誘などの書き込みはご遠慮願います。

  •   [No.4951] Re: 日原の大崩現場 投稿者:与助   《URL》   投稿日:2010/05/30(Sun) 01:21:40  

    高校講座HOMEからライブラリーに入ると動画を見ることができますよ。理科総合のB-14です。

    動画4分50秒の地点は第三次 日原古道探索 江戸道 第1回 の最初の写真のところから撮影してるみたいですね。

    川原へは降りられないので少し下流の地点、だそうです。


      [No.4950] Re: 日原の大崩現場 投稿者:yut   投稿日:2010/05/30(Sun) 00:56:25  

    NHKのサイトで無料で見ることができました。
    再放送のようです。2学期のところです。

    高校講座HOME >> ライブラリーTOP >> 理科総合A・B >> 第28回 地形は語る


      [No.4948] 洞くつ崩れ死亡事故発生 投稿者:アンパンマン   投稿日:2010/05/29(Sat) 23:33:26  

    5月29日富山県小矢部市で洞くつが崩れ調査中の人が亡くなられています。廃道にもこのような危険性と隣り合わせですのでこの掲示板をご覧の皆様は特に事故の無いようにしましょう。亡くなられた方のご冥福お祈りします。


      [No.4947] Re: 日原の大崩現場 投稿者:普通萩山行   投稿日:2010/05/29(Sat) 20:20:09  

    > 今朝方、某N○Kの教育テレビの高校地学か何かで、多摩川を例に挙げて川による侵食とか地形の成り立ちみたいなことを放映してたんですが、そこで、V字谷の典型、ということで、紹介されていたのが、ヨッキさんが数回にわたってレポートしてくださった日原の大崩の、まさにその現場でした。
    > 旧道の導入部分、廃トンネルの入り口、そしてあの大崩、そして対岸が作り出す見事な「V字」の風景を、あの谷底の川原から映してました。
    なんと、つまり天下の教育テレビがそんな場所に立ち入って撮影したというわけですね。
    比較的安全な(←あくまでも"比較的"でしょうけど)進入ルートがあるのでしょうか。
    あるとしても、どの程度の人にとっての"比較的安全"か気になります。
    ハイキングに慣れた人、物好きな上級登山者、岩に慣れた人、道なき道に慣れた人、など。


      [No.4949] 国道19号の廃橋(ネタとして) 投稿者:研究所員D   投稿日:2010/05/29(Sat) 18:26:43  
    国道19号の廃橋(ネタとして) (画像サイズ: 640×480 72kB)

    今日は木曽路の奈良井宿から薮原宿の間にある『鳥居峠』を走りに行きましたが、その帰りに見付けました。
    昭和8年とかありましたが。
    場所は長野県木曽郡木祖村の松原辺り。
    19号線が木曽川を渡ったり戻ったりしてるとこです。
    (旧道が対岸に見えます。)
    一応『立ち入り禁止』です。
    自分は自重しました。


      [No.4946] 再訪しました。 投稿者:研究所員D   投稿日:2010/05/29(Sat) 18:07:57  
    再訪しました。 (画像サイズ: 640×480 75kB)

    路傍の石様>今もバスはこの橋を渡って運行されている様子です。因みに橋の名前は『きたがいとばし』でした。


      [No.4945] Re: 林鉄の木橋 投稿者:サトシコフ   投稿日:2010/05/28(Fri) 16:02:57  

    多分同じものを見ました。
    「え?丸太かよ!」て思いました。
    いかに林鉄跡をたぐるのが難しいかがわかった気がします。


      [No.4944] 責任と言う言葉は威圧と萎縮のために 投稿者:さとう   《URL》   投稿日:2010/05/28(Fri) 12:12:17  

     歴史上、世界中で多くの冒険家探検家たちはもっと危険な冒険譚・探検記を著していて、そういうのに影響を受けて(あこがれて)次世代、あるいは後世の人々が冒険・探検に乗り出すと言うことを繰り返しているのだけど、そういうことに「責任を問う」というのはどうなんだろうと思います。そういう外野の声は常にあるとおもうのだけど(特に日本では)、そういうことがいろんな場面で人間を萎縮させ、TVとカラオケだけを糧に生きる人達を作っているとさえ感じます。

     ヘロドトスの「歴史」を読んでアジア歴訪のたびにでて事故にあったらヘロドトスを批判しますか?植村直己の著作を読んで高山を目指して自己があったら植村直己の責任を問うのですか? なにかあったら誰かに責任をあげつらう社会ってのは、すごくツマラン気がしますよ。

     「何もしないこと」が唯一責任を取らないですむ手段ですからね。
    > 初めて投稿させていただきます。
    > ヨッキれん様、その他多くの読者様、よろしくお願いいたします。
    > スレ主さんの趣旨とは異なってしまいますが、自己責任というものは、あくまで生還して初めて取れるものと理解しています。いくら自己責任を叫んでも本人がいなければ取りようが無いと思います。
    > 何より本人の家族や、周りの人に責任が及びます。
    > このサイトの全てを閲覧したわけではないですが、無理をしても引くべきところは引いているような感覚が私には感じられます。これはヨッキれん様の才能だと思います。他の人がもし同じ事をしたとすると事故が起こる可能性も拭いきれません。事故が起きた場合にこのサイトのことが出ないとも限りません。その場合間違いなくヨッキれんさんの責任問題も出てくるでしょう。ヨッキれんさんはその覚悟は出来ているとおもいます。これが自己責任という言葉で表しているのでしょう。逆に読者側の自己責任は、真似をしても事故が起こらないようにするということではないでしょうか?理想論でもうしわけありません。
    > ヨッキれん様及び読者様稚拙な文章で読みにくいかと思いますが、各自ご自愛して、探索に励んでください。


      [No.4943] 林鉄の木橋 投稿者:えふまる   投稿日:2010/05/28(Fri) 09:35:48  

    先日深夜のNHKで放送されていた昭和のSL映像館。
    これの2(第二シリーズ?)にて、同じNHKの昭和38年ごろの短編映画「木曽」から
    木曽森林鉄道?の走行シーンが数十秒あります。
    この中で、S字になった木橋と思しきところを機関車の運転台から撮影したところなど、
    なかなかに面白い映像がありました。
    他にも足尾線の神戸駅周辺とか。

    このシリーズ、今は廃となっているところの在りし日の片鱗がみえるかもしれず、さらなる続編に期待です。

    ところで、上記短編映画どっかで観るとか購入するとかできるといいのですが。


      [No.4942] 日原の大崩現場 投稿者:Nuk   投稿日:2010/05/27(Thu) 07:46:08  

    今朝方、某N○Kの教育テレビの高校地学か何かで、多摩川を例に挙げて川による侵食とか地形の成り立ちみたいなことを放映してたんですが、そこで、V字谷の典型、ということで、紹介されていたのが、ヨッキさんが数回にわたってレポートしてくださった日原の大崩の、まさにその現場でした。
    旧道の導入部分、廃トンネルの入り口、そしてあの大崩、そして対岸が作り出す見事な「V字」の風景を、あの谷底の川原から映してました。
    時間が時間だったので(午前2時過ぎ)、このサイトのファンである知人にも連絡することが出来ず、モヤモヤしてしまいました。
    どなたかごらんになった方はいらっしゃいますかねえ?
    以上、くだらない話題で申し訳ありませんでした。


      [No.4941] 職場の窓から 投稿者:研究所員D   投稿日:2010/05/26(Wed) 19:04:58  
    職場の窓から (画像サイズ: 640×480 66kB)

    昨日から一日一本の試運転だそうです。
    自分、鉄オタじゃないんですけど素直に『カッコイイ』とおもいました。


      [No.4940] 八久和レポート拝見しました。 投稿者:風玉   投稿日:2010/05/26(Wed) 01:03:31  
    八久和レポート拝見しました。 (画像サイズ: 426×320 61kB)
    撮影データ ( Exif情報表示)
    撮影カメラPENTAX Optio W10
    焦点距離6mm
    測光方式分割評価測光
    ISO感度64
    シャッタースピード1/80秒
    絞りf6.6

    はじめまして。渓流釣りをするものです。八久和の紅葉橋からのレポート拝見しました。今はあさひ湖ができて紅葉橋あたりの下も6月まではいい釣り場になっているようです。廃道を超えたダム直下もいい釣り場ですよ。ただしザイルないと厳しいです。

    ダム湖は浚渫工事で濁っていたようですが、昨年GWにその工事現場上の湖畔から撮った写真貼り付けます。誰もいない八久和ダムはきれいです。岩魚釣り場はここから1日は上流に歩かないといいところはありません。まあダムのあの細長いインレットでも釣れることは釣れますが・・・かなり歩きがあるので、大井沢の方から山超で入渓する人が多いですね。釣果は意外に場が荒れており完全に名前負けですが、まあ朝日連峰の中でも秘境中の秘境ですね。以前新潟に居たころは、行けたんですが、今住んでいるところからは約400k先です。また行く機会がありましたらレポートしてください。長文失礼しました。


      [No.4939] 塩那道路 道路情報幕について 投稿者:アンパンマン   投稿日:2010/05/24(Mon) 23:52:56  

    おわり表示は鉄道、バス、可動式道路標識などに結構使用されています。エラー発生時や点検で手動で巻き取りした時、おわり表示で巻き取り限界となります。それ以上巻き取ると幕を留めてるストッパーが外れます。それを防止するため注意するよう赤字で書いてます。塩那道路の道路情報におわり表示は使命を終えたようで面白いと思います。オブローダーはおわりがはじめとなる訳ですね。


      [No.4938] 直列神社は6社です 投稿者:こなつ   投稿日:2010/05/24(Mon) 22:13:50  

    あのあたりの直列神社は、1キロ強で少なくとも6つですね。
    1/25000地形図の鳥居の行列にたまげたことがあります。
    Google Mapにいよれば、海側から浅間神社・藤平神社・
    神明神社・若宮八幡・諏訪神社・白畠神社です
    (「里宮」の方が藤平になっているようです)。
    社名から見る限り御祭神は何かバラバラな感じですね。

    新舞子海岸で休暇を過ごすことが多いのですが、
    現状は確認したことはなく、直列に意味があるのか
    土地の方に尋ねたこともありません。
    このあたりは、明治の神社整理の影響が少なかったのか、
    数戸の集落にもちゃんと神社が残っていたりします。
    たぶん界隈で一番大きいのは鶴峯八幡宮なので、
    宮司さんに会ったら、いわくを聞いてみます。


      [No.4937] Re: 東京都専用線 投稿者:こう太   投稿日:2010/05/24(Mon) 19:25:07  

    > いま図書館から借りて手許にある「小河内ダム図面集」を見てみますね。
    > ちょっと待ってください。(予想では、骨材ベルトコンベアーのL型通路かなと思っています)

    昨日見てきました。大きさ的には水根線のトンネルと同じくらいですね。旧水根駅正面に位置するのも気になりますね。
    ヨッキれんさん、図面集で何かわかりましたでしょうか?


      [No.4936] Re: しかし、しかし、しかし 投稿者:√20   投稿日:2010/05/24(Mon) 11:00:48  

    > ひょっとしたら、これ以上オブ業界や廃ブームが大きくなることはないかもしれませんし。幸か不幸か。

    最近、ちょいと廃ブームじゃあありません??
    ひたひたとやってきてるようなきがするんですけど。

    テレビ朝日系列の「タモリ倶楽部」。先日、秘境駅探検家の牛山氏がVTRで登場ましたよね。秘境駅にスポットを当てられて、ではありませんが。あのノリで、ヨッキれんも出たりすれば、全国区。以前、NHKに出たときの映像とかまた流れたりして。。。


      [No.4935] Re: しかし、しかし、しかし 投稿者:明治   投稿日:2010/05/23(Sun) 15:48:58  

    >心配性さん
    ありがとうございます。
    実は過去に山奥で廃村探索をした際、猟師に出会ったことがありました。
    気をつけます。


    >ヨッキさん(ほか皆様にも一応)
    私は、廃道、廃線、廃墟、廃坑、その他産業遺構etc.をひっくるめた“オブ業界”が、
    最近の暴走する「撮り鉄」のような形で、いつか世間の注目を集めてしまうことをとても懸念します。
    今のところオブ業界がああいう騒ぎになっていないのは、大きな事故が起きていないのと、
    まだ業界規模が小さいままに留まっているからだと思います。
    しかし、まだ伸びしろの多いオブ業界が、今のままでいられるかどうか。。。
    業界規模がこれからどんどん拡大し、「撮り鉄」のような騒ぎが起こる前に(=業界規模がある程度小さいうちに)、
    探索倫理や、物件の管理者側のオブ業界への認識や、ヒヤリハット事例を自発的に確認し合うのも一興ではないかと思いました。

    ……とまぁ、私の脳内で軽〜く「そんな機会があったらいいな」くらいに考えたことですので、
    「ご検討よろしくお願いします(笑)」とは書きましたが、あまりお気になさらないようお願いします(^^;
    ひょっとしたら、これ以上オブ業界や廃ブームが大きくなることはないかもしれませんし。幸か不幸か。


      [No.4933] 尾盛の小学校跡? 投稿者:のら猫   《URL》   投稿日:2010/05/23(Sun) 06:52:03  

    自分の手元には資料が無かったので、友人知人に聞いてみました
    その結果、

    1.5万分の1地形図「井川」(昭和11)では、長島地籍(接岨峡温泉駅付近か?)から尾盛へ向かう点線道はあるが、尾盛周辺に集落は全く無い

    2.「全国学校総覧」昭和35年版の静岡県本川根町を見ても該当する学校は掲載が無い

    との回答がありました
    戦中あるいは終戦直後から昭和30年代前半の間に林業集落などが存在した可能性は考えられるとのコメントも頂戴しています
    もし追加の調査予定がありましたら、参考になればと思い投稿いたします


      [No.4932] Re: 自己責任という言葉。 投稿者:=無責任   投稿日:2010/05/22(Sat) 02:50:39  

    えもさんへ

    > 無責任氏の仰る
    > 「死ぬ気以上」とはどのような事を指しているのでしょうか?
    > それがどういう事なのかお教え願います。
    > また、引用文でなくご自身の言葉での噛み砕いた説明でお願いします。

    文章を読んだ流れでご理解いただけなかったでしょうか? 稚拙な文章ですみませんでした。
    死ぬ気以上で言え、とは、自分が死ぬのみならず、自分以外の人々に迷惑がかかる
    かもしれないことまで想定したうえで言え、という意味です。引用ではありません。

    もしや、えもさんは、私やりかっちさんがヨッキれんさんを責めているとお思いではありませんか?
    (違っていたらすみません)
    私はそういう意図は全くなく、自己責任という言葉を無責任に使用する昨今の不特定多数の
    人々に物申したかっただけです。

    そもそも私は、カキコミやメールなどテキストで議論しても意思疎通は20%程度しかできないと
    考えている人間ですので、そろそろ消えます。
    じゃあお前はなぜカキコミしたんだって? それは最近いくら山いがを覗いても
    尾盛駅への道シリーズの続編が出ず、暇を持て余して当掲示板を覗いてしまったからです…。
    いや、このスレがここまで伸びてるのはもしや同パターンの方が多いという表れですか?(笑)


      [No.4931] Re: 自己責任という言葉。 投稿者:えも   投稿日:2010/05/21(Fri) 22:23:42  

    =無責任氏の仰る
    「死ぬ気以上」とはどのような事を指しているのでしょうか?
    それがどういう事なのかお教え願います。
    また、引用文でなくご自身の言葉での噛み砕いた説明でお願いします。

    私見で申し訳ありませんが
    この議論の終点は
    自己責任=落とし前の付け方を知らない人の圧力で
    サイト閉鎖又は既出レポート物件での事故全ての責任を管理人氏に求めているように感じられます。

    ファジーの美
    自分の力量を自分で量る

    そういった近代(現代に対しての近代)的な感覚を
    現代の訴訟社会に
    無理に当てはめて決め付ける事に
    どんな価値があるのでしょう?

    仮に
    「絶対真似しないでください」と書いても
    真似したい人は真似するだろうし
    絶対否定をされると
    面白半分の人にも火を付けてしまうのではないでしょうか?

    「自己責任」は
    煽るわけでもなく
    静かに注意喚起をする
    落としどころだと思います。

    そうやって突き詰めて
    探索と紹介を否定したら
    発掘等の紀行番組や
    城跡発掘の学術調査に一般のボランティアを入れることも
    危険誘発行為になるでしょうし
    絶景世界遺産や
    F1中継すら

    「危険なものを人々に広く知らしめて無責任だ」
    という事になりやしませんか?


    つつくだけなら簡単です
    対処法まで考えてこそ
    否定意見を述べられる意味であり、また、その意見に対して責任を取るという事なのではないでしょうか?


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373 | 374 | 375 | 376 | 377 | 378 | 379 | 380 | 381 | 382 | 383 | 384 | 385 | 386 | 387 | 388 | 389 | 390 | 391 | 392 | 393 | 394 | 395 | 396 | 397 | 398 | 399 | 400 | 401 | 402 | 403 | 404 | 405 | 406 | 407 | 408 | 409 | 410 | 411 | 412 | 413 | 414 | 415 | 416 | 417 | 418 | 419 | 420 | 421 | 422 | 423 | 424 | 425 | 426 | 427 | 428 | 429 | 430 | 431 | 432 | 433 | 434 | 435 | 436 | 437 | 438 | 439 | 440 | 441 | 442 | 443 | 444 | 445 | 446 | 447 | 448 | 449 | 450 | 451 | 452 | 453 | 454 | 455 | 456 | 457 | 458 | 459 | 460 | 461 | 462 | 463 | 464 | 465 | 466 | 467 | 468 | 469 | 470 | 471 | 472 | 473 | 474 | 475 | 476 | 477 | 478 | 479 | 480 | 481 | 482 | 483 | 484 | 485 | 486 | 487 | 488 | 489 | 490 | 491 | 492 | 493 | 494 | 495 | 496 | 497 | 498 | 499 | 500 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 削除キー

    - Web Forum Antispam Version -