この掲示板への書き込みは、管理人の承認後に公開される設定です。
問題のない書き込みは通常48時間以内に反映いたしますが、管理人の都合によりこれ以上遅れる場合があります。
また、次のような書き込みは公開しない場合があります。
 【作者が独り占めしたいオイシイ情報】【誹謗中傷やプライバシーに迄Iに関わるもの】
なお非承認の際の連絡はしておりませんのでご了承ください。


山行が 掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[もどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 当掲示板に投稿された画像は、当サイト内の他のコンテンツに転載される場合があります。希望しない場合はその旨をご連絡ください。
  • 当掲示板のワード検索には不具合があり、正常に作動しない場合があります。
  • 24時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 当ホームページに無関係な商用書き込み、在宅ビジネス、ネズミ講やマルチ商法の勧誘などの書き込みはご遠慮願います。

  •   [No.2451] Re: 楯岩展望台 投稿者:藻やし   投稿日:2008/09/08(Mon) 23:07:14  

    ということは、あの道も整備されるのですか…。

    それならば岩の裂け目も穴あき隧道も、多くの人の目に触れるのですかね?鬼怒川の新たな観光地になってしまうかも・・・。


      [No.2450] マジカルアイ 投稿者:らっく   投稿日:2008/09/08(Mon) 21:14:32  

    agent KOUNO
    の、『立体視はできません』の画像ですが、

    立体視できますよ!!!

    http://yamaiga.the-orj.org/hen/155_3.jpg


      [No.2449] 変なものNo159について 投稿者:OTO−3   投稿日:2008/09/08(Mon) 12:47:47  

    いつも楽しく拝見しています
    ほぼ100%ROMですが貴殿の活躍には敬服しております
    昔、一度 「OTO−3」のハンドルで書き込みとメールさせて頂いたものです

    さて、今回「変なもの159」について半可通ながら一言・・・

    ご指摘のレールについてはこの後の橋梁架設工事に使用するものです

    軌条を引きましてからガーダー(架設桁というPC桁を架設するときに使う仮設材)
    を軌条の上に並べます
    架設桁は運搬や作業上の関係で1ブロックあたり数メートルに分割されていますので
    トラック等で現場に搬入してからクレーン等で軌条に並べ接合して1本の桁にします
    この時には架設桁本体の前に「手延べ桁」という設置して支間長をかせぎます
    その後、軌条上をワイヤーとウインチを使い橋脚に架設桁本体が届くまで引き出します

    今回は現場写真から判断しますと桁橋だと思われますので架設桁到達後、今度はPC桁本体の接合と桁引出にも軌条を使用します
    近年、桁橋は品質面から工場製作桁使用して、やはり運搬上の都合で分割して現地へ搬入してから接合して1本の桁にします
    現場で桁を作る場合も軌条は必要ですがね
    桁を接合する場合は接合台車というトロッコのなりそこないみたいな上に桁を置きます
    桁を接合し主ケーブルを配置、緊張、後埋め処理等してから先程の軌条を使い架設桁へ引き出します
    現場条件や機材内容により架設桁自身が鋼製支柱によりPC桁より高い位置に設置して桁を鋼棒等で吊して架設する方法(下路式)や架設桁とPC桁がほぼ同じ高さでPC桁を架設桁の上を走らせて架設する方法(上路式)等いろいろありますが現状ではその機材が見あたらないのでわかりませんがこの後機会があれば再訪されては如何でしょうか


      [No.2448] No.159 謎の鉄道を発見! 投稿者:一ファン   投稿日:2008/09/08(Mon) 09:46:15  

    踏み切りの様なところで資材や残土などをトラックから(へ)積み替えるためのもの、の様にも見えますね。

    もう少ししっかりしたものだと、橋桁を押し出すためのもの、かもとも思えますが…


      [No.2447] 謎の鉄道を発見! のレール 投稿者:現場カントク   投稿日:2008/09/07(Sun) 20:49:36  

    橋梁架設工事に伴う桁送りヤードです。
    この現場は「手延式送り出し工法」といい、すでに設置された橋脚に向かって、橋台側から手延機という鋼鉄のアームを先に付けた桁をレールに乗せ、徐々に送り出していき、橋台に設置します。
    次のスパンは設置した桁の上にレールを設置し、これを繰り返すことで全ての桁を設置します。
    川幅が広い場合や、深い谷をまたぐ場合でクレーン車が横付けできない場合によく用いられます。


      [No.2446] 東京ー秋田無料バス運行 投稿者:嶋田屋   投稿日:2008/09/07(Sun) 19:51:54  

    私の故郷横手市の観光活性化なるよう無料バスを運行しております。秋田県内国道13号線ではすきなところで下車、帰路は乗車できます。道の駅十文字では無料で自転車借りられます。お暇の取れる方いかがですか。詳しくは足立よみうり新聞で検索してください。


      [No.2445] Re: 杉山田暗渠支保工 投稿者:ヨッキれん   投稿日:2008/09/07(Sun) 09:38:41  

    現場カントクさん、つきのわぐまさん。

    これは一本とられました。
    専門的な目で見ると、そう言う素性が見えてきてしまうわけですか…。
    深い… 深すぎる! (私の知識が浅すぎるだけか…)

    うむぅ。残念ながら、当時のものではないのでしょうね。
    となると、車道として利用を開始した段階(おそらく昭和40〜50年代)に補強用として新設した可能性が高そうですね。

    とても勉強になりました。ありがとうございます!


      [No.2444] Re: 杉山田暗渠支保工 投稿者:つきのわぐま   投稿日:2008/09/07(Sun) 08:56:27  

    確かに、この暗渠と支保工はどこか不自然な感じがしますね。暗渠の構造が現代チックなのも引っ掛かります。昭和初期は全国各地にローカル線が敷設された時期でもありますが、この手のタイプの暗渠は見たことがありません。昭和初期敷設のローカル線で見られる暗渠の構造はもっと古臭いです。出来れば、地元住民の声だけでなく、役場や地元名士の家に残っているであろう当時の資料や、(ご存命かどうかわかりませんが)工事関係者の声も拾って欲しいものです。今回のレポは暗渠や支保工の素性が曖昧なので、申し訳ありませんが無投票とさせて頂きました。


      [No.2439] Re: フフ… 9点台はもらったな。 投稿者:かめ   投稿日:2008/09/06(Sat) 22:22:31  

    どうも枝葉末節まで真面目にお読みになる方が多くなっているようで・・・
    真面目なのは悪いことではないのですが、未知の栄養素である「ユーモア」をもう少し摂取なさると
    ココの見方が変わると思いますよ。
    (ただ最近は「その場のノリ」という謎の成分が含まれるようになって少しクセが強くなっているようです)

    恐らくこれは「たぶん高得点は取れないよなぁ」という作者様の心の表れでしょう。
    だいたいにおいてレポの最初に高得点宣言をしている訳ですからね。


      [No.2440] Re: フフ… 9点台はもらったな。 投稿者:くまやん   投稿日:2008/09/06(Sat) 20:28:43  

    私は9点つけますね。
    ここまで美しく残っているものは見たことありません。
    道なき道を行くのが醍醐味かもしれませんが、私はこのような
    さらっとしたレポも良いかと思います。
    点数つけるのは読者かもしれませんが、作者も自信があっての
    コメントかと思います。

    私はレベルが低下しているとは全く感じません。


      [No.2441] 杉山田暗渠支保工 投稿者:現場カントク   投稿日:2008/09/06(Sat) 16:12:13  

    木製支保工ですが、おそらく建設当時のものではないと思われます。
    この箇所は盛土区間であることから、暗渠を構築する際は地山をくり抜くのではなく、すでに出来ている構造物を埋め戻しながら築堤していくことになります。よって、暗渠構造物はU字型枠を2重にしてそこにコンクリートを流し込んで製作し、それをひっくり返して設置した(現在のボックスカルバートも同様)と考えるのが適当かと考えます。
    仮に、支保工を用いた矢板工法であれば暗渠の内壁に型枠の痕がありますが、写真にもそれが見られません。(この時代にスライドセントルがあったかは定かではありませんが・・・)また、この形の支保工では円形断面は打設出来ません。
    では、支保工の正体はというと、もともと湿地帯であったとのことなので、後世の盛土の不当沈下による構造物への影響低減対策と思われます。


      [No.2442] Re: 絵葉書・石部隧道焼津側 投稿者:Ken138(KHA)   投稿日:2008/09/06(Sat) 16:01:29  

    あ、すみません。HNを昔の物と間違えて投稿してしまいました。


      [No.2443] Re: 絵葉書・石部隧道焼津側 投稿者:KHA   投稿日:2008/09/06(Sat) 15:54:46  

    >たかはし様
    貴重な写真をご紹介頂きありがとうございました。
    この写真なら、この場所が「航空母艦」と呼ばれていた所以が改めて良く分かります。。。

    >ヨッキれん様
    この場を借りて報告なのですが、
    「大崩海岸の謎の穴」最終回に掲載頂きました、私の父の体験談の中にある、
    "その後、旧150号線に大規模な崩落があった際に、一時的にその壁の一部が撤去され、人や車の往来が出来る様になった事はある。"
    この部分の詳細が分かりました。

    昭和30年ごろ、道路レポ「静岡県道416号 静岡焼津線」の2にあります、「ギコギコしたロックシェッド」(http://yamaiga.com/road/ookuzure/ookuzure_28.jpg)のすぐ手前で、道が崖ごと丸々全部崩れ落ちてしまい、通行が出来なくなったんだそうです。。。
    その後国道は暫くの間、それまで封鎖されていた磯浜・石部隧道をバイパスとして利用した後、崩落した場所に「桟道橋」を設けて、復旧したそうです。

    普通に通過する分には、道が崖に沿ってちゃんとあるようにしか見えないんですが、実はあの場所に、「道路の下の路盤が全く無くなってる空中回廊」があるんですわ。。。
    桟道橋の部分には「唐沢桟道橋」という白看があり、銘板などもちゃんと存在するのですが、ヨッキさん、探索した際にお気づきになりましたか?
    世の中には「知らない方が却って幸せな事がある」という事を、現地を調べて思い知らされましたよ…。。。


      [No.2438] フフ… 9点台はもらったな。 投稿者:kusaimame   投稿日:2008/09/06(Sat) 11:32:01  

    9/6・11時現在
    8.42点です。

    ご多忙で、出版関係など生活は好調のご様子で何よりですが、
    ここのレポのレベルは自らの思われる完成レベルと読者の評価とに
    乖離が生じている様に思います。

    飲食店と同じで、忙しくなるとレベルが低下しますね。
    何とか踏ん張って、初心に戻って頂きたいものです


      [No.2437] Re: R158 投稿者:ヨッキれん   投稿日:2008/09/06(Sat) 10:10:46  

    国道158号関連の旧道は「神岡」の探索時に合わせて探索済です。
    今後、レポートを公開したいと思っております。
    情報のご提供ありがとうございました。


      [No.2435] Re: 「探検倶楽部AGAIN」が… 投稿者:Mokichi   投稿日:2008/09/06(Sat) 10:00:30  

    私もamazonに頼んでありましたが,キャンセルの連絡が来ました。
    仕方なく,7andiで近くのセブンイレブンに配達して貰うようにしましたが,こっちではちゃんと入手できそうです。


      [No.2436] R158 投稿者:HRHS   投稿日:2008/09/06(Sat) 01:27:48  

    はじめまして、いつも楽しく拝見させてもらってます。

    先日ツーリングに行った時、ふと目撃したのですが、
    松本から上高地方面に向かう国道で、
    ダムの辺りに、隧道群があるのですが、
    その何箇所かで、隧道脇に旧道跡が見えました。
    もちろん旧道跡は草ぼうぼうでした。

    有名な観光道だから、もうオブローダーの間ではよく知られたポイントなのでしょうか?
    もしまだあまり知られていないのでしたら、
    眼下にダムを見下ろす急斜面の旧道跡ということで、
    スリリングさでインパクト大だと思います。

    では、お体には気をつけて、これからの更なる飛躍を祈念いたします。


      [No.2434] Re: 絵葉書・石部隧道焼津側 投稿者:たかはし   《URL》   投稿日:2008/09/03(Wed) 22:38:08  

    東京都民様、ご覧になれてよかったです。

    実はTAKAの撮り撮り日記様のページの
    石部隧道用宗側の機関車画像と同型の物が
    焼津側にもあるんです。

    「古写真にみる日本の鉄道」
    (三宅俊彦著、新人物往来社、
    雑誌69650-97
    ISBN978-4-404-03397-0
    C9465 \2400)

    こちらの48ページ目に
    おそらく完成直後か、大正年間と思われる絵葉書画像があります。
    護岸の上にバラスト軌道がそのまま載っており
    まだ波除の防護壁が出ておらず
    そこに傾いた電柱がありました。

    ご興味のある方は書店にて確認ください。


      [No.2432] 「探検倶楽部AGAIN」が… 投稿者:きんきん   投稿日:2008/09/03(Wed) 16:05:31  

    いつも楽しみに見させていただいております。
    このサイトで紹介のあった山と渓谷増刊「探検倶楽部AGAIN」を
    7月中にAmazonにて発注したのですが…。
    発送予定日の何度かの延期の後、さきほどメールが来まして、
    「以下の商品については入手できないことが判明いたしました」
    とのこと。
    ま、Amazonではよくあることなので、今さら文句は言いませんが、
    とにかくAmazonでは新品は購入できないようです。
    一応、ご報告しておきます。


      [No.2433] Re: 絵葉書・石部隧道焼津側 投稿者:東京都民   投稿日:2008/09/03(Wed) 09:51:25  

    たかはし様、亀レスで恐縮です。<(_~_)>

    あんな巨大な構造物が在ったとは驚きです。
    良い写真を見せていただき、ありがとうございました。


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373 | 374 | 375 | 376 | 377 | 378 | 379 | 380 | 381 | 382 | 383 | 384 | 385 | 386 | 387 | 388 | 389 | 390 | 391 | 392 | 393 | 394 | 395 | 396 | 397 | 398 | 399 | 400 | 401 | 402 | 403 | 404 | 405 | 406 | 407 | 408 | 409 | 410 | 411 | 412 | 413 | 414 | 415 | 416 | 417 | 418 | 419 | 420 | 421 | 422 | 423 | 424 | 425 | 426 | 427 | 428 | 429 | 430 | 431 | 432 | 433 | 434 | 435 | 436 | 437 | 438 | 439 | 440 | 441 | 442 | 443 | 444 | 445 | 446 | 447 | 448 | 449 | 450 | 451 | 452 | 453 | 454 | 455 | 456 | 457 | 458 | 459 | 460 | 461 | 462 | 463 | 464 | 465 | 466 | 467 | 468 | 469 | 470 | 471 | 472 | 473 | 474 | 475 | 476 | 477 | 478 | 479 | 480 | 481 | 482 | 483 | 484 | 485 | 486 | 487 | 488 | 489 | 490 | 491 | 492 | 493 | 494 | 495 | 496 | 497 | 498 | 499 | 500 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 削除キー

    - Web Forum Antispam Version -